今日も ばたばた 修羅場です!

え~~と ○○くんは これやって 
○○ちゃんはこれ止めて  あ~~○○君はちょっと待機!
そしてこれで あれで~~~~~
 
作業性の高い授業の時 気分は聖徳太子
みんな同時にはい切って はい貼り付けて~~
なんて ロボットの様なことはしません。
みんなそれぞれのペースを保ちつつ
作品を作り上げていくのです。
それがアート!
だからこそ ていへんださ~~
思わず 支持語が方言になります。

あにい 次はよ~~ そこ引っぺがして くっつけたっけよかっぺ
あにい 間違えたぁ あんが それぐらいあんとんね
もう一度やっぺ

先生次はどうするの~~

さっと瞬時に段取りを見極め 次から次へと支持をだして
みんなの手を止める時間が少ない様に配分するのです。

ぱきっと決まった時すがすがしさ!

終わった時のみんなの笑顔 これが喜び!


ということで 今日も修羅場で 画像は無し。
楽しみにされているご家族様すみません。
その分良い作品を展覧会でお披露目します!

着々と完成に近づいています!
スポンサーサイト

コメント トラックバックについて

ちょっと この頃 このHPには 必要ないかなあ
という コメントやトラックバックが入ることが多くなりましたので
しばらく 承認後の公開という形にさせて頂きます。

コメント頂いている皆さん すみません。

お子さんたちも見て下さっているブログです。
不適切なものはご遠慮頂くことにします。

ご了承下さい。

夢中になる

今日も途中経過の画像は無いんです。。。。。

みんなも私も夢中で額作りに専念していました。
きちっと決まらないと 格好が付かないですから 額はね!
真剣勝負です。

ほとんどの子が額材を切るのを終了。
組み立てに入りました。後は彩色のみ!
441_4197_R.jpg

完成さんも出てますよ!

実物は展覧会で皆さんにお目見えです。

441_4198_R.jpg

最後はそうじもして

今日は木の粉がいっぱいでました。


花粉症で教室お休みの大人の方が続出です。
私も花粉症。。。皆様ご自愛下さい。

眠れない夜に

こたまと一緒に9時半に眠り

ぱっと目が覚めたのが12時半

眠れなくなった。

嫌いな会計の仕事も書き溜めていた手紙をしたためても
眠れない。

開き直ってブログを描く。


私は
夜型だった。
こたまが生まれるまでは

朝日が昇ると安心して眠れた。

睡眠時間は3~4時間
5時間寝ると 今日は良く寝たなあ
寝ずに仕事・授業をすることもあった
そんな日々をこたまが生まれる前日までしていた。

今夜は1年半前の時計に体が戻ったみたいだ


こたまが歩き出してからというものの
予定の組み立てがうまくできない。
歩き出す=自分の意思もはっきりする
二足歩行になったことで脳もより発達したのであろうか

いやだ  こっち  あっち 

今すぐ行動してほしい! が 動かない
こっちに行きたいのに あっちに行きたがる

前は半強制的に背中にくくりつけられて すなわちおんぶになって
すぐに寝るが定番だったけれど そうもいかない。

おんぶもかたくなに拒否するときがあるからだ
いやや~~~


自分の時間=仕事&製作 が無い。
「時間は作るもの」という信念が こたまによって
捻じ曲げられている。

これも後数年。。。。。
逆にこのことを楽しむように工夫しよう
考えを変えてみよう
これが今の課題。

時間といえば。。。
わが家族には専業主婦は大御所のおばあさんだけ
主人の母も実家の母も仕事を持っている
こたまの授業中の世話は両母に時間を作っていただき
お願いしている。

双方仕事があり×というときは
近くの保育所で 一時保育を受け付けてくださっているので
利用している。
働く母にとって本当にありがたいシステムである。

月5、6回程度お世話になっている保育所通いも
最初は泣きはらしてばかりであった こたまさんも
今は 園の入り口を見ると チャイルドシートから
身を乗り出して降りたがるほど

母はじめとする身内と遊ぶのも楽しいようだが
同年代の子たちとの刺激も彼女にとって
楽しいことのよう。

近所に同い年の子が少なく
また、なかなか交流を持つ間が無い母であるので
良い機会になっているみたいだ。
帰ってくるとテンションが高く
歌を歌ったり 体操をしたりする
時に先生の真似
ハイ!ここ座って の ごとく
ここ ここ  と指差しながら自分の傍らに呼び寄せ座らせ
ぴーぴーと
体操をする。これ先生の真似だよねえ!!

こたまさんは やっぱり 外の顔と 内の顔をもうすでに
備えているんだろうか
こっそり 様子をのぞきにいきたい。


ああ さすがに眠くなってきたカナ

夜明けまではあと三時間

明日の こたま攻撃に耐えるためには
寝ねばならぬ。


眠れないがなんとなくうつつな心境で 
つれづれなるままに 書いてみると
どんな話題になるかと思ったがやはり こどもの話になること
これもこたまが生まれるまではなかったことだ

いかに私の脳がこたまに占領されているか
分かる文章になった。

では みなさん おやすみなさい。



 

たまあーと展覧会 DM出来ましたよ!

たまあーと2008展覧会 DM_R

たまあーと2008展覧会 DM 001_R


4月27日~5月6日まで行われる たまあーと創作工房展覧会の
ダイレクトメール(略してDM)が日曜日に到着しました!


生徒さんにお配りするのは3月中旬からの予定ですが
早めにお手元にご入り用の方はお申し付け下さい!!


そして、そして、皆様のお越しをお待ちしております!


さあ 頑張って作品作っていきましょう!!!

2月第3週の完成さん

今回はお一人の完成さんです。

Tさんの作品です。
色鉛筆で今回の作品は仕上げられました。
この作品を仕上げられるに当たって 実は何枚も
描き直しをされていらっしゃいます。
特にこだわって頂いたのが台に敷いてある布。
縞の柄に織って布です。

縞の柄=奥行きによって 模様に見え方が変わる=パースが理解されやすい

柄の入った布は描きにくいです。
でもその描きにくさを克服すると 状況説明=空間把握・表現に
つながりやすいともいえます。
モチーフの細部まで見る力がお付きになられたTさんだからこそ
もう一歩進んだ表現をと思い ちょっと難しめの柄布に挑戦して頂きました。

私の意図に答えて下さり 何枚も挑戦し 完成まで描ききって下さいました。
そして、もう一つ 感心しましたのは 0号の手製の枠も作って下さり 
作品としての見え方も意識しながら制作して下さったことです。
絵作りのバランスも感じられていらしたのですね。

次の作品が楽しみです!

441_4144_R.jpg

HIGHクラスは より精密に。。。

少人数クラスのKくんは指で仕上げました!
画像では出ていないのですが指で仕上げたトーンが絶妙!
展覧会を皆さんお楽しみに!
441_4151_R.jpg


小学生クラスもばりばりがんばりました!!

今日 画像付きでご紹介するのはHIGHクラス。
441_4164_R.jpg

441_4170_R.jpg

441_4172_R.jpg

441_4173_R.jpg


より精密な完成を目指し
額作りも 小学生クラスの様にまとめて線引きをしてから
切るのではなく 
切って 作品にあわせて 線引きしてとより正確さを求めています。

彩色もそれぞれのこだわりがあり
色の濃さ、艶まで 探求してます!

やるねえ!!

完成度の高いものが出来上がりそうです!

てんやわんや

額作りをしてます。

今日の作業は 額用に加工された棒にサイズに合わせた線を引いて切る。
少しでも狂うと45度のきれいな形に接合することが出来ません。

線ひいて~~ 違った! 切って  あれ?長い!!

それぞれ助け合いながらの作業です。
フォローがみんな上手くなってきたね!

そんなてんやわんやでしたから 今日は画像無し。

今日は助っ人として 美術教室 祥さんが授業のお手伝いをして下さいました。
ありがとう!!
すっかり 教室の男子人と なじんでいました。

さあ、あせることなかっぺ
ここは堪えどころです。丁寧に仕上げるべ。

息が合うって難しいね!

額作りをしています。

ラインを引いて 切るのですが

切る時は3,4人で組になって切っています。
順番に押さえる人 切る人と 役割を持って

たまあーとで同じクラスだったとしても
お話ししたことないお友達もいると思います。
始めて今回一緒に作業をしたお友達も出てきたと思います。
さあ 押さえて 切って! と息が合うまで
時間がかかるのは当然です。

でも ちゃんと 授業の最後のころには
それぞれのリズムがあってきます。

そうなってくると それぞれののこぎりの歯跡もきれいに
仕上がってきます。

来週はまた 組み合わせが変わるでしょう。
また違う人と 息を合わせる 練習。

441_4134_R.jpg

441_4135_R.jpg


額作りはきれいに切らないと 出来上がりが締まりません。
いつもより 厳しく参ります!
ここは皆さんにとっても堪えどころですね!
ファイト!焦らず作るべ
441_4137_R.jpg
完成さんもぼちぼち出ています。。。が それぞれのペースでね!
441_4136_R.jpg


そうそう 最後に たまあーとのカミ様がいらっしゃいました。。。。。
441_4142_R.jpg



額用の木材を巻いてあった紙を髪にした。。。。。神様。。。。。。

額 作る

園児クラスは0×0=∞展に向けての制作です。
平面作品を描く子。額を作る子。
それぞれ分かれて制作です。

のこぎりを使って額用に加工された棒を切ります。
斜め45度に切っていくのですから至難の業です。
園児クラスのお友達はまだまだのこぎりの経験は浅いはず

でも 怖がること無し!
挑戦することに意義がある!

ちゃんと落ち着いて取り組めば成功に導かれます!
441_4128_R.jpg

441_4131_R.jpg

成功体験も味わって貰えたかな!

影絵劇団あんとんね 公演 IN 東浪見保育所

今日も快晴!
晴れ女のKさん&Sさんのお陰です。

今日の会場は東浪見保育所 40数名のお子さんにご覧頂きました。
準備の間 こたまさんを保育士さんに見て頂き感謝です。

今日は読売新聞の記者さんの取材がありました。
440_4093_R.jpg

お話を伺っていて びっくり!
昨年上演した 稲毛のすみれ幼稚園のご出身とのこと!
ご縁があるとはこの事ですねえ!
数ある幼稚園、、、その中でご縁があったことは奇跡に近い!

他にも「泣いた赤鬼」を影絵にどうですか というお話を頂いて
これまたびっくり!
数ある童話の中から我々が次回新作にと
考えているお話だったからです!
赤鬼の里に赴任されていたことがあるそう。。。

人との出会いって本当に面白いですね!

どんな記事にして頂けるのか 楽しみです!

本日の演目は あんとんの冒険

441_4103_R.jpg
440_4100_R.jpg

皆さんの集中して見て下さいました。
何かに真剣になっっている時の顔って
大人もこどもも関係なく 美しいですね!!!

今日も楽しませて頂きました!

2月第2週の完成さん!

今週は4名どの作品も0号展に向けての作品です。

Kさんの作品です!
四方天糊のキャンバスペーパーにアクリルガッシュで描いています。
アクリルガッシュに入られてからの枚数は少ないのですが
既に絵の具を使うコツとご自分の表現との兼ね合いを
感じ取られている様です。
かすれた感じの表現を上手く生かし
下地の色を味わい深く表面に感じさせています。
布のリズムに悩んでいらっしゃいました。
それは 絵心の範疇ですね。
絵との語らいが出来る方だと思います。
176_7669_R.jpg


たまあーとにいらしてから二枚目の作品です。
色鉛筆の濃厚さが良いですねえ!!
重ねて重ねての色の深さは作品の存在感を
出しています。
この調子でまず10枚描いて下さい。
一枚一枚丁寧に描いていけば10枚目には
もっと 色鉛筆のご自分なりの使い方も見えてきて
よりYさんらしさの追求が出来ると思います。
次は柔らかいモチーフに挑戦です。
176_7680_R.jpg


Wさんの作品は私物の「面」をモチーフに描かれました。
何度も何度も悩んで重ねた油絵の具。
将来修復にはいるのにX線でも描けたら
その悩み具合に後生の人たちは驚くことと思います。
描きたいと思われていたものだけに
取り組まれた熱心さは群を抜いています。
もう一枚、お家で私の稚拙な言葉を思い出しながら
F4に復習兼ねて描いて下さっていたのですから!!
頭が下がりっぱなしです。
「たまのーと」も作って下さっています。。。。恐縮です。
能の表情があるのだか ないんだか
その曖昧さゆえのイメージを沸き立たせる顔が生きています。
440_4088_R.jpg


Iさんの作品です。
Iさんは描写の方。だからあえて 白い容器をモチーフとして
置きました。白いものほど 白の含む色の差違を読み取る力と
描写力が必要だからです。我ながら。。。この作戦成功!
Iさんの力が発揮された逸品となりました。
この画像では 白の深さとバックの色の味わいは
わからないでしょうねえ。。。
是非、展覧会に本物を見に来て下さいね!
440_4092_R.jpg

作品は作品だけに留まらず。。。

土曜日の園児クラス、小学生クラス、HIGHクラス共に
O×O=∞展に向けて制作中。。。

ここで園児クラスのみんなのからだアートをご紹介。
絵の具が大好きなみんな
気が付くと体に描いたり 手に塗ったり。。。
Kくん!いつも絵の具が余るとちょろっと体に描き描き。。。
441_4111_R.jpg

あ~~
足にカブトムシがとまったぁ!
441_4112_R.jpg

お母様曰く 落とすのも楽しんでいるとのこと
○○いろの泡になった~~と
うれしいなあ

手に塗っている人もいますよ!
絵の具はたまあーとスケッチブックに手形したり
紙パレット上で混色して はがして捨てるはずの紙パレットの用紙を
作品にしてましたが。。。。
ハート!
441_4110_R.jpg

カタツムリ!
441_4116_R.jpg


うんうん良いねえ その発想最高!!!
作品は目の前に完成って顔して並んでいるものだけが大事ではない
そこまでの過程と どんな発想があったのか そしてどれだけ楽しめたか
が 大事ですね!!
全身アートです!

小学生クラスもHIGHクラスも頑張りましたよ!
写真取る間がないぐらいでした!


今日は岩手からたまあーとOB G君が登場!
相変わらず元気!そして良い作品をうみだして
帰って行きました!

また来てねえ  待ってるよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

突き詰めて作る

納得のいく色が生まれるまでパレットでこねていたYくん
441_4106_R.jpg

月食の時の周りの色をイメージしていました。
DICの色見本帳で近しい色を探したり 図鑑を見たり
これだな!と言う色をうみだした あと 画面にのせる時の
こだわりも素晴らしい!
質感がわかる人なんですね。
タッチを生かしたり 楊枝で削ったりしている。。。
完成が楽しみ!

もう一人のこだわりさんはMくん
何度も何度も水色を作ってのせて乾かし のせて乾かし
しながら 納得のいくところまで 作り込んでいました。
やはり 質感まで 意識している。

質感までイメージしながら描くこと は なかなか出来ないことなんですよね。

まず色から入る。色がきれいか きれいでないか

そこで止まってしまう もしくは色がきれいにのせられれば
絵として完成した という既製概念に囚われてしまっている人も多い。

質=触覚まで高めることが出来る二人は 自分の作品に対して
より客観視できる人なのかもしれないですね
どこまで 自分は追求していきたいのかが 自分でわかっている人。

こういう感性を出してくれるまで 作り込んでくれる様になった
二人はどんな世界に言っても あんとんねえね!


他のみんなも もちろん頑張ってますよ!

今日は額作りもしてます。
定規も飛び出し 計算もしますので
算数も交わってきてるぞ!!

こういう時はなっちゃん先生が大活躍ですな!!
440_4096_R.jpg

441_4102_R.jpg
 

額はひんまがると かっこわるいですから いつもより 焦らず慎重にね!
色も付けるべや!

二人、もしくは三人一組で
のこぎり作業をしています。
一人が断裁している時は 残りの人が押さえる。
押さえ方が悪いと 角度が狂う
角度が狂うと きれいな90度に仕上がりません。

切る方も押さえる方も責任重大。

相手もこと考えて 連携していかないと上手くいきませんよ。
みんな 息を合わせてやるべ

さあ もうひとがんばりだっぺ!!

もう一つの楽しみ

440_4081_R.jpg

マグネットが大好きです。
発見者と申しますかこのきっかけを下さったのは義理の母です。
主人の実家の冷蔵庫に付いていた磁石で遊んでいる話を聞き
近くの100円ショップへ
プラスチックのカラフルなものと
両面テープで好きなように装飾を取り付けられるものを購入!
早速家に帰りフェルトで 切って貼り付けて
彼女の反応を見ました。

彼女のお気に入りは プラスチックのもの。。。
取り外しが容易いのと重ねて金属面にくっつくのが面白い様。

手作りはイマイチであった。。。。。。

彼女はマグネットを持って部屋中を歩き
くっつくかどうか試している様
お菓子の缶、お茶の缶、ジュースの缶等々
いつの間にか張り付いてます、磁石君が。。。

金属という物質を見分ける能力はまだありません。
ともかく触れたものにぺた。

楽しそう。


マグネットを冷蔵庫に貼り付ける時も
色で分けたり 大きさで分けたり 分類化 もしくは法則化しつつ遊んでいる傾向が
見受けられます。
まだ偶然の可能性は大ですが。。。 
一定の規則性を自分で設定して 貼り付けている様にも見えます。
こんな小さいうちから こういうことするんだ。

この前ブロックも色分けしていたしな


しかしこどもは なんでもおもちゃにしますね
既存のおもちゃには目もくれず。。。

今度は何がターゲットになるのか楽しみ

こたまのイタヅラ描きが進化。

要 作品集_R

ストロークを重ねるだけだったいたずら描きのなかに ○が入るようになりました!
今、読んでいる「17歳のための世界と日本の見方」 松岡正剛氏 著作の中に
(私は今年37ですが。。。生徒たちの参考になればと思って。。。まあ17歳対象程度の
読み物が丁度良いんですが。。。)
<赤ちゃんやチンパンジーが縦の線を描くことは出来ても横の線は描くことは出来ない。
木の枝を渡っていたころの腕の動かし方、すなわちブラキエーションの運動記憶が
手のストロークに残っているからやがて人間は横の線を発見し 更に線を交差させたり、様々な形を描いたり出来るようになっていく。>

なるほど納得。
うちの娘は赤ちゃん=動物的要素が消えつつあるのですね。
この頃、語彙が増えると共に 真似が更に増えました。
そして、所謂 自我の目覚めと申しますか「いや、いや」が増えました。
そして、更に段取りにうるさい人になっています。
つまり 段取る=カテゴリー化がより進んでます。
それなのに かなりアバウトな母で混乱しているかも

松岡正剛氏は <また文様や図標は最初は特別な場所を覚えておくための 印として 
使われたもので最初に使った文様は×であったのでは> と述べていらっしゃいます。
特別な場所を。。。
おとうさんの計算の上に特にらくがきのストロークが多かったのはそういうことなのか!?


○の形に意味が生まれてくる時が楽しみでなりません。
これは みかん とか  これは パンとか   これは いちごとか。。。。
母に似て大食らいの娘は きっと食べ物の絵が中心になるでしょう。

どんなお話と一緒に その形を見せてくれるのかな。。。

彩色始まる

176_7659_R.jpg

176_7660_R.jpg


色が入ると 画面が生きる
でも、生き生きとしていた線が埋もれてしまうこともある
この辺りがこどもの絵画の指導の上で悩むところ
線のままでも良い作品もある。
それだけでは 彩色された作品より 弱く見えてしまうこともある
線にあわせて色をのせさせようとしても 技術がないし
おそるおそるのせた筆のタッチは生命感が足りなくなる
はみ出す良さもある。。。

バランスが難しいところ
その子その子の良いところを生かしながら
声がけをしていく  指導側の絵心が試される瞬間でもある。


今日は大学お休みの大江先生も授業のお手伝いに来て下さいました。
176_7662_R.jpg

176_7664_R.jpg

描いた作品とパレットに残った絵の具のデカルコマニーを撮影。
意識と無意識の掛け合わせ。

さあ、みんなバリバリ塗っていくべ

額作りに入った子もいますよ!

影絵劇団あんとんね 公演 IN 一宮保育所

今日は 一宮保育所での公演です!!!
440_4077_R.jpg


ちょっといつもと気持ちが違うのは。。。こまちだの母校でもあるからです。。。

私が通っていた時は木造平屋建て 園庭ももう少し木がありました。
怖くて登れなかったジャングルジム
登下校の時に必ずご挨拶したお地蔵様はいつもと同じ場所にありました。
440_4066_R.jpg

今日も 公演の無事をお願いして いざ出陣!

きれいな校舎にびっくり!でも私の妹の時からの校舎とのこと
三十年は経っている!のね。

トイレも「ぼっとん」じゃないし。。。
(私のころは一ヶ月に数人は上履きを ぼっとんの海に旅立たせていたはず。。。)

440_4068_R.jpg

本日の演目はごんぎつねです。
影絵劇団あんとんね 001_R


原保育所に続き みなさん 静かだったぁ
きちんとお座りして 私どもの公演を集中して見て聞いて下さいました。
単にお行儀が良い のとは 違うんですよね。
幕に向かう眼差しの鋭さが違う。
絵本の読み聞かせに力を入れていらっしゃるとのこと
皆さん、聞くことの体制がとれているんですね。
皆さんの真剣な様子にこちらが嬉しくなってしまいました!
流石!私の後輩!??

440_4073_R.jpg

440_4075_R.jpg



片づけを済ませて終了!
今日も晴天 校舎の窓から見える 空の透き通った突き抜けるような青の色が
一宮川に反射して とてもきれいでした。
440_4072_R.jpg

今日もありがとうございました。

こだままつり

今日は昨年5月~7月までお世話になった
特定非営利法人こだま のイベントに行って参りました。
晴天のなか 沢山の人が集まっていました。

バザー、製本体験、布草履制作体験、フラワーアレンジメント体験

そして、チャンプラーズによる 沖縄音楽のライブと
多彩です。

手作りのお漬け物、こだまっ娘。(祖母が喜んで食べました)
Hさんご自慢の鳥飯も!
ときわぎ工舎の手作りクッキーはこたまさんにも安全、大喜びでした。
小麦粉は睦沢産。なんとギャラリー801前の麦畑の小麦でした。
何というご縁幸せ!
そして、まあるいひろばの手作り和紙とスケッチブックも購入。
こんな大きなサイズを紙漉するのは大変なご苦労であったと思います。
使うのが楽しみです!

充実した時間を頂きました。

スタッフの方は当然として 教室に来てくれている生徒さんや
以前、体験として教室を利用して下さった方など
あれ こちらにも知り合いがと!つながっているんだなあ。。。
お互い惹かれるものが似ているのだなあと


車をこだまさんの上にある三宮神社に止めさせて頂きました。
昔の面影の道  つまり自然溢れるそのままの状態の
道を上りながら 足から感じる触感。
湿った森の臭いに懐かしさを感じながら 神社への坂道を
こたまと二人で歩きました。

(一宮も今の観明寺から城山すなわち振武館までは
うっそうとした森だったんですよ!
薄気味悪さはなくなりましたが 生き物が減りました。)

440_4062_R.jpg

 心が洗われるってこういうことね。。。。
と言う時間でした!

遊美くらぶ

今回はジョセフコーネルに学ぶ ボックスアート でした。

川村記念美術館に行かれたことのある方は
ご存じの作家さん ジョセフコーネルの作品に習って
箱に様々なものをコラージュしました
176_7658_R.jpg


176_7648_R.jpg


名画のカラーコピーを取り入れたりしながら それぞれ独自の
世界が広がります。
箱の中に納めるって 宝物のような大事なものを入れる
そんな気持ちも片隅にありますね。

HIGHクラス振替日

今日はSちゃんとTちゃんが来てくれました。

たまあーとこども教室の重鎮と言うべき二人。
途中で制作をあきらめること無し!
そこも二人の凄いところ

自分でイメージした作品の出来上がりにたいして
技法、手順も構築し それをやり遂げることが出来る
自己デザイン力があるんですね!

まずはSちゃんが完成さんです!
176_7639_R.jpg

空想美術館・博物館を作ろうをテーマに制作したものです。
昔話美術館です!!!!

かぐや姫!!
176_7640_R.jpg

髪の毛がない??生まれたてだから!

176_7641_R.jpg

耳無しほういち 

176_7642_R.jpg

桃太郎!

176_7643_R.jpg

七夕 織り姫と彦星!

そして176_7645_R.jpg

金太郎!!
裸だって??!!そりゃあ Sちゃんは裸祭りの町に人ですから!!

Sちゃんらしいコミカルな表情がちゃ~~んと入っているのが
素敵!!

Tちゃんはあともうちょっとだね!!!!!!!
ファイト!!!!

2月第1週の完成さん

今週の完成さんは お三方です。

Tさんはたまあーと初の作品です。
以前は油絵を体験されたことがあるとのこと
納得!絵の具のノリが良いですねえ!
まずは第一関門突破ですね。絵の具をつけることを躊躇する方
多いんです。怖いと。。。
その壁を既に破っているのは大きな力ですね。
その分早く絵の具に慣れて Tさんらしい表現が生まれてくると思いますよ!
次回は自然物に挑戦です。
176_7610_R.jpg



Yさんの作品です。
Yさんは絵作りがうまいなあ といつも思います。
背景の周囲のトーンを一段低くのせ
モチーフを際だたせたり 犬の白をバランス良く
色配分を組み合わせたり。。。
この画像では出ないと思いますが
ビー玉の表現が細かいんです。
細筆を丁寧に使い またモチーフを良く観察しています。
この作品は0号展に出品されますので
是非、本物をご鑑賞下さい!
176_7618_R.jpg


この絵を描いているのどなたですか~~?の
ご質問が 美術教室、こども教室の皆さんから 一番多かった
(今までのたまあーとの中でも!)作品です。
作者はNさん! かわいらしさ と 実像感と申しますか
側にいてくれているような 暖かさを感じるからだと思います。
写真を0号サイズに引き延ばし 様々な角度からの構図写真を
素に描かれました。
只写真を見て描いたのではこの空気は出てこないと思います。
わんちゃんへの愛情があってからこそ!ですねえ!!!
うちの犬も描こうかしら。。。の声出てます。
たまあーとペットブームのきっかけになるかもしれません!
176_7627_R.jpg


あとはOさんの鉛筆デッサンの作品もあったのですが。。。。
お話に夢中で撮影を忘れてしまいました。。。
次回、お願いします!!

想像を重ねる

0 のイメージから物語まで生まれてしまいました!
すごい!!!!!
176_7633_R.jpg

176_7636_R.jpg

176_7637_R.jpg


作品に到達するまでの過程。
イメージをスケッチブックに収めるところから
この制作と作品は人にお見せせねばなりませんね
そう思うぐらい エスキースが面白い!

みんなの脳の中の あーでもないこーでもないの葛藤と
想像することの楽しさが 線に表れています!

本画も楽しみですよ!

おめでとう!!

今日は嬉しいお知らせがありました!

Sさんが女子美に合格です!メディアアート学科一本に絞っての受験とのこと
がんばったねえ!!

彼女の合格の報告で寒い空気にほんわかな流れができました。

美大はこれからが勝負!ファイト!

何度も何度も・・・

176_7621_R.jpg

176_7623_R.jpg

0号展の作品が進んでいます。

M君は下地を7回も重ねました。
下地だけで存在感がある作品になってます!

Y君はた~~~っぷり下地材を塗りました。
いくらドライヤーをかけても乾かない。
今回は無理強いせず そのままに。。。
いえ更に下地材を重ねました。来週どう乾くのか楽しみ。

T君は本画の下線が決まらず
描いては下地材を塗り リセット。
画面のコクは出てるけれど。。。これではなかなか決まらないね。
最後を決めて 自分を信じて見て
自分で自分を追いつめた時に出る力って凄いかもよ!
なんて おはなしをしたら 彼のひとみがキラリ!!
良いの描けたね!

ガールズたちもバリバリ描いてましたよ!

早く作品を並べたいなあ

0がひろがる

”0”が色んな形で 成長しています。

パネルに下地を施してから 制作をします。
どんな下地 マチエールにするのか 触覚的な想像も入れつつです。 
175_7594_R.jpg


たまあーとスケッチブックに
0のイメージ作品に向けてのエスキースを描きます。
175_7596_R.jpg

176_7602_R.jpg


この頃、スケッチブックが充実しています。
今まではぺらり紙に描いていたエスキースが
スケッチブックという形体になったとたん 作品=デッサンの要素が
強くなりました。
ページとして残せると言うことは記録としての役割も大きく
振り返りが出来ますね。

そして、ボムマン兄弟となった
K&K君の合作作品も そんなたまあーとスケッチブックの
良さをひきだしてくれましたみたいで嬉しい!
176_7603_R.jpg

176_7605_R.jpg


作品がつながっている!
これを描いている間 彼らの想像=創造も一体化して
それぞれの感性を行き来する楽しさを味わったんだろうなあ
こんな楽しくて幸せなことないだろうなあ と こちらまで
嬉しい気持ちになります。

”0”からの始まりが 無限に広がってます。

0から始まる

展覧会に向けての作品が始まってます。

0のイメージ


何にもない。。。。  

をイメージするって難しいですねえ


0の 形から創造してくれている子もいますよ!

どうとらえるかもそれぞれ感性で参りましょう。
175_7590_R.jpg

175_7591_R.jpg

2月の彩の会

本日は いすみ市岬公民館で行われています、彩の会でした。

今回のモチーフは 大型の貝と果物 パイナップルとレモン
南国のイメージです。

彩の会 200802050919000_R

彩の会 200802050920000_R
 

油絵だけでなく 他の画材に挑戦される方もあり
思いのままに筆を進める方もあり。。。

皆さんそれぞれに表現を模索なさっているその向上心が
感じられました。 私も頑張らねばと 決意。




前回、皆さんのお話に出てきた
"願はくは花の下にて春死なむ. そのきさらぎの望月のころ"
西行法師の歌が 心に響く 回でした。

次は満開のお花をかきましょう!!!!!!

2月2日の影絵劇団あんとんね 公演

2月2日に影絵劇団あんとんねの公演がありました。

MCこまちだは授業のため欠席。

今回は長南小学校にて 長生郡市 公立学校 言葉の教室の
生徒さんに見て頂きました。
ありがとうございました!

今月は一宮保育所 東浪見保育所と廻ります!


影絵劇団あんとんねの公演依頼のお話を頂きます。
僭越ながら申し上げさせて頂きますと
公演について 条件は。。。
他に仕事を持ちながらの活動ゆえ
それぞれの都合の良い水曜日(月末は不可)が基本公演日になります。

会場は 真っ暗に出来るお部屋。
体育館のように大きい空間ですとむずかしいかもしれません。
視聴覚室 講堂 ぐらいの広さが適切ですね。

三ヶ月前にお話をお願いします。
講演料は2万円といたし遠方の場合は交通費を
頂戴することがあります。

詳しい事は
ぎゃらりー801さん  堀内さんまで!
http://homepage3.nifty.com/gallery801/
お願いします!

3月には岬町中根小学校にも行きますよ!!!

がんばります!

今月のぎゃらりー801

昨日、ギャラリー801に 行って参りました。

今月の展示は とっておきのおくりもの 愛しいものたち展です。
7人の作家さんたちがそれぞれの愛おしいをテーマに制作展示していらっしゃいます。

友人の 藤原ひろ子さん 藤森知佳子さん 谷口晃啓さんも参加されています。

藤原さんの作品はいつもながら 質と色と形 三位一体の表現を目指した作風。
愛おしいのは見た目だけでなく 制作のときにひとつひとつの作品に
愛情を込めて作っている そんな気持ちがいつもします。

藤森さんは小さなおひな様 と小さな器。
そして、素敵なランプシェード!!!! 
おひな様と器は藤森さんの手の中から自然にほろほろと生まれてきた感じ
ランプシェードは白い土の特質をいかして透かしの美しさをだしてますねえ。。。
きれいの一言。

谷口さんの器は白いシンプルな形と表情。
谷口さんはお料理の勉強もされただけあって
使い易いんですよねえ。
我が家の使用頻度が高い器の作家さんです。


そのほか、泉のぶ子さん 鈴木芳徳さん 鈴木智子さん 萩原礼子さん
も陶器の作品を出品されていらっしゃいます。
愛おしいにぴったりはまった、作品でした。

常設のコーナーに高校の同級生、伊藤由佳子さんの
ソフトクレイの作品も展示されています。

ぎゃらりー801ブログ↓
http://gallery801.blog44.fc2.com/
ぎゃらりー801 HP↓
http://homepage3.nifty.com/gallery801/

2月24日までです!
プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク