遊美くらぶ 卵モザイク

2010 2 7 遊美クラブ 014_R

2010 2 7 遊美クラブ 017_R

2010 2 7 遊美クラブ 020_R

2010 2 7 遊美クラブ 026_R

2010 2 7 遊美クラブ 036_R

2010 2 7 遊美クラブ 031_R

卵の殻を染めて 貼り付けた作品 卵モザイク

卵の殻の そんじょそこらの卵ではなく
上総小農苑さんの房総地鶏!

自然そのままの茶色 は 一つ一つ 色が違います。
卵の時から個性がある証拠。

味のある深い世界が出来上がりました。

8作品作った子もいました!
スポンサーサイト

ランプシェード 遊美くらぶ

和紙で作るランプシェード制作でした。

柔らかい 色と 明かりが美しい。。。

そして、皆さんの感性がかけ合わさって
より優しい空間を生みだしています。

お家に帰って、、、夜 明かりをともす瞬間に
また、皆さんが楽しんでいただけるのが嬉しいです。

2009 6 7 遊美くらぶ ランプシェード 006_R

2009 6 7 遊美くらぶ ランプシェード 014_R

2009 6 7 遊美くらぶ ランプシェード 009_R

2009 6 7 遊美くらぶ ランプシェード 017_R

2009 6 7 遊美くらぶ ランプシェード 002_R

遊美くらぶ ゴム版画

今日は遊美くらぶの日でした。

本日のお題は ゴム版画

薄いゴムの板を彫刻刀で彫って版を作ります。
木版の 木が ゴムに変わったと考えて下さい。


来年は丑年。

2008. 11,9 遊びくらぶ 001_R

2008. 11,9 遊びくらぶ 002_R

牛をかたどったシンプルなデザインの方が多かったです。

版画はどんな版技法にしても 一枚一枚状態が変わります。
薄くつくもの 濃くつくもの

同じ絵が出る様でいて出ない。

次はどんな風になったかな。。。
と紙をめくる瞬間がまた楽しい。


そこがおもしろさでもあります。

今日作られた年賀状はどなたのところへ旅立ち 
そして、どんな風に手作りの心を届けるのでしょうか。

遊美くらぶ ビー玉画

本日の参加者はHさんお一人。
みなさんご用があってお休み
(といっても参加者がそもそも少なめなのが遊美くらぶのいいところ)


お一人でも大勢でもあーとするのには関係なし。

でも、お一人だからこそ その方の世界の広がりが実感できて
嬉しい!!という思いはあります!!

技法は単純。
箱に紙を敷いて 絵の具をつけたビー玉を転がす。
只それだけ。

それだけだからこそ 偶然の美が広がり 作者自身に感動を与えます!


最初のころの作品。
2008.7.6 ビー玉画 009_R

2008.7.6 ビー玉画 008_R


どんどん、研ぎ澄まされて
作品が生き生きと伝わってくるのがわかります。
2008.7.6 ビー玉画 001_R

2008.7.6 ビー玉画 010_R

2008.7.6 ビー玉画 006_R

2008.7.6 ビー玉画 007_R


2時間の中で工夫と 何より 感覚が開いていく そんな思いを得ました。


途中、右脳、左脳の話になりましたが
右脳が活発になったのを感じました!!

Hさんらしさがまた大きく開いた時間でした!

ご参加ありがとうございました!

遊美くらぶ  2008  0×0=無限大

今日は本年お初の 遊美くらぶでした。

今日のお題は0×0=∞を0号パネルに構成するもの

看板を作った時のようなステンシルの技法を
用いてみました。

Oさんの作品です。
447_4738_R.jpg

少しくらい画像になってしまいすみません。
構成の配分と ステンシルブラシのストロークを生かした表現をされています。
447_4746_R.jpg

自転車に乗っていらっしゃるとのこと
疾走感といいますか Oさんの身体感覚が画面に表現されているなと
感じます。
感覚が概念にとらわれず 正直でいらっしゃるんですね!

Oさんはアーティストタイプの方だと思いました。
(私は作品に取り組む時のタイプとして 
職人タイプ アーティスト(作家)タイプ イメージ(発想)タイプの三つに
人は分かれるのではないかと考えています。

ステンシルの型に付いた色の美しさを見つけ
それを生かそうと様々想像されていらっしゃるのは
作家系の思考回路とお見受けしました。
お家に帰られて 型をどう生かされるのか
楽しみです。

Hさんの作品です。
Hさんは職人系!お仕事もそうですが いつものHさんらしい柔らかい質感が
生み出せれています。
赤と緑のコントラストもHさんならではです。
マスキングテープを駆使されての表現は常日頃の
感性が生きていると思いました。
447_4752_R.jpg

447_4762_R.jpg


この作品は 型にした∞の文字を別紙に貼り Hさん曰く”残った”絵の具で彩色したもの
447_4770_R.jpg

木製パネルの作品が終了してから作った作品がゆえに
良い具合に力が抜けて ラフな中にHさんのリズムが心地良いです。

今日もそれぞれの味わいのある作品が生みだされました。

無意識の中の意識 は 自分でも気が付かない個性を作品という形で
引き出してくれますね!
そんなことをまた心に刻んだ時間でした。
プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク