今日の演出

きれいでしょ!幻想的でしょ!
2009 1 影絵作り 127_R
マーメイド!!かわいい! Hちゃんの作品です。

T君の作品も活き活きしてるじゃない!
2009 1 影絵作り 131_R

人形が出来ると 画面で自然と ごっこ遊びが始まります。

普段はお互いに話をしない 男の子と女の子が一緒になって
遊んでいたりして
意外なところで 友達になるきっかけを人形が生みだしてくれるかも
と その点でも楽しみしています。

小学生クラスでは 小道具を使って 演出が自然と始まってます。
お手伝いの役割を決めて 演出してました。

ビデオにとって 確認するみんな
2009 1 影絵作り 134_R

2009 1 影絵作り 138_R

わかりづらくてごめんね。

思わず演出に夢中になるばかりにスクリーンの前で
演技をしていたA君!

そういうところが良いね!


さあ、練習、練習。

私も 影絵劇団あんとんねの一員として演技させていただいたときには
何度も何度も練習をしました。

そんなに繰り返して あきないか? いやむしろ
こっちの方が良いかなあ とか
この感情だったら こう動く方が ふさわしいかも
と 反復の中で 想像力がかき立てられて
より 面白くなってくるのです。

また、カラダに染みこむことで パッと音楽が流れると
それに対応できる自分が出来上がっているのが また楽しい!

一度覚え込んだものはそうそうに消えていかない 
その喜びもありますね。


さあ、 練習を繰り返して 良いもの作り上げていきましょう!
スポンサーサイト

演出

金曜日クラスは 本格的にビデオを登場させて
動きの練習をしました。

2009 1 影絵作り 122_R

蹲踞の体制を取り    頭出し× 手出し×  声だし× で動かします。

練習 反復が大事です。

2009 1 影絵作り 123_R
 
2009 1 影絵作り 124_R
あ あたま! て!
でも 人形の動きは GOOD!


2009 1 影絵作り 125_R
Tくん、動きが良かったなあ!踊っているイメージ出てたよ!

2009 1 影絵作り 126_R
おしりだけ写ってますが。。。

最後にぽとりと おしりから 何かが!落ちる演出にしたMくん!!
これはウケそうだ!


照れ屋さんの人は 照れ屋さんで良いんです。

上手く踊れない人は 上手く踊れなくて良いんです。

それ以上に人形が既に存在感を出してますから!



ビデオの動きを通じて 客観的にとらえ
動きを見るがわの印象に 近づけていきます。

大事なことは私の指示で動くことではなく
自分で考えて動くこと 


今は一人ずつの演技ですが
二人で踊ったりすると楽しそうだなあ。。。。。

私の演出も 想像が膨らみます。
 

ばたばた 練習中

動きの練習=動く装置の調整 でもあります。


まだみんなの人形の完成が揃わないので
全体練習が出来ませんが、、、
2009 1 影絵作り 102_R

混沌としています。

2009 1 影絵作り 110_R

2009 1 影絵作り 114_R

2009 1 影絵作り 116_R

人形と背景が決まってきましたね。

音楽に合わせて練習。といきたいのですが。。。。。

なんだかみんなテレテルみたい。


練習することで人形の調整も捗るのですが。。。

ここからは指導者の声がけの問題ですね。
がんばるべ


さあ、みんなで 作り上げていくべ!

AED

ちまたの 病院、公共施設、ガソリンスタンド などでも
「AED」 (自動体外式除細動器)の文字を見る機会が増えました。

昨日、実家で 導入をし その使い方のレクチャーを受けました。


たまあーとではすぐに導入の予定はありませんが
いつ何時 使う立場になるか わかりません。
便乗させて貰い 使い方を学ばせていただきました。

メーカーによって使用に若干の差があるようですが
使い易い、わかりやすく、出来てるんですねえ。。。

電流を流す必要があるかどうかも
AEDが判断を出してくれる。。。

とっさの時落ち着いてと思っても そうはなかなかなれないのが人。
安心しました。


詳しいことは 専門の方々より 伺った方がよいと思いますし
私の表記で間違ったことを お伝えすることになってしまってもいけませんので
ここでは明記しません。  


実際にこの装置で 命を守ることの手助けが出来たら
良いな と 感じました。


同時に AEDが手元に来るまで 救急車が来るまでの 心肺蘇生の手順も学びました。 
胸骨圧迫30回を モデル人形を使って 実際に行ってみました。
思った以上に力が必要です。
怪力の私がそう感じるのですから 細身の女性は 特に疲労されるでしょう。
胸骨圧迫と人工呼吸を繰り返します。
共同作業の必要性を感じます。


やり方を知識として持っているのと 練習であっても経験のあるなしでは
雲泥の差であることを感じました。



説明をして下さった AEDのメーカーさんの担当者(営業)のかたの的確なこと!
AEDについてだけでなく 医療の専門的知識も豊富でいらっしゃり 
こちらの質問に対してぱっと 腑に落ちる答えをすぐに返して下さいます。

このお仕事に誇りを持っていらっしゃるんだなあ と感じずにはいられませんでした。

人の命を助ける 一端を担っていることに やりがいを感じておられるのだなと



様々学ばせていただきました。
活用する場が起こらないことを祈りつつも
いざというときに わずかばかりでも 力になれるものでありたいと思いました。

こたまアトリエ

絵を描くことは こどもにとって 大事な”仕事”だと思っています。

身の回りの物事を覚えるために(脳に納めるために)絵を描くことで
再チェックしているのかな と思うこともあります。

色がきれい 美しく広がった という視覚的、感覚的な変化が
目に飛び込んでくることも 喜びの一つでしょう。

感情を噴出させたいときの道具として 絵を描くこと(ものを作ること)は
こども時代には大事な役割を果たしてくれるのだと思います。


常に絵を描ける状態にしておくのが”理想”。

そう思い、今までもイーゼルに板を立てかけてカレンダーの裏側などに
絵を描かせていましたが この度、更にグレードアップ させてみました。
絵の具での常時制作が可能になる様に。。。。

2009  要 アート 004_R
その名もロールぐるぐるイーゼル。

10Mのロール紙を丸まったまま のこぎりでせこせこ切って
イーゼルの上部に付けてひらりんと紙を引き延ばして絵を描き
描き終わったら裏側で巻き取れる様にして そのまま保存できる様にしたもの
改良の余地は多々あるものの まあ、良くできたっぺ

制作時間 約1時間 
制作費用 (材木は再利用品ばかり) ゴム足と丁番で約1000円也~  

ロール紙にしたら本人から今までのはどうしたの?の苦情が
で 裏面にも板を張り付けて 片側は描きたい紙を自由に貼り付けられる様にして
両サイドで絵が描ける様にしました。
2009  要 アート 003_R
どうも影になる 紙が自由な面の方が 隠れて何かできるからか
良くそっちで描いています。

絵の具はチューブから出すのがまだ苦手みたいなのも
即、制作に写らない要因かも


こたまに 絵の英才教育をする気はサラサラ無し。


思いついたので作ってみたかった、どう反応するか見てみたかっただけともいえますが。。。
この頃、趣味の大工仕事が出来ていなかったので その点、母は満足です。

ああ、親ばか というかバカな親。

紙が用意されていると 絵が描きたくなって。。。。。
結局、母も描いてます。

簡単な作りですので 感心のある方、作り方お伝えします。

勘違い

こたまは良くしゃべる。

ボキャブラリーも随分増えてきたけれど 間違ってることも多い。

卵がけご飯が大好きなのだけれど。。。
「たまげがけごはん」
という 発音の問題とも言えるけれど
いつ治るのか楽しみなので訂正はしない。


彼女は唄を歌うのも好きである。

今朝、食後に眠くなり横になっている私を寝させまいと
耳元で唄を歌い続ける。

ジングルベルジングルベル シュズがなる
今日は ”わたしの” クリスマス
を連続で十回は歌い続けた。

季節の先取りなのか、、、外れているだけなのか
それとも 常にわたしのクリスマスは今日なのか。。。

お陰で可笑しくて 目が冴えてしまった!

どこでどう 勘違いをしてしまうのだろうか。。。
娘を通じて知りたかったけれど。。。。。



こどもクラスの 授業中、頭の中に 「誰かさんが誰かさんが。。。」の
唄が流れて いつものように何気なく歌っていたら
なっちゃん先生始めみんなが大笑い  

何で?

先生それじゃあ変態の唄です!

目隠し”おじさん” 手のなる方へ と口ずさんでいたわたし。

”鬼さん”だったことを人生半分を過ごしてはじめて知った!!


どこでどう歌詞を間違えて覚えていたんだろう
そして、難?を逃れて間違いのまま 覚えていられたのだろう。。。

この話 末妹にしたら え?そうなの?
彼女も 今まで ”おじさん”だと思っていたらしい。。。
実家の家族全員間違えているかも。。。



娘はいつまで ”わたしのクリスマス”と 覚えていられるのだろうか。。。
そっと 見守りたい。

 

1月第3週の完成さん

Oさんの作品です。
柔らかく 落ち着いた色調。
パステルの特徴でもある中間色はメルヘンのような
ふわっとした表現を 容易に生みださせてくれますが
ともすれば ”軽い”画面で終わりがち
それを 重厚に仕上げられました。
今回は鉄の花入れ。重さを出して頂きたっかっただけに
モチーフの出題者として 画面で実現して頂いてうれしい限りです。
全体の色調を考える そんなモチーフを次回、用意しました!
お楽しみに!
美術教室_R


がトレードマークのKさんの作品です。
Kさんはこどもの頃から絵を描いておられる方です。
それだけに 感度が高く こうされたらいかがでしょう?という
提案に Kさんらしさでぱっと対応し画面をプラスに持って行かれます、
枚数を重ねられているだけに ”美術は実験”の思いも
理解されており 失敗を恐れず するりと絵の具を重ねられます。
今回の背景もそうでした。
私の一言から ぱっと転換する画面。
絵を描く基盤がしっかりされているのだなと感じます。
次のモチーフは大物です。
あえての補色 赤を中心にしています。
どう、描いてくださるのか 楽しみです。
美術教室 003_R


Sさんのパステル作品です。
絵から距離を置いて考える時間が長くなられたこと
そうすることによって 絵との対話の時間が多く生まれ
こうしようかな これやってみようかなと
ご自身の作品に対しての方針をご自分でお決めになられるようになったこと
素晴らしい成長だと思います!!

背景に悩まれたり、台の色に悩まれたり。。。脳の刺激にも最適!?

何より絵と対話できるということは それだけ作品に対する愛情も
深まるということではないでしょうか?

画像には現れていませんがレースの描き込みも魂がこもっています!
次回が楽しみです。
美術教室 001_R


Yさんの作品です。油絵でお描きです。
トールペイントを経験されているだけに調色とストロークの生かし方が
的確です。
今回は大原功樹氏の壺をモチーフにしました。
図柄を学んでおられる方だけに あえて 文様の入っている
モチーフにしました。
立体の中に図柄が入ると その形態によって 奥行きが入り
文様の見え方が変わる、より空間性を考えつつ
描いて頂ければと 思った次第。
前回のマチエール重視の作品と違った 色味で攻める作品が仕上がりました。
麦もタッチが生かされてます。
次の作品はどう捉えてくださるのか 楽しみです。
美術教室 002_R

それぞれの舞台

HIGHクラスのみんなは各々スクリーンを張り
背景を作り 主人公を登場させます。

もちろん、ストーリーもオリジナル。

2009 1 影絵作り 096_R

2009 1 影絵作り 095_R
枠から作っています。

そして、国旗作りも大詰め
2009 1 影絵作り 093_R

2009 1 影絵作り 091_R

2009 1 影絵作り 090_R
Sちゃんの完成さんです。
透けた生地の中にイニシャルが入りところがおしゃれ
この感性は今までのSちゃんの作品に必ず出てくるテイストです。
確固たる彼女の個性。そう感じます。


小学生クラスも今日は影絵。
でもごめんなさい。また画像無し。。。

動かす工夫をみんなでしました。

私や大江先生が動かすと動く。
でもみんなが動かすとうまく動かない。

力の有る無しも理由だと思いますが
人によって筋肉の使い方って微妙に違うんだろうなと 実感します。

実際、影絵劇団あんとんねでも 
人形を操る時は 同じ人形でも 使う人が違うと 動かし方が
変わるようで微調整をします。

動かす練習と同時進行で 動きやすくする工夫が必須です。


さあ、音楽を選んで練習練習。

影絵は 演じている状況が観客には見えないものですから
恥ずかしがり屋さんでもあんとんね!

恥ずかしがり屋さんほど 思いっきり 人形をスクリーンの中で動かして
自己解放!!してくれるとうれしいなあ!





 

形になってくる喜び

光と影

これが影絵の源

今作っているものを影で表す。。。。。


先生!裏表反対に貼っちゃった!

影だから関係ないよ!


先生!切れちゃったみたい!!

影だからガムテープで貼っておけば大丈夫!


影で形をなしていれば 人形の見た目の出来上がりなんて
関係ないんです。


色の部分をどう表すのか。。。

枠を作って、セロファン貼って  枠にするにはどこ残せばいいのかなあ。。。。。

頭の中では完成品を考えた上で 切るところと切らないところを考えます。


動かすこともそう。。。人間が舞台から見えてはいけないのですから
見せないことを考慮して 動かせる様に工夫しなければなりません。


なっちゃん先生と船間先生 みんなで一緒に工夫してます。

人形がそれぞれ違います。だからこそ どう動かす様にするのかも変わる。
それによって装置も変わる。
また、その人形をどのように動かすのかによっても装置が変わります。

来週は動きの練習を含めて 人形に改良を進めていきます。


まず、一足お先に人形の出来たMちゃんの作品。
明るいところで見ると
2009 1 影絵作り 086_R
きれい!旨くいったね

その作品を暗くしてみると
2009 1 影絵作り 087_R
更にきれい!!
2009 1 影絵作り 089_R
部屋を暗くしてみてみると

光と影の 意味がみんなの中でもぴーんときたみたい!


この明かりを付けたとたんに 元は段ボールの人形が 
がらりとうつくしく変わってみえるところも
影絵の魅力ですね!


さあ、来週は動き動き!頑張るべ

背景を作る

2009 1 影絵作り 080_R
少人数クラスのMちゃんは 空の上を飛んでいるイメージ!で影絵を作ってくれました。

人形を動かして完成です。


2009 1 影絵作り 082_R

2009 1 影絵作り 084_R

2009 1 影絵作り 085_R

小学生クラスも着々と進んでおります。

人形をゆっくり作っている班と 背景班に分かれました。

キノコとりんごが降ってくるお花畑に火が!そんな背景!!??


何より踊りの練習・段取りが大事ですから!!
本番はこれからですよ!

音楽にあわせて

水曜園児クラスも影絵の人形作りは順調です。
2009 1 影絵作り 077_R

パーツを組み立て 動かせる様にして スクリーンで遊んでいます。

2009 1 影絵作り 076_R
アクリル棒で 11本アニメを作って遊んでます!


スクリーンがあるだけでみんながごっこ遊び=物語を作り出すのが
とっても面白いです。

今回の影絵は音楽に合わせて踊ります。

げんざいBGMを考え中。

第1候補はゴンチチ
第2候補はアントニオ・カルソス・ジョビン。。。
まだまだ選考は続きます。。。
思い切ってガムランとかにしたらどうなるかなあ
とか チベット仏教にしてみる??とか。。。。。

動きの練習も大事ですね!


ヤギとピカソ

先週、動物園に行った姪っ子に触発されてか

ぞうさん見に行く!  とだだをこね続けた こたまさま(この頃偉そうなので
”様”つけてます。)

いざ出陣!
目的地は そう、我らが千葉市動物公園
2009 1 17 千葉市動物公園 001_R

秋にも行ってます。三ヶ月ぶり。
初めての動物園

その時は駐車場にはいるのもやっとだったけれど
今日は。。。スキスキ。さびいかんよ~

そして、動物たちも。。。
2009 1 17 千葉市動物公園 071_R
すみっこに留まってほとんど動かない ゴリラ君。

2009 1 17 千葉市動物公園 083_R
前回は動き回り生理現象をご披露してくれたサル君も動かず

2009 1 17 千葉市動物公園 095_R
オウムも丸まったまんま

亀が見たいと言っていた こたまさま。でも、日本の亀は冬眠中。南方系の亀も部屋にこもりっきり。
そりゃそうだべ。

2009 1 17 千葉市動物公園 063_R
寒いところが好きそうな オットセイ、アシカたちも のんびり。水に沈んだまま
動かないので まさか!?と心配してしまいました。

動かないのは寒いからなのか
観客も少ないからなのか。。。
観客が理由ならば 観客がいると動くというのは
人間に興味があるからなのか?人間に警戒心を持ってなのか?
それともサービス精神なのか???

ペンギンまでじっとしていました。暖かいところから来ている動物もいるでしょう。

動物園という大変なところに動物たちには住んで貰って
私たちを楽しませていただいて有難い気持ちと 申し訳ない気持ちと有り。
申し訳ないからと言って 動物園には行かないのは もっと申し訳ない。
娘の見聞を広めるため 私の感性を刺激していただくため
家族の楽しみ・平和のため 動物園を活用させていただきます。

多摩、上野はもちろん連れて行きたいけれど、東山、旭山 水族館、網羅してみたい

と、そこで珍種の動物を発見!!!!!
2009 1 17 千葉市動物公園 055_R
学名(?) こたまたまたま くまこたまさま
鳴き声   やってやって、 やだやだ やだよ~だ!
       時々 自分で!と頑固に自分での行動にこだわる
特 技   大食い 踊り 歌を唄う 読書?  お絵かき 夜更かし
やぎさんのコーナーでは 内弁慶ぶりを発揮!
2009 1 17 千葉市動物公園 101_R
私の影で怯えています。
結局、この珍種の動物はアトリエに連れて帰り 飼うことになりました。。。 


そのヤギたちの後ろ姿を見て
2009 1 17 千葉市動物公園 116_R
ピカソ展来訪の記事新国立美術館で拝見したヤギの彫刻作品「雌ヤギ」を思い出しました。

その作品は籐のかごと思われるものをお腹の部分に見立て
背骨に丸太の材木などを使い 粘土で塑像したものをブロンズにしてあった作品です。

そのお腹部分に使われた籐かごの質感が粘土から表出していて
それが丸で肋骨のように表されているのです。
がりがりにやせているのに お腹がふくれている 胎んでいると言うことでしょうか
そのリアリティが心に刺さりました。胎んだことのある私には直接的な言葉ですが
子宮がキューとする感覚。
子を持つことの難儀さ、期待、やせ細るほど厳しい現状でも
新しい生命を宿らせる生き物の力強さを感じました。

籐かごを見て雌ヤギに至ったのか 雌ヤギから 籐かごに至ったのか。。。
いずれにしろ ピカソの発想の豊かさ 感覚の鋭さを感じた作品でした。
でも、私にはなんだか お腹の丸さが 籐かごそのままのフォルムだけに
デフォルメされすぎている様に感じておりました。なんだかその点、
籐かご使ったよ! と言い過ぎている様にも感じたり。。。
 

しかし、今日、ヤギの背中からのフォルムを見て ピカソがデッサンに優れている人なのか
改めて思い知りました。 他の動物に対して 肋骨のマッス、丸い!背中に対して大きすぎる!
ピカソは正しかったと。。。
何度もヤギは見ているはずなのに 量感を掴み切れていなかったことを痛感。


百聞は一見にしかずだ。。。
また、動物に様々教えて貰った一日でした。

さて、肝心の要のこたまさまの反応は。。。
ぞうさん見た。キリンさん見た。 と感動!というより
前回のおさらいという感じでした。

一度見たものを そこにいるか 確認しに行った そんな感覚でした。
動物さん今日はみんな寒がってるようで動かなかったしね。
新たな情報収集は少なめ。

何より反復することでより頭に 象 キリン 亀と 普段の記憶に有る生き物を
納めなおしている様にも感じます。

思った以上に三ヶ月前のことを覚えていたことは驚きです。

明日から、絵として 独り言のストーリーに 今日の動物園がどんな風に現れるか
楽しみです。
 

1月第1週の完成さん!

新年、始まりました。完成さんです!

でも、年末で完成!にした方も多く。また、風邪で。。。欠席の方も多かった
第1週、2週でした。
お気を付けて!元気でなければ絵は描けません!


Kさんの作品です。
たまあーとにご入会されて初めての作品です。
絵を描くことに まだ慣れていなくて。。。とおっしゃっていますが
筆のタッチは活き活きとされています。
水彩画はともかく水分調節。
紙に対しての水分
絵の具に対しての水分
筆に対しての水分
天気によっても水分量は変わりますから。。。
水と仲良くなるためにも
たっぷり絵の具も水分も使いましょう!
5枚目で絵が変わってくると思いますよ~~
美術教室 053_R


Hさんの作品です。
F4号を油彩でナイフのみで描いていらっしゃいます。
Hさんの強みは絵の具の質を納得いくまで重ねていけること
タダ重ねるのではなく 自分の肌に合う色味・マチエールを
潜在意識の中に育てていらして
作品に対して 客観視が上手く働き ”良い頃合い”を
生みだしておられるのだなと感じます。

パッと画面から切られた古ランプがまた良いですねえ。。。
次の作品も楽しみです!
美術教室 054_R

影絵劇団たまあーと?

こまちだはまたもや欠席ですみません。
なっちゃん先生と  今日は大江先生もお休みでかわりに船間先生が
土曜日こども教室を盛り上げてくれました!

2009 1 影絵作り 039_R
すっかり、船間先生と意気投合!したんだってね!Dちゃん!!そのお話聞いて嬉しかったよ!

2009 1 影絵作り 042_R
Nちゃんも一生懸命作ってましたよ~のご報告!ああ 会いたかった!

形になって行くと楽しいね!
2009 1 影絵作り 044_R
影絵のおもしろさは実物は。。。だけれど ”影”の存在にしたとたんに
幻想的なものに生まれ変わるところ!
2009 1 影絵作り 061_R
みんなそれぞれ遊んでいてそこから物語を君たちは作り出してしまいそう!
小学生クラスの途中であとりえに戻ったきた、私、こまちだ!

船間先生がすっかりとけ込んでいましたね。
そして、みんなもりもり作って。。。 

来週が楽しみ!

HIGHクラスクラスは 国旗組と影絵組に分かれています。
2009 1 影絵作り 070_R
2009 1 影絵作り 071_R
国旗組の様子です。焦らず完成させるべ


影絵組はストーリーを編み出す人。スクリーンを枠を作りキャンバスのように張る人に分かれました。
2009 1 影絵作り 075_R


新入り?の船間先生歓迎会?替わりに 伝説の「ロシアン」をしましたよ!
ロシアンって。。。。。??
いやあこれはいえません。HIGHクラスの人だけの内緒事項なのです。
船間先生人生初の体験でもあるでしょう、HIGHクラスの洗礼を受けてましたよ!
完成に向けて!ファイトオ!


影絵人形が出来たら、、、記念公演しますか!?

いきいきあーと教室パート2  in こだま

本日は午前中の美術教室をお休みに 
午後のこども教室をこまちだはお休みし

特定非営利活動法人 こだま にて いきいきアート教室パート2の
講師を10:00~15:00まで務めさせていただきました。

パート1は9月27日でした!パート1の様子

前回はアートとは?をテーマにアートの役割についてお話しさせていただきましたが
実際にカリキュラムとして取り組んだ場合のことを想定してお話ししました。

人は作業性・美術系・音楽系の感性のタイプに分かれているように思います。

それぞれの特性を生かすべくカリキュラムは
平面系・立体系・技術系・感覚系のタイプにわかれていくと考えています。
それぞれのカリキュラムの特徴を加味し
人それぞれの感性に見合ったカリキュラムの作成と指導が必要だと思っています。

そんなお話しを こども教室で取り組んだことを踏まえつつお話しし 


「切り絵」のカリキュラムを元に3タイプの制作展開を
参加者の皆さんに経験していただきました。

りんごを描く
まずはりんごを想像だけで紙の上に切り絵をしていただきました。
二枚目は実際のりんごを見ながら切り絵をしていただきました。

左脳で描く 右脳で描く その違いを感じていただきました。

見ながら切り絵したものの臨場感の違いに皆さん驚いていました。


感情を描く
嬉しい気持ち 悲しい気持ちをそれぞれ 同時進行で比較しながら
切り絵で制作していただきました。

それぞれのイメージの相違を考える良い時間になりました。
嬉しい色・形・動き  悲しい色・形・動き
若干の差は有れど 同感!と思えることが多々現れたことに
お互いを通じ合える、人間同士の対話が出来た様に思います。
  


○の構成
上記を切り絵して出た切れ端から○を切り出し
その○を好きな様に貼っていただきます。

○を切り出すのは作業的要素を引き出し
それを無意識に貼ることで 相反する感覚的な要素を刺激しました。

それぞれの世界観が表れたことにアートの奥深さを感じます。


2009 1 17 いきいきアート教室パート2 006_R

2009 1 17 いきいきアート教室パート2 018_R

2009 1 17 いきいきアート教室パート2 026_R

2009 1 17 いきいきアート教室パート2 027_R


最後は作品について講評会。
各々が制作する上で生まれた作品の物語を語り合います。
2009 1 17 いきいきアート教室パート2 031_R


講座は今回の充実した時間を過ごせました。


こだまさんでの講座はもう一つのお楽しみが。。。。。。。

それは名シェフ!!Uさんのお昼ごはんです。
デイサービスの利用者さんには和食中心でお食事を作られるそうですが
今回は手作りのピザです!なんと生地から!!

美味しかったぁ。。。

料理というアートも堪能させていただき 心もお腹も充実した一日になりました。

ご参加いただきありがとうございました。
また、私を講師としてよんでいただきありがとうございました。
また一つ学びが増えた時間でした。


動け!影絵人形達

型紙を段ボールに貼って 切り抜く。。。

どんな風に動かそうかなあと思いながら型紙を作り
そのイメージが形になっていく瞬間です。

模様を切り抜く子
陰のラインを生かす作風の子

それぞれのペースで取り組んでいます。


今日はカッターで作業をする子が多い日でした。
作業途中でも作業をすぐ行わない間は カッターの刃はしまうこと!
カッターの刃の出し過ぎには注意!!

と道具の使い方についてはきちんと注意をいたしました。

道具は片腕になってくれる大事な存在です。
でも使い方を間違えば 他人も自分も傷付けることになります。

怖いものですが だからといって恐れて使わないというのは
おかしいと思います。

危険と便利さ踏まえて 道具と友達になって貰いたいものです。



そんなかんだで本日も作業満載。。。。。

あ、画像。。。
と気づいたのは清掃後。
画像を撮るのはブログのためもありますが
記録のため そして みんなに残してあげたいのに

すまんね。



みんな着々と制作を続けています。
ばらばらの体をつなげていき 人形になり 動くようになると
みんな 楽しそう!

 
堀内さん手製の舞台で遊んでますよ!

動きについて次、研究してみようね!

すすめ 進め

本日午後は通常授業を変更していただき 
茂原中学校 総合学習 職業人に聞く  という 授業に講師の一人として
呼んでいただき 畏れ多くも 画家代表?として行って参りました。

他には 美容師さん ホテルマン 警察関係の方が お揃いだったようです。


急ぎ仕事のパワポくんで 現在の仕事 美術家としての活動
そして、美術を通じての共育活動人 としての 行動についてお話しさせて頂き

更に この度の主旨の一つである 「進路」にまつわる 今までのお話し
そして、未来のお話し をさせていただきました。

保護者の方も4名ほどお越しでした。

私を校長室に迎えに来てくださる役の学生さん、
司会進行の学生さん、と生徒さんが中心で会が進められます。

段取りきっちり良く覚えたね~~ 
気をつけ礼!って何度行ってくださったのかしら

とお話を聞いてくれた皆さんが何より可愛らしい~


夢を見つけて 進んでください!

私の話が参考になれば幸いです!

 


舞台の登場

スクリーン用の布はこの外房近辺では手に入れることが出来ません。

なっちゃん先生に火曜日、日暮里の繊維街にて購入していただき
夕方、あんとんね団長の堀内さんのところにお持ちし
そして、朝方、アトリエに運んで下さいました。

私たちが使いやすい様、細工をして下さいました。


みんなが来る前にアトリエに設置して。。。


明かりを付けておいたら 説明する間もなくみんなが遊び始めます。

手でヤカン! とかね!

色んな遊び思いついてます。
2009 1 影絵作り 027_R

美術教室にお越し頂いていたHさんの額を Iさんが譲り受け
また、その額がたまあーとにお嫁に来たのです。

この度、素敵な舞台に生まれ変わりました!

2009 1 影絵作り 028_R

2009 1 影絵作り 029_R
途中形を作ってはスクリーンに当て
また、遊んで と 授業は進みます。


ごっこ遊びの始まり! もう物語りが出来上がってます。

来週は背景と色に取り組んでみようか!
2009 1 影絵作り 033_R
カラスがイチゴを食べているぞ~~~~~~~

とうとう。。。

おしゃべりな こたまさん。

独り言をず~~っと語っています。


ごっこ遊びをしたり 絵を描いたり 自作自演で歌を唄ったり 踊ったり 
一人遊びも大好き。

食事の準備をするときにそうやって遊んでくれていると
仕事が捗るので有難いのですが。。。。。


とうとう

ねえ、おばけさん何、隠れてるの?
こっちにおいでよ ここに座ってね
はい召し上がれ と


おばけに話しかけています。

どこにいるの??

想像力の極み 霊媒師への道も開かれたのけ!

こどものうちにしか見えない物があるそうですが。。。。。

ごっこ遊び、おばけとの会話も傍らで聞いていて
可愛い&面白い  
何より 彼女の深層心理や経験上の物語を
表しているのだと思うと興味深いです。


邪魔しない様に 遠くから見守っています。


川村記念美術館へ

こたまさんと共に 川村記念美術館へ

何せねぼすけの二人ですから出発が既に11時!
お弁当を持って いざ!

川村記念美術館までは裏道で1時間ちょっと
日本有数の現代美術館がこんな近くにあるなんて幸せ。

ドライブとしても丁度良い時間、丁度良い道どり。

まずは無料休憩室をお借りして 掛け合い漫才風の親子はお昼をとり
いざ、展示へ!

受付にて係の方がベビーカーを勧めて下さり遠慮無くお借りしました。
ありがたいことです。

展示へ

常設は今回は省略しつつも
日本画の部屋は展示替え 加山又造先生の 「鶴舞」
長谷川等伯の「烏鷺図屏風」など お正月らしい内容の作品展示。
鏑木清方も線の繊細さが ふわりと指先に伝わってくる感じです・

現代アートも良いけれど 日本画の収蔵品もいつ見ても
シャープに心に入り込んできます。

フランクステラの大きな作品たちが並ぶ中
どれが欲しい??とこたまに尋ねましたら 

「いらない」

だと。。。 あんなに大きい作品は我が家には入らないのが
わかったのか?手に入れるだけの財力が無いのがわかっているのか。。。
 

「戦後日本美術の作家たち」
がこの度の展示テーマでした。 

瀧口修造氏のデカルコマニーが気になりました。

若林奮氏のデッサンが無くて残念。まとめて見れる機会がないのかなあ


しかし! 連休というのに 来館者が少ない!!
特別展ではないからか。。。
日本の現代アートだからなのか!!?


世界に誇る日本のアートをもっと自国の人間が認めなくてどうする!
などと思いつつも ゆったり見ることが出来たのは嬉しいことです。

昨今の美術展は 潤って良かったねえと 企画した方に
お声がけしたいほどの来場者の分、結局、よく見ることが出来たのは
作品ではなく観客の頭ということも多いですから。。。


ベビーカーをお借りしての行動。今までの美術館の中で一番スムーズに
拝見することが出来ました。

ベビーカーでの行動は 裏のエレベーターに案内していただいたり
係の方にご配慮いただく分
申し訳ない気持ちになったのですが
川村記念美術館の場合は係の方を患わせることなく
自分の手で エレベーターに乗り 上の階に勧めたり
段差があるところもなく スムーズに展示を廻ることが出来ました。

車いすの方も気軽に鑑賞することが出来るなと
ベビーカーを使わせていただくことで実感することが出来ました。


作品展示をわかりやすくするご努力だけでなく
動線も利用しやすくなさっている 工夫が伺えました。

これって 普段、不自由なく行動できている人間には
便利そうだなあと心の中で思っているだけか
気がつかないで終わってしまうことだなと 思いました。

当事者の目線で考えるってなかなか出来ないことですよね。



ちゃ~んと最後に ミュージアムショップを楽しんで帰ってきました。
洗練されてる品々が並びます。


美術館楽しかった?と 
こたまにQ

たのしかった 

そうです。良かった。


2月21日からはマークロスコ展ですよ!
楽しみ。


瀧口修三氏の

一つ一つ 心を込めて

本日の午後の授業をこまちだは欠席させていただき
昨年、12月に他界された生徒さんの御霊前に
同じクラスの皆さんと共に参らせていただきました。


ご主人様が生前の作品を私たちのために飾ってくださいました。

作品一つ一つに 心も 思いも 込めて
そして一つ一つ 最後まで描ききった絵画。

たまあーとの教室でも集中して描かれていられましたが
お宅でも楽しんでおられたのですね。

出来上がった作品は 全て額に入れていらっしゃいました。
亡き後 好きな人に貰っていただきたいから だから 額に入れられていたとのこと。 


作品に魂を吹き込んでいらしたのが見る側にも染み渡ります。

残った絵の具で。。。と描かれた半抽象の作品は
澄んだ青の中に 旋律と 喜び悲しみ色んな思いが 表出されていました。


心から皆さんに 作品を見ていただきたいと思いました。
それはたまあーとの皆さんだけでなく 命の軌跡の一部を
絵に残された その力強さを 感じて頂きたいと思いました。

何も具体的には決まっていない 今、このタイミングで申し上げるのが
いいのか わかりませんが私の正直な気持ちとして
Hさんの展覧会を開くことが出来ればと考えております。



本当に本当に たまあーとに通って下さってありがとうございました。

残念で寂しくてと 車に最後に残ったときに ふと悲しい思いも生まれましたが
Hさんから頂いた ”思い”を引き継いでいかねばと 強く感じました。



また、本日ご同行頂いた皆さんの心根のお優しさにふれたことは
たまあーとを開催して良かった、そう、深い心の底から
感じたことでした。


教えることは学ぶこと  

教えて頂いているのは私だと実感いたしました。



大事な授業、ましてや年頭の授業でご挨拶できず
園児クラス、小学生クラスの皆さん すみませんでした。

生きるとは あーととは とまた一つお力頂けたこと
皆さんに還元できる様 精進します。

なっちゃん先生 大江先生ありがとうございました。


作品を作ることも一つ一つ 心を込めてですが
授業も同じ  一つ一つ 同じ曜日時間帯でも 日によって違う
一つ一つの出会いも同じですね。
心を込めて



寂しさと次への展望を交えながら 戻ったアトリエ。
天窓から もれる明かりが暖かくて 安心が舞い込み
教室に入ったら HIGHクラスのみんなの底抜けに明るい笑顔に
希望の光がわ~と注ぎ込んで。。。。。


ああ、たまあーと 始めて良かった

今年は 一つ一つ心を込める が私の指針だと 皆さんに教えていただきました。
  



影絵パレード!

園児クラス・小学生クラスの皆さんには直接お会いできずすみませんでした。

なっちゃん先生・大江先生によるお話しで 皆さんの制作中を
想像しています。

冬休み明け。。。学校始まって最初のたまあーと

年末年始の疲れとリズムに ちょっとお疲れ気味の人が多いようですね。
無理せず でも 納得いくまで作ってくれると良いな!


2009 1 影絵作り 018_R

2009 1 影絵作り 019_R

2009 1 影絵作り 020_R

2009 1 影絵作り 021_R

2009 1 影絵作り 022_R

HIGHクラスは 国旗作りの続きさんと 影絵隊とに分かれています。

影絵組は背景もキャラクターもストリーもオリジナル!もしくは既存の物語を
イメージして作ります。
長編になりそう??


直接ご挨拶できなかったけれど 皆さんのお顔を画像と通じてお会いできて
嬉しいなあ。


さあ、今年はたまあーとをもっともっと膨らませる年にしますぞ!!

美術教室 授業日変更のお知らせ

1月16日(金)13:00~16:00の 美術教室の授業を
  14日(水)13:00~16:00に変更いたします。

茂原中学校にて 職業体験 職業人に聞く という授業にて
様々な分野の職業の皆さんと共に 中学生の皆さんと一緒に
アートの世界で生きるとは を考えて参りたいと思います。
恐れ多くも 私でいいのけ?の思いも多々ありますが
導入口の1つになって参ります。


1月17日(土)10:00~12:00までの 美術教室は
共同生活舎こだま での出張授業のため お休みとさせて頂きます。

ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


なお、16日、17日共に こども教室はございますので
お間違いの無きようよろしくお願い申し上げます。








いきいきあーと教室 パート2

1月17日(土)10時~15時 
共同生活舎 こだま にて

あーととは?あーとのある生き方をテーマに
講義と切り絵遊びを通じて
作品を生みだす楽しさと作品の生かし方
そして、作品を通じてのコミュニケーションを考えていきます。

材料費込みの   参加費は500円
美味しいこだまのお手製昼食500円

福祉関係、こどもに関わるお仕事の方 等の皆さんにも感じて頂きたい
講座です。


お申し込みは
特定非営利活動法人こだま
長生郡睦沢町北山田172
電話・FAX 0475-44-2665

皆様のお越し心よりお待ち申し上げます。

一歩前を想像する

影絵人形の制作が進行しております。


パソコン上の影絵劇団あんとんねの練習風景画像を見ながら
影絵とは!?の話を致しました。

一つ一つ丁寧に加味しながら聞いてくれるみんな。。。
嬉しいなあ

ごんぎつねの最初のシーンです。
143_4323_R.jpg
演じるときはこういう状態。
143_4328_R.jpg


さて制作風景の画像は!!??

また、取り忘れました。
皆さんの制作のお手伝いに準じてて。。。。いやまだお正月ぼけが
残っているのでは。。。


しかしながらみんなは元気に制作。

中には演じる踊りに対しての動きをイメージして人形を作っている子もいます。

人形の構造を考えて作ることも
演じることを考えて作ることも。。。

一歩前を想像することが大事。それには今現在の状況を考えることが何より。


大袈裟かも知れませんがものづくりは 人生そのものの縮図といえる教訓が沢山含まれてますね。


教えることは学ぶこと
どちらも大事は 継続なり

これは大晦日の京都 三十三間堂にて 書かれていたお言葉
教えることで教えていただいています。



影絵人形

小学生クラスも今週は影絵の人形作りです。

影絵だからこそのお約束。横顔、大きな目、口。
動かすからこその 関節の作りを考えたり

そして、影と光りとの関係を考えて
ここは残したり、くりぬいたりと 構造を踏まえての創造です。


頭の中ぐるぐる回転させてるね! 


どんな登場人物にするかを考え
2009 1 影絵作り 007_R

型紙に起こします。
2009 1 <br />影絵作り 008_R

それを段ボールに貼り付けて
CUT!CUT!
2009 1 影絵作り 014_R

2009 1 影絵作り 015_R

高学年はカッターで
低学年は段ボールカッターで 切ります。


さあ、どんな登場人物が生まれますか!
楽しみです。

2009 授業初日!

水曜園児クラスで今年の授業は開始です!

今日からの授業は 影絵を作ります!

影絵劇団あんとんね の一員でもある、こまちだが
後輩を養成すべく?? 影絵の人形をみんなに作って頂きます。


と 制作途中を画像に納めるはずが。。。。
充電池切れ。。。しばらくのお休みで力果てていました。失敬。


それぞれのキャラクターを作って頂きましょう!

現在、同時進行で舞台と照明を 「あんとんね」照明担当 堀内さんに
作って頂いております!
こちらも楽しみです。


園児クラス 授業回数変更 及び 生徒募集中!!!

月2回で実施しておりました、園児クラスを 
この度、2月より 月4回(毎週)の実施を検討させていただくことと致しました。

既にお通い頂いている皆さんの通室リズムもあり
2,3月は月2回、月4回といずれかをお選び頂き 
4月から本格的に月4回で実施いたします。


日程は以下となります。

水曜日園児クラス
16:30~18:00(1月から時間が変更になります。)
土曜日園児クラス
13:15~15:45

なお、1月は水曜園児クラス 7日 21日
土曜園児クラス 17日  31日 が授業日です。


皆さんのお越しお待ち申し上げます。




彩の会 1月

本日は彩の会での授業でした。

基本的なことを学ぶ講座。
この度は 12色相環を作る でした。


長年作品に取り組まれている彩の会の皆さんにとっては
”改めて”の内容ですが 復習と再認識を兼ね
色について考えていただきました。


まずは三原色カラーを使って グラデーションを作ります。
シアン イエロー マゼンダ それぞれの組み合わせで
「虹色」を作り出します。
出来た色から色相環に適した色をピックアップして
貼り込んで完成です。

集中した時間が続きます。

三原色で 様々な色が出来ること わずかな色でも混色することで変化すること


そして、最後に12色相環をどう常に頃の制作に取り入れるかというお話しをさせていただきました。


新年早々 精神統一の必要なカリキュラムでしたが
今回改めて色について学んでいただいたことで
次からの制作にどう生かしていただけるか楽しみでもあります。




あけまして おめでとうございます。

さあ、2009年も始まりました。

たまあーと家は雅なお正月を迎えたのですが
皆さんは如何でしたでしょうか


さて、新年からは7日水曜日園児クラスから通常授業開始です。


今年も皆さんにあーとを楽しんでいただきます!!
プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク