古代米で作る お正月飾り 終了しました。

年末恒例行事にしたいと思っている
「古代米で作る お正月作り」 講座、終了しました。

全員の完成さんを掲載できずすみません。
昨年に引き続きの方はより個性と古代米特有の長い穂を生かした制作を
してくださいました。

DSCN0578_R.jpg
DSCN0573_R.jpg
DSCN0593_R.jpg
DSCN0589_R.jpg
DSCN0607_R.jpg
DSCN0604_R.jpg
DSCN0580_R.jpg
DSCN0611_R.jpg
DSCN0600_R.jpg
DSCN0597_R.jpg
DSCN0614_R.jpg
DSCN0613_R.jpg
DSCN0578_R.jpg

伝統を守り
奇をてらいすぎず
植物の自然のままの美しさを生かしつつ。。。

指導してくださった、渡辺純子先生のお陰です。

最後に皆でお餅を食べました。
午前も午後も皆さん完食!!うめったねえ~
(餅つきは秋葉先生の技術です!)

この度の古代米も お餅の餅米も
純子先生が栽培されたものです。

「ART+Rice」の屋号で お米の生産・販売されています。
お問い合わせもありましたの記しますと

米粉とコシヒカリのエコ米は
「長生村 直売所かねだ」さんや 「道の駅 長柄」さんで

無農薬米は予約とのこと。
(ご入り用の方はたまあーとにもお申し付けください、おつなげもうしあげます。)

餅米は残念ながら今年はもう、売り切れとのこと。

12月末のこども教室の授業で使った米粉ももちろん純子先生の米粉です。


さて、今年のたまあーとの授業もお飾り作りで終了となりました。

ありがとうございました。

さ、来年もアートしますよ!!!!

皆様のご参加お待ち申しあげます。

スポンサーサイト

孫が来たような気持ち

本日は日曜アートでした。


埼玉で勤めていたときの教え子のお嫁さんが
お子さんを連れて来てくださいました。


孫が来たような気持ちでした。
(娘は小学生ですが、、、)
ありがたいですね。
本当にありがたい。

教室を続けていた甲斐がありました。

こまちだ記

みんな!!!絵本と一緒に育っていこう 終了しました。

2016年6月18日

本日は
上総一ノ宮にて
活動されている絵本読み聞かせボランティア
「赤とんぼ」さんにお越しいただき

絵本読み聞かせ、選び方について
実際に3冊の絵本の読み聞かせを
していただきつつ レクチャーしていただきました。


間合い、発声、
絵本を選ぶコツ、
など、 ちょっとしたヒントが
皆さんの日々のお子さんとの繋がりになられたのではないでしょうか

実際に絵本の読み聞かせをご参加の保護者のかたに
実演方々のご指導など
積極的にご参加くださいました。

保護者が読み聞かせを学んでいる間、ちびっこたちは
「絵本作り」

最初に読んで頂いた3冊の絵本の内容を思い返しながら
絵本を作りました。

「お母さんたちは今、皆のために絵本を読む練習しているんだよ!皆も楽しんで絵本作っちゃおうっか!」
と申しましたら
皆の目はきらっきら!
集中して制作していました。

ありがとうございました。



たまあーとでなぜ絵本の読み聞かせ?
とのお声も頂きました。

たまあーとは共育の場でありたいと思っています。

絵本はお子さんにとって大事なツールです。

世界を広げる役割
親御さんとのコミュニケーション

本は一生の宝との出会いの場である。

そして、子供たちのためにと
日々、読み聞かせの向上に邁進されている
「赤とんぼ」さんとの出会いは

世代を越えて面々と続く
子育ての要所を学ぶ喜界になればと思った次第です。


私どもの投げ掛けにたいして
研究熱心な保護者のかたたちに
集って頂いた印象です。
本当にありがとうございました。


今日のお話では沢山の学びを頂きましたが
心に残ったお話のひとつとして


東日本大震災と絵本のお話は特に心に響きました。


被災地行きのお子さんたちへ

絵本の読み聞かせを沢山した地域とそうでなかった地域とでは
お子さんの心の立ち直り、ケアに大きな差があったとのことでした。


みんな、絵本で育ってきました。

これからも沢山の絵本で皆さんが育っていけるよう心から願っております。


また、赤とんぼの皆さんにはご指導の機会を頂ければと考えております。

また、次回も是非、ご検討ください。


鉛筆デッサン講座 2015年度最終日

今日は 鉛筆デッサン講座最終日でした。

一年間、ひっそりと 基礎講座を続けておりました。

手前味噌ではありますが
絵を描く事の効能として
常連でお越しいただいていたかたからの 「絵を描くのに構えなくて良くなりました」との声、

チラシは目にして 気にはなっていたけれど 介護などなど忙しくてと
通常授業にお越しの方が 最後だけでもご参加下さり
「今までもやもやしていたことがすっきりしました」と
言って下さいました。

絵を描くことは たった一枚描いただけでは 技術の取得はなりません。
何枚か描いていくうちにふと 腑に落ちることがある。

その瞬間が喜びであり また、描きたくなるんですよね。

鉛筆デッサンだけに特化した授業はしばらくお休みし、
通常授業で鉛筆デッサンは対応します。

次の展開は
ドローイング講座
ドローイングって何だ!と
「描くこと!」
より自分らしい表現を追求する技術を学ぶ講座をめざして参ります。

2016ドローイング_R

さ、次 参ります!

古代米で作る お正月飾り

新年あけ 日常が始まっています。
たまあーとも 昨日1月5日より 通常授業が始まりました。

今更ながらではございますが
2015年12月23日に行われました、
古代米で作るお正月飾りの お話です。

たまあーと講師、渡邉純子先生は「ART+Rice」の屋号でお米を生産販売されています。
この度は お飾り用に古代米を栽培して下さいました。
去年より試作を続けて下さり
本年実施となりました。
有り難いことです。
CW6o1GzUsAAjghP_R.jpg


本来ならば全員の完成作品をお載せしたいところですが
お一つでご容赦頂き、、、、
皆さんの完成度の高さから
新年をお迎えするにあたっての意気込みを感じさせて頂きました。
CW6pe33UwAExCck_R.jpg

最後は 純子先生の餅米で 
秋葉先生のご用意で
美味しいお餅を頂きました。

午前中だけで1升半のお餅をぺろり!
ちびっ子たちの舌は 正直ですからね~

本当に美味しかったのですね。
CW6qKqfUwAAW-Ed_R.jpg

それぞれのご家庭で良きお正月をお迎えに成られたことと存じます。

また、来年(すなわち今年ものお声頂きました!)
是非!!!
プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク