携帯電話が壊れました。

今朝、携帯電話の液晶画面にひびが入り 
画面が見えなくなりました。

現在は代用品にて対応しておりますが
朝、8時から 夜7時までの間にメールをお送り頂いた方、
新しい携帯が来るまで すみません、明後日まで 内容が確認できません。

緊急のご用でしたら 家の電話まで
近日中のご返答が必要な内容でしたらパソコンメールまで
ご面倒ですが お願いします。
スポンサーサイト

スパイラル × らいん 

今日は児童養護施設でのアートワークの日でした。

つなげた 紙にみんなで らく描きのように
線をば~~と 描き続け 空間を作ります。

それぞれに配り その線から見えてくる形を
絵の具などで 更に描き進めていくもの

2009 8 31 アートワーク スパイラルラインズ 051_R

この施設でのアートワークは
偶然性を与えた部分があること
単に上手い下手で判断できないような制作になると良いなと思い
カリキュラムを考えています。

絵を描くことが苦手 な 子も多いと思います。
評価の対象となると それだけで 懸念する子もいるでしょう。


それぞれに表現あり それぞれの懸命さが 
作品の魅力になっていく


楽しい時間を紡いで頂きたい。


作品を通じて 今いる自分を感じて欲しいと思っています。


3回目の 養育室のお子さんとのアートワーク
2回目の 小学生以上のお子さんとのアートワーク

回数を重ねる毎に 心の奥底にある壁も 薄くなってきたかな


ともかく 何が私たちに出来るか

何をこどもたちが要求しているのか

感じとりながら 進めています。

今日のアートワークは たまあーと側 スタッフ計7名
皆さんのお陰で無事楽しく終了しました。

ありがとうございました。

手作り  バスグッズ   良い香り~

2009 8 30 バスグッズ作り 007_R

2009 8 30 バスグッズ作り 004_R

お湯で柔らかくなる樹脂粘土で こねこねこね

石けんと炭酸入浴剤 使った後に 出てくるお楽しみを作っているのです。

2009 8 30 バスグッズ作り 001_R

2009 8 30 バスグッズ作り 002_R

出来上がりは爽やかな香り~~~


ご家庭で楽しまれて下さい!!



と  この講座で夏休みの特別授業はお仕舞いとなりました。


早かったなあ 

楽しい夏が終わりました!

さあ 来年は何やりましょうか!!!!!
たまあーとの挑戦は続きます!

ウクレレ  

2009 8 30 ウクレレペインティング 028_R

ベンベンベン  完成後 アトリエでは
ウクレレの音が響きます。

2009 8 30 ウクレレペインティング 001_R

2009 8 30 ウクレレペインティング 002_R

親子で参加して頂きました!

2009 8 30 ウクレレペインティング 014_R

持ち方、こどもとの大きさの対比で。。。。ギター ロックンロールに
感じちゃう

2009 8 30 ウクレレペインティング 018_R

2009 8 30 ウクレレペインティング 026_R

おうちでもりもり 演奏して練習してね!
個性的なウクレレが揃いました!

風景画講座 茂原公園

2009 8 28 風景画講座 007_R

今日は晴天。

強い日差し しかしながら 爽やかな風。

スケッチにはぴったり!!


2009 8 28 風景画講座 022_R

風景画は構図がまず大事。


つい多くを画面に入れたくなりますが
コンセプトは一つ。シンプルに描きたいものを選んで描くこと。


いらないものは 描かない
上手く嘘をつくこと
踏まえて 絵の中で自然な状態を作ること そのように考えています。


レギュラーの教室にお越しの方でも
風景画を描くことを 目標にされておられる方がいらっしゃいます。

いつもの教室では外に出て風景を描くことは出来ません。

基礎の基礎 静物画を通じて学んで頂いています。


今日のような機会は貴重です。
2009 8 28 風景画講座 017_R

2009 8 28 風景画講座 020_R

2009 8 28 風景画講座 036_R

実際に 外で描くのは 肌で感じる 音 温度 色 香 光。

余所様に見られる緊張感も大事大事。


描くことは全身を使って

実感して頂いたようで 皆さんの作品はとても丁寧で充実していました。


心がぱ~~っと 開いた時間でした。

オニオン新聞 

オニオン新聞さんにたまあーとの広告を載せて頂きました。


こども油絵・デッサン教室大募集です。

この4月から出来たクラスです。

道具も 大人と同様のものを用意します。
一生使える道具を使い
人生の友となる 絵画を 基本の基本から
学んでいければと思っています。

詳しくは パンフレットがございます。お送りしますので
お気軽にお電話下さい!

TEL・FAX0475-42ー6138まで!

人との出会い

人間は新しい出会いを待っている
待っていると神様がセッティングして下さる


と 先日、お会いした飯野晴子さん飯野晴子さん コラムのお言葉です。
飯野さんはこの言葉を信じてこられたとのこと

今日は 飯野さんの言葉をより実感する日でした。

今日のワークショップを担当できたのは
教室に来てくれていた(今ではアトリエのお手伝いをして下さっています!)
Kちゃんのお陰。
青山春美先生にお会いできたからこそ
青山先生もお子さんたちのために全力を尽くしておられる方。
沢山のことを学ばせて頂いております。
青山先生も飯野さんと同じ ひととひとをつなげる方です。


コスモスの花 で ワークショップをすると共に
精神病院のケースワーカーをなさっている K先生に
今日、お会いすることも出来ました。

子育て、人との関わり 今、取り組んでいる、精神障害の方、知的障害の方、
虐待児に対して学びになるお言葉を沢山頂きました。

そして、K先生は高校の先輩でもありました。
一昨日までお世話になっていた森章先生と 同じぐらいの年代の方でした。
なんて ご縁!(なぜすぐに気がついてK先生にお尋ねしなかったのか!残念)



K先生から頂いたお話

自分の感情のトレーニングのこと
肯定的感情をイメージすること

感情はイメージ=想像する 創造するものなのだと 再認識。


私は こどもは 不安が先に存在し
その不安を埋めるのが私の仕事と思っていましたが

不安を娘が持っていたのは私が安心を不安にさせていたのでは
と言う気付きを頂きました。

仕事をすることで 娘と離れる時間が多い私です。

仕事をした、していくことに 後悔はありませんが
不安にさせている 要因となっているのは確かだと思います。

仕事=絵を描くこと 美術を通じての共育活動を
しないで 娘だけとの対峙は私にとっては 難しい。
私のバランスが取れない

子育てと仕事との両立の中で
根本的な考え方を変えていかなければ 
娘に元々ある安心感を壊してしまう と 感じました。


一番大事なのは 家族。とのお言葉 染みこみました。

家族を大事にしないで 余所様だけに ”良いこと”を
偽善じみていますね。


精神を病んでおられる方の原因は家族。
脈々と流れる それぞれの 「家庭のしつけ」
”押さえつけられた”しつけから始まる。


こどもには2,3歳から家事を一緒にすること
待っていなさい!とさせないこと。
何も出来ない子を作る原因になる。

そうじでも 一緒にし 助かるわの言葉が
やる気につなげる

早く済ませたくて 待ってての体勢の方が
我が家も多いかも。。。
時間に余裕があれば ご飯も一緒に作りますが
なかなか。。。。。可能性と本人のやる気をつぶしているな


そして、ぐさりと心に刺さったのは

こどもに自分のことは自分でやりなさいと言うことは NGである。

自分を背負いさせすぎてしまう 
大人になり
自分で成し遂げることが出来なかった時 自分で自分の最後を収める
(自死を選ぶ)ことになる可能性がある 


ではどのように言えばいいかというと

自分で出来ることは自分でしなさい (出来ないことは一緒に)

今、できることだけを無理なくすればいい
という状態、安心した空間を つくってあげること


ああ、私は娘、こたま を追い詰めていたかも と
安心しきった空間を作ってあげられていなかったな


こども時代に私が親から追い込まれていたことと同じことを
していたんだ と 
したくないと思っていたのに無意識のうちにしている。


反省です。

ごめんね。 


今日、K先生にお会いできて良かった。

個展に向けて1ヶ月半 追い込まれている時に
お会いできたこのタイミングもご縁ですね。


コスモスの花でのお仕事の帰りに
児童養護施設でのアートワークに際して ご助言を頂いた
先輩のお宅に寄って 今までの報告も出来ました。
また、今日もお力を頂きました。


こたまを預けている実家に戻り。。。

預けられる 助けてもらえる家族が側にいることに感謝しました。


飯野さんから頂いた 飯野さんの人生を 辻仁成さんが綴った記事を
思いだしました。

私の周りには前向きで 生き方をクリエイティブに
人間関係をプラスの力で満たしている方ばかり
本当にありがたい。


様々、悩んだけれど たまあーとをはじめてよかった。
教室に来て下さる方も私にとっては大事な先生。


人は人によってでしか磨かれないの言葉 大切にします。
出会いを育てていくことがまた、私にとっての課題であると感じました。 

コスモスの花 ワークショップ  森の中で。。。

2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 003_R
今日は 香取市にあります、コスモスの花HPでの
ワークショップでした。

隣接している 森の中での制作です。
昨年は二度実施しました。
昨年9月のワークショップの様子
昨年10月のワークショップの様子

本日のカリキュラムは
木をかこう (至光社国際版絵本)木をかこう (至光社国際版絵本)
(1985/01)
ブルーノ・ムナーリ

商品詳細を見る
木をかこう
の中の 木は長~~い紙 から出来ている
と言う発想を参考にしながら描きました。

このカリキュラムは たまあーとのこども教室でも
個々に制作したこともありますし
先日のあーと合宿パート1でも 行いました。

今までは アトリエでの制作です。
今日は 本物の森の中での制作。
出来上がった作品はより優しくゆったりとしたものが出来上がりました。


ロール紙を切っているところです。
今日は10Mの長さの紙を使いました。
2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 075_R

茶色という色に 正直 あまりにも 木のイメージに
当てはまりすぎるかな と思い
ピンクの色も用意しましたが

晴天の中、森の影に包まれたブルーシートは
空の海を地上に生みだしました。
ブルーの上のブラウンはとても美しく映え
そのエネルギーをそのまま頂くことにしました。

2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 009_R


チョキチョキと紙の半分ぐらいまで切れ目を入れて
枝を伸ばします。
こんなに 長く紙を切ることはなかなか無いでしょう!

ちょっと曲がっても それは木の幹っぽくなって 素敵
すごく曲がって 切れちゃったら テープでくっつけて
小枝にしてしまえば良いんです!

木が出来たら
木の葉っぱ 花 実、、、 木に宿る生き物
実際にいるもの 想像のもの。。。
さあ 描いてみましょう!
2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 083_R

2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 030_R

2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 039_R

蜂が飛んできたり 蟻が這ってきたり 蝶が舞ったり

本物の生き物が私たちの木に集まってきます。
もちろん 蚊も!!

落ち葉もひらりと。。。。

描かれたものははさみで切って
木に貼り付けます。
2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 098_R

落ち葉も貼りました!

手の葉っぱも!!
2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 066_R

周囲の杉の幹に貼りたい!と言ってくれた子もいました!
2009 8 26 コスモスの花 ワークショップ 091_R
素敵その発想!!
ちなみに画像でわかりますでしょうか。。。。。

木の幹の止まったまま 死んでしまった蝉の周りに貼ってくれているのです。
お友達 と

この蝉 所謂、冬虫夏草 虫に寄生する菌類が宿ったものではないかと思います。
白く粉を吹いていました。
成虫に宿ると言うことは、、、調べてみましたら
セミノハリセンボン かも。。。。。
貴重なものを見ることが出来ました。
生き物のめぐりのひとつです。


あるお母様が マイナスイオンがいっぱいですね と
おっしゃていました。

本当に心地よい風の中で 柔らかい日差しの中での
制作は 心の扉がゆるりと 開かれていきます。
落ちついた 安心する空間が
森の中に出来ました。

これも コスモスの花のスタッフの皆さんの
準備があってこそ 
ほどよく管理された 森があってこそです。

あーと×自然×人 が産み出す
心地よさがありました。


良いお時間をありがとうございました。

そして、参加して下さった皆さん
ありがとうございました!

アルベール・カーン 再放送

2008年の一月にも放送していましたが
また、最新作も含めて 放送されていますね。
BS ドキュメンタリー


100年前の世界がどれだけ多様性があったのか

その民族性が失われた 理由の一つである戦争が
どんなに 悲しいことなのか と知ることが出来ました。
以前の記事はこちらです。↓
アルベール・カーンの記事 2008.1

アルベール・カーンの本も出ています。
2008年の放送の際に 即、予約注文!その時は英語版だけだったのに~~
今度は日本語で 日本だけの特別編集!!!で
出ています~~~ う==ん 新しいの買おうか どうしようか~ 
あああああ、 悩みます。
アルベール・カーン コレクション よみがえる100年前の世界アルベール・カーン コレクション よみがえる100年前の世界
(2009/08/25)
デイヴィッド オクエフナ

商品詳細を見る

民族衣装なども 教室の参考になります。

深夜なので DVDに収めて貰おう!

森の木々たち 第二章 搬出

本日は展示の最終日
搬出に行って参りました。

本当に本当に森先生 ありがとうございました。


兎角、個々での活動が多い 美術家。
こうやって みんなで集い 刺激し合う場を作って下さったことを
感謝します。

森章先生が 赴任された
若松高校 茂原高校 長生高校のOBOGで
森先生の指導を受け 美術関係の仕事をしている方たちの集いです。

私は森先生の直接の教え子ではありません。
森先生が茂原高校に赴任され
長生高校、茂原工業高校との三校合同展で 
お会いし 人生を変えるお言葉を頂きました。

森先生は 高校、大学の先輩となり 
美術の道を進もうとする 高校生の私にとってはあこがれでした。

芸大を受かるにはどうすればいいのですか!

と 今考えれば 赤面、穴に入らねばならない 私の言葉に対して

毎日描けば良いんです。と一言 おっしゃって下さいました。

努力より先に早く受かる方法を得ようとしていた自分が恥ずかしかった。
それだけ追い詰められていたともいえますが 赤毛の至り
それから 毎日、毎日 受験まで描き続け
今まで 毎日 毎日 美術に関することをし続けています。

大学に入ってからも 一宮に戻ってきてからも
ことあることにご指導を頂いています。

一昨年の夏は一緒に長生高校の美術室で制作をさせて頂きました。
こたまを背負いながら。。。ご面倒お掛けしました。。。。。


第一章は若松高校のOBの方が企画して下さいましたが
この度は 森先生の音頭によるもの。


出身高校、大学、年齢、そして 技法は違えど 
美術の世界で生きていこうとしている方との
交流はするりと 笑顔が生まれる会話ばかり 楽しい!

そうそう!それわかる! そうそう!それそうですよね!

同じような体験をした 人だからわかる  腑に落ちる話。



第一章は表参道での展示でした。
こたまがまだ小さいのもあり 搬入出も参加できず
不義理を致し 皆さんにもお会いすることが出来ませんでした。

今回もアート合宿があり 最終日だけの来場、搬出作業となり
申し訳ないかぎりでしたが 皆さんにお会いできて嬉しかった。


皆さんがご努力されているお話。
とても励みになりました。



Mさんの アルバイトをしてから 高校に行き 放課後は ふなびに行き
12時に帰宅する美大受験の日々のお話。
卒業後の パリでの 売り込みのお話。
お金がないからと 美大受験をやめる子がいますが
お金は作るものです。その言い訳は 本気ではない証拠。
お金が無くともみんな工面して 夢を実現しようとしているのです。

Sさんの八丈島での修行のお話。
Sさんのお話は 色々な方面から伺っていて
いつお会いできるかと楽しみにしていました。
ブログ染織日記+あるふぁも時々拝見させて頂いていて。。。
Sさんも当ブログを見て下さっていたようで。。。 ありがとうございます。


努力されているけれど 夢のため
だから苦になっていない 当然のこと と
前を向いて エネルギーを放出している
その心構え! そうそう !!!それそれ!!

ご縁あって 森の木々たちの すでに 実は 枝となっている
たまあーと生 Kくん!! よ~~~く聞きなさい!!!!!
まだあなたは 心に火がついていない!

情熱、 費やさなくちゃ!
自分の含めてです。
ああ、まだ私は甘いなあ
懸命に生きている方が身近にいることは 励みになります。




この度の森の木々たち第二章の DMを
教室の皆さんにお配りしました。

そうしましたら

教室にお越しのお子さんたちのお母様から

森先生って!あの森先生ですか!
と 
そう、森先生の教え子さんが幾人か現れました!
先生の美術の授業は楽しかったんです。
森先生良い先生ですよね。。。


森先生の美術の授業を通じて
アートは面白い と言う思いを心にお持ちになり
それを お子さんに。。。。。
そして、たまあーとを選んで下さっている方が
おられる。
森先生が蒔いたアートのたねが育ち
たまあーとに という 循環が生まれていたのです。


なんとありがたいこと!!!!!
幸せなこと!!!!!


主人のお祖父様からのご縁のある方と
Iさんが親子でいらした事実!など ああ、ご縁が深いって嬉しい



森章先生という大きな樹から
様々な樹が育ち 様々な循環を作る


これは美術を通じての共育活動をしている
人間にとって 大きな目標でもあり励みでもあります。


10月の個展 がんばります。描くしかないです。

そうそう、私の個展は10月12日~17日までですが
森章先生の個展は10月19日~24日まで
銀座Oギャラリーで開催されます。一週違いなのも
ご縁です。

森先生、本当にありがとうございました。



そして、お忙しい中 お越し頂いた教室の皆さん、ありがとうございました!

 

びっくりした!緊急地震速報

そろそろ起きようと 携帯で時間を確認
カバンに入れたとたんに 今まで感じたことのないリズムの
メールの着信サイン  

何だ!

緊急地震速報
千葉東方沖で地震発生。強い揺れに備えて下さい(気象庁)

との内容。
あにい  東方沖って 一宮の沖だっぺ!

と20年前の地震が脳裏に浮かびました。
確か 速報のあと長くても 15秒後ぐらいに 地震が来るんじゃなかたっけ!

寝ている こたまを タンスから遠いところにどかして

待機。


でも。。。 地震は来ず。
よかった。
誤報かもとのこと(ブログを描いている現在では)

僅かな間でも地震に対して構えられるだけでも違うかも知れない
そう考えました。

料理中だったら 火は消せるし
食器棚があるところから 逃げるぐらいは出来るかも
車は脇に寄せられそうです。
これだけでも 地震に対しての対策にはなるはず。

しかし。。。
携帯メールで 緊急地震速報が来ることも知りませんでした。
勉強になりました。
#追記 私の携帯電話は Docomoです。# 


今回のことを たまあーとの授業中に例えると アトリエにはテレビは無し
ラジオはあるけれど 授業中はつけません。
携帯電話も授業中はアトリエ内には置いていません。


速報を知る手だて 考えた方が良いかな
勉強します。

一宮町の 防災無線からも何もありませんでした。
電車も変わらず走っていました。
緊急速報に対する場内アナウンスも無しでした。
(我が家は駅のホームから見える位置にあります。
アナウンスが良く聞こえます。)

公共は地震が起こってから動くのかな  と
思ったり


この辺りでは いつ大きな地震が起こっても
おかしくないので対処は常々考えねばなりません。

誤報は人為的なものなのだろうか。。。。。 
ならば 今頃 叱られている方がいるのだろうか。。。
更に技術を高めて 安全をご提供下さい 気象庁さん。

今朝の速報に翻弄されましたが
こういうことかと ある意味 予行演習になったのは事実。
防災の日を前に勉強になりました。

あーと合宿 パート2  2日目 楽しかったなあ!

12時近くまで 次の日の準備& 諸々をしていた こまちだ。。。
アトリエからは ひそひそひそ。。。。。。 話し声が
眠れなかった いや 寝なかった!子たちが 暗闇の中
おしゃべりしていたみたい

次の日のこと 考えると 寝なさい!っと なるけれど

人はお互いの気持ちを吐露しあうことで磨かれるもの
寝ずにお話ししたなんて それも長い一生を考えたら
そんなに無いことかも! 朝、目覚めたあとのすっきり顔は
素敵でした。



朝、6時半起床なのに。。。 みんな5時に目覚めたみたい

お腹もすいて

さあ朝食!制作。
この度はこの絵本のなかのメニューから
とびきりおいしいスープができた!とびきりおいしいスープができた!
(2007/03)
ヘレン クーパー

商品詳細を見る


2009 8 23 あーと合宿 朝食 001_R
スープ 完売でした!美味しかった!

そして、パウル・クレーのレシピから
ロシュティ を
2009 8 23 あーと合宿 朝食 002_R
本当は お好み焼きのような形態になる予定だったけれども

ジャガイモが少なかったようで。。。
でも 味は抜群!

スイス生まれ ドイツで暮らした クレーはジャガイモ料理が 多いですね。
クレーの食卓クレーの食卓
(2009/03/05)
新藤 信(日本パウル・クレー協会)林 綾野(日本パウル・クレー協会)

商品詳細を見る
に掲載されている 麦のスープも絶品でした!

ついでに お昼の準備もしました。
白洲次郎・正子の食卓白洲次郎・正子の食卓
(2007/01/24)
牧山 桂子

商品詳細を見る

より 韓国の料理 サムゲタンを作りました。
丸取りがなかなか手に入らなくて なっちゃん先生が苦労して
鴨川の鶏肉専門店から 手配して下さいました。
お腹に お米と ゴボウ、ネギなどの野菜を詰めて
(本場は高麗人参などの薬膳野菜が入りますが。。。)

とろ火で じ~~~くり 煮込むこと約4時間
2009 8 23 あーと合宿 サムゲタン! 001_R

2009 8 23 あーと合宿 サムゲタン! 002_R

味付けはせず煮込みます。
お好みで 塩などで調味して 頂きました。
韓国ならば様々なキムチが付きますが

滋味豊富な 深い味に感激

時間という最大の調味料に感謝です。


同じく白洲家のレシピから
2009 8 23 あーと合宿 サムゲタン! 007_R
しいたけのオイスターソース炒め

シンプルな調理 味 素材を生かしています。美味しかった!

椎茸苦手な子もチャレンジ!
これを機会に好きになってくれる子も多いと良いなあ。

ちなみに
白洲次郎・正子の夕餉白洲次郎・正子の夕餉
(2008/12)
牧山 桂子野中 昭夫

商品詳細を見る
もお勧めです。

料理のレシピだけでなく 器や そのお持てなしは勉強になります。


ちなみに 美食家 料理好きで有名な絵描きさんとして 
ロートレックも有名。
でもレシピ集が見つからず。。。。。 次の目標にします!

今年はともかく「食」も 良かったです。

キャンプ=カレー じゃあ つまらない

面白く 生活が楽しくなる展開をと思って常ずね思っていますが
なっちゃん先生の研究の成果が出ています。



さてさて、あーと合宿ですから  制作についてのご報告も!
まずは フレスコ画!
昨日の下地は きっちり乾いて
今日は更に3層  塗っては乾かしを繰り返しながら 層を高めました。


平らにっていうのが 難しいね。

丁寧にペインティングナイフを使っては ならし
木やコテでしっかり 押さえつけて 砂地を整えていきます。

この下地に時間を費やしました。


何事も 基盤作りは大事大事。

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 004_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 008_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 010_R


最後の4層目が乾ききらないうちに
顔料と水を混ぜた 色で描きます。

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 014_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 027_R


全員の完成さんが乗せられなくてごめんなさい
皆さん充実した作品が出来ましたよ!

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 022_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 021_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 032_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 031_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 025_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 017_R

2009 8 23 あーと合宿 フレスコ 016_R

作品は是非、大事に宝物にして下さい!
管理が良ければ一生持つ作品です。

大江先生にフレスコ画を研究していただきました。
良い授業でしたね!


フレスコ画の下地を乾かしている間に
ボックスアートの準備をしました。

箱を作ったり
エスキースを描いたりとしながら 時間を有効活用。
しかしながら 時間切れの感 ありになってしまいました
が みんなラストスパート! 集中して作って下さいました。
2009 8 23 あーと合宿 ボックスアート 018_R

2009 8 23 あーと合宿 ボックスアート 003_R

2009 8 23 あーと合宿 ボックスアート 012_R

2009 8 23 あーと合宿 ボックスアート 013_R

2009 8 23 あーと合宿 ボックスアート 017_R

2009 8 23 あーと合宿 ボックスアート 021_R

全員のせられなくてごめんなさい。
短時間だけれど それぞれの世界をパッと生み出せるところに
たまキッズの 表現力の強さを感じました。


ともかく 常に何かを生み続けるあーと合宿。
今年もパート1 パート2 と
充実した時間と エネルギー溢れる 作品が生みだされました。


良き時間を育ててくれた
大江晃世先生 門脇郁実先生  川口旅花先生 小林あずさ先生
船間真貴先生  村田なっちゃん夏子先生に感謝いたします。


そして そして 参加して下さった皆さん!!!!!
ありがとうございました!!!


来年は何しようかな~~~~~~~~~~~~~~~~

もう、来年へ向けて 始動開始です!
またのご参加お待ちしております!

すこぶる順調! あーと合宿 パート2

時間は押せ押せ が 普通のあーと合宿。
充実しているのに 早く「こと」が進む そんな回がこの度の
あーと合宿です。

もう既に みんな 布団を敷き終わり 自主的にトランプ大会に。。。

高学年が中心の募集であること そして 11名の参加と
今までのあーと合宿ではめずらしく 少人数、ということもありますが
非常に機転の利くメンバーが多いということもその理由かな!??


さてさて、本日は まずはフレスコ画の下地作りから!
フレスコ画は イタリア語のフレッシュを意味します。
漆喰が乾かないうちに顔料で描いていく技法

そう、まだ 絵画が建物の中に存在していたときの
技法と思っていただけると良いかなあ

木製パネルに下地になる 砂の面を作りました。
2009 8 22 あーと合宿 フレスコ画 下地 001_R

2009 8 22 あーと合宿 フレスコ画 下地 003_R

2009 8 22 あーと合宿 フレスコ画 下地 005_R

丁寧にねえ。。。。 ペインティングナイフで整えます。
集中 大事 大事!!!!

お外で からっと乾かせました!良かった!

漆喰も水に浸して一晩おきます。
2009 8 22 あーと合宿 フレスコ画 下地 008_R

その作業を見学か!
擬態したカエルを発見!
頑張って真似てるよ土壁に!!
2009 8 22 あーと合宿 発見 擬態ガエル 002_R

早めに お昼をとって
午後の授業に
七宝焼きとフュージング硝子制作です。

2009 8 22 あーと合宿 七宝&フュージング硝子 002_R

2009 8 22 あーと合宿 七宝&フュージング硝子 006_R

2009 8 22 あーと合宿 七宝&フュージング硝子 007_R

七宝焼きはフォークに
フュージング硝子は ストラップになる予定!

フォークは接着中。ストラップは徐冷中。完成までもう一息です。


そして、夕食作りへ~~~~~~~

今晩のお献立は!
芸術家の愛した料理から
白洲次郎、正子ご夫妻の好んだ 中華サラダ
パウル・クレーの好んだ たらの水煮 です。

やはり 器は大事と 前回の反省から
我がアトリエで一番高価で お気に入りの
藤原ひろ子さん、大原功樹さんの器も登場!
2009 8 22 あーと合宿 夕食 002_R
ワンタンの皮をあげたものを 野菜の上にかけるのですが
美味~~

2009 8 22 あーと合宿 夕食 003_R

私が大原氏の弟子時代の駄作 
とっても思いすり鉢も登場! う~~んやっぱりいまいち!
2009 8 22 あーと合宿 夕食 001_R

今回の傑作は
何といっても鱈の水煮

ジャガイモとニンニク パセリと煮込むのですが
美味しい!!!!!!!!!!!!!!!!!
2009 8 22 あーと合宿 夕食 007_R

合宿の記憶に残る逸品になりました。

参考文献として 使わせていただいたのは
白洲次郎・正子の食卓白洲次郎・正子の食卓
(2007/01/24)
牧山 桂子

商品詳細を見る


クレーの食卓クレーの食卓
(2009/03/05)
新藤 信(日本パウル・クレー協会)林 綾野(日本パウル・クレー協会)

商品詳細を見る

です。
明日の朝は絵本の中に出てくるスープを 作ってみます。

味もさることながら 手際も早く 5時半には夕食開始
6時半には片づけも終了!
チャキッときれい すごいなあ


お楽しみ 花火の時間へ
2009 8 22 あーと合宿 花火 016_R

2009 8 22 あーと合宿 花火 004_R

2009 8 22 あーと合宿 花火 005_R

2009 8 22 あーと合宿 花火 010_R

2009 8 22 あーと合宿 花火 011_R

2009 8 22 あーと合宿 花火 017_R

画像で見ると情緒がありますが。。。。。
それなりにファイヤーワークな 花火大会でした。

子供たちと花火って 良いですね。
元気貰います。

布団リレーは相変わらず たまあーと名物で楽しい!!
画像が無くてごめんなさい。
というか 撮る間何て無し 
布団が流れていくのですから! すごいですよ~
布団敷きもちゃっきりおわり。。。。。
2009 8 22 あーと合宿 布団敷き 001_R

2009 8 22 あーと合宿 布団敷き 002_R

ブログを綴っている間に予定通りの消灯時間。

あれ??枕投げなかったみたい!
(実は私は逃げていた。。。。。。 凄いんですよ いつも!)
う~~ん おとなな あーと合宿。
常連さんも多い回だけに  
また、お手伝いをして下さっている
なっちゃん先生 大江先生 門脇先生も
指導に磨きがかかっただけに  するりと終了です。

部屋も真っ暗に。。。。。。。。 寝たかな。。。。。。。。。。。

いや。。。  突然、笑い声が湧いてきているぞ!

とってもみんな仲良しな空気が強いのも良い感じですね。

無事に今日も一日が終了しました!
みんな元気です!

お休みなさい!
 

あーと合宿パート2

さあ、パート2 始まりました!

暑いですねえ。
熱中症に気を付けて!参りましょう


暑いお陰で フレスコ画の下地もばっちり乾きそうです。
良かった良かった!

さあ、楽しく参ります!

ステンドクラス 

今日も充実した 時間でした。
午後からは ステンドグラスの講座です。


硝子も 扱いを荒くすれば危険なもの
そしてそれを接着する ハンダも危険な道具です。


受講された方。。。。。 こまちだ 怖いなあ と思われたことと思います。
すみません。 危険なものは危険!と踏まえた上で 授業を展開したかったもので

道具を扱う  技術を身につける 道具を手の内に入れるということは
自分の表現の幅を広げることに繋がります。


大学時代に 一番厳しかったのは 木工室の先生でした。
いつも怒鳴られてたなあ  目は優しいのに

ばかやろう  と 何度も


お影で大きな怪我無く ここまで来れました。
そして、色んなものに挑戦できました。

感謝しています。

同じようにとまで思いませんが。。。自然と 言葉がきつかったかな。。。。
と すみません、やんわりと だめを表現できる人間性が足りないなあ と 
反省です。


道具を使うということは 自分に対して危険を与えないことだけでなく
周囲の方にも危険を与えないこと

道具を使っている人に対して 手を前に差し出したり
急に声をかけたり 触れたりしないこと


相手の空気を読む  思いやりにもつながるかな と思っています。


学校ではこういったことは授業ではなくて、、、、そういって下さった
お母様もいらっしゃいました。


色んな事を経験することは
社会に出たときの可能性を広げることになると思います。

危険だから。。。。。

転ばぬ先の杖が多すぎることの無いように 
そんな風にも思います。


さて、今日も画像は無し 
制作に集中!集中!!!!!!!
ぴりりと 良い時間が流れました。

最後まで 集中して制作して下さった 参加者の皆さん。
機転を利かして みんなを成功に導いて下さった スタッフの皆さんに感謝です。


硝子の美しさを堪能して下さい。

お家で是非使って下さいね。
もし 破損などが生じた場合には 修繕も致します。
お気兼ねなくどうぞ(もちろんたまあーとで作ったものは無料メンテナンスですからね!)

ご参加頂きありがとうございました!

針金彫刻

2009 8 21 針金彫刻 019_R

午前中は針金彫刻の授業でした。


台をつけて 制作する方
そのまま 針金のみで作品を作る方
それぞれ

イメージに合わせます。

ぐるぐる巻けば巻くほど 量感が出てくる

空間性を生かして 間も形に入れることも出来る

それが針金彫刻の魅力でしょうか

2009 8 21 針金彫刻 005_R

2009 8 21 針金彫刻 014_R

2009 8 21 針金彫刻 023_R

Sさんは ご夫婦でご参加です。
ご主人様は ご病気から半身麻痺されていらっしゃいます。

日頃、彫塑に取り組まれており
その学びのヒントになればと ご参加下さいました。
奥様が 片方の手になり 共同作業です。


ご苦労 ご心労多々お有りだと思います。
その中、笑顔を忘れず 過ごされている ご家族に勇気を頂いています。


そして、この講座にはまた大きな出会いがありました。
Tちゃんは 小学生からたまあーとに通ってきてくれている10年選手。
高校2年生です。

そう進路決定に向けまっしぐら 

彼女は 作業療法士を目指しています。

今日、Sさんのご主人とお会いでき リハビリを懸命に続けていらっしゃる方の
本音のお話はこれから 将来に向かって良い学びになったと思います。


特別教室の おもしろさ それは 
通常授業ではクラスが違ってお会いできない方との出会い でもあり 
大袈裟ではありますが それは それぞれを実は運命的なもので結びつけている
と 思わずにはいられない出会いでもある なと 思うことが多々あるからです。


美容師を将来にと考えている Rちゃんは おばあちゃん、お母さんが美容師さんでもある
Yちゃんとの出会いがあり。。。。。。と


たかがたまあーとの授業 されど その一瞬に込められた 偶然は
大きな意味に変わることがある。

主催者にとっても 気持ちを律するところであり
嬉しさでもあります。



Sさんの作品はお孫さんに喜んでいただけましたでしょうか??

私のとっても幸せ感の多い時間でした。

上総一ノ宮  地引き網

小学生クラス Y君、Tちゃん 兄弟 そして 従姉妹のTちゃんから電話

先生、地引の 鰺いりますか??

ありがとう!!!!!!


この電話には3つの嬉しさが含まれています。

一つ目は 新鮮な鰺が頂ける!!!!!
二つ目は 魚の調理が出来る人 として認められた、選ばれた人!!??
三つ目は 今年に限ってですが。。。。。 海が正常に戻ったんだな ということ。

三つ目に関しては今年は海流が 冷たくて 漁がイマイチだったとのこと
魚が来ない!

そう、今年の夏は有難いようですが ともかく涼しい。
寒いくらいの海風が吹いてきました。
やはり 地球はおかしいんです。




大漁の時は 鰺のお裾分けが来ます。


今年、初のお裾分け
この時期にはめずらしい。。。。

実家にもお裾分け

本当に有難い 海の恵みを みんなで分かち合う 喜び

地元の人は こうやって つながっていったんだなと感じます。

大事に食させていただきます。


電話くれてありがとう!
お魚のエネルギー  たまあーとに還元していくよ~~~~~~~~~~~~~~!

ユリを描く

生花を描く 

レギュラーのクラスではなかなか取り組めません。

2時間の授業では 描ききれません。
次の週も と 
用意しても同じお花はありません。
花にも個性があるのです。


本日はユリを描きました。

ユリはいつもお願いしている町の花屋さんのお願いしましたら
今日の朝 開いているように 調整して下さいました。

いつもの授業よりは長いですが
花の性質を考え 3時間半の授業。



リミットがないレギュラークラスでは
じっくり自分の納得のいくまで描く 表現の追求が出来ますが

制限のある制作は
かえって この短い時間をどう使うか
あーでもこーでも考える、実行する時間が無い分
端的に自分のやりたいことだけが見えてくる
思い切りが良くなる様に思います。



そして、集中力  言葉のない時間が続きます。


出来上がった作品はどれも力強いものばかりでした。


画像を頂けば良かった。。。。。。



今回の講座を受けて下さった方の今後の作品がまた、楽しみです。

お知らせ届く

藝大の大学院の研究室で お世話になった 坂口寛敏先生より
メールを頂きました。
不肖ものの教え子の私にまで 恐縮至極に存じます。

今晩、
NHKの番組 『爆笑問題のニッポンの教養』スペシャル
NHK総合:8月17日(月) 22:00~23:13に
お出になられるかも との お知らせでした。
表現力!爆笑問題×東京藝術大学

土曜、こども教室を担当していただいている
大江晃世先生から 講評会に 爆笑問題のお二人がいらっしゃるとのことは
伺っていました。
大江先生も出るかも!!!????

私が 学生の時は講評会はあくまでも 内覧で
教授先生方に あーでもこーでも 。。。。。

あの時は上手く言葉で自分の作品が表現できなくて
言葉で表現することの意味を見いだせなくて

でも、懸命に作品作るだけで


いま、個展に向けて作品を作っていると
誰かに講評していただくことの ありがたさを 実感します。


芸大も開かれた空間になってきたんですね。
そんな中で学べる 学生さんはより 磨かれたアーティストが生まれてくるんでしょうね。


残念ながら夜10時は 3歳の娘を持つ人間にとっては真夜中。

DVD(録画システム)を持っていない我が家は 実家に録画を頼んでいます。
本日はオンタイムでの放映は拝見できませんが

今の学生さんの状況と 懐かしいお顔との再会知り合いの出演!?を楽しみにしています。

川のほとり の ひととき

森の木々たち第二章に 出品させていただきます。
S15 一枚。

10月の個展 出品作品と平行しての制作で
ばたばたばた。。。。  たった一枚 されど一枚。
産みの苦しみ味わいました。
お知らせは↓以前のブログをご参照下さい。
森の木々たち 第二章

申し訳ないことに予定が入り19日の搬入には出向けず
明日、宅配の手続きをします。
その為にも早く乾いていないと。。。。。


ばたばたと 時間を消化する中
嬉しい一時を 頂きました。
飯野さん、と 美しい。。。 お嬢さんお二方と
ケープタウンガールズの メンバー内の方と共に
畏れ多くも お昼をご一緒させていただきました。
プレジャーガーデン&リビングさんブログ

どちらで。。。と 申しますと
カフェ フューシャさんにて 
南白亀川のほとりに 静かに佇んでおられる 白い空間です。

雰囲気も良かった。お料理も美味しかった。

何より 皆さんとの お話しも 心に響く 学びになる深い事項から
この界隈をも賑わせている ゴシップの その根底に流れる歴史まで。。。

家族はおれど 一人で アトリエで自分の作品に立ち向かっている
時間が多かっただけに 
人との交わりの必要性を 再実感。
皆さんのお話一つ一つが 心に染みました。
あああ 楽しい時間でした。

私は寝不足でぼやっとモードでしたが。。。。。



こたまと主人はその間、私に内緒で旅に出て。。。
あーと合宿のリベンジ兼ねてくれたのか、千葉市動物園に行って 
楽しんでくれていたようで 安心。感謝感謝です。


さあ、今日も絵を描くぞ!!

このおやすみがまとまって絵が描ける最後です。

頑張ります。

個展作品製作中

主人がこたまを見てくれている間 
絵が描けます。
ありがたや~~ お昼も2日連続作ってくれました。


といっても 

お日様でたら 布団干して 洗濯して 掃除機かけて おさんどん作って
家庭行事もあるし

個展をするということは
ぺーぺーの 私にとっては DM作り すなわち広報も
自分の仕事です。
昨日やっと 原稿を送りました。お盆休みだけれど。


集中できる時間はほんの僅か


気持ちの切り替えは 音楽。

もう、懐メロになってしまったのか??ピチカートファイブかけまくり
20年前です。

新しい音楽は嫌いではないけれど 
調べる間がない 買う間がない

ネットで 変える時代でも

三足のわらじを履く人間には
その時間は貴重。


作品を作る前に 時間を作る

自由に作品が作れた 遙か昔の学生時代と違って
生活という 生きるリアリティに溺れそうになりながら
描く行為は より がむしゃらで 自分に対して 負けてたまるか!
という思いが強い感じがします。


といいつつ 文章を作る 間があるのですから恵まれています。

一人で 高校の美術室で 不安と闘いながら描いていたあの時より
どんなに幸せなことか!
初心忘るべからず。
2009 8 13 アトリエ 001_R



さて、乾燥時間 休憩終了 制作に戻ります。

あーと合宿 パート1 2日目!

第一の目的地だった 千葉市動物園にいけなかった面々。


残念だったね。。。。。私も動物たちに会いたかった。

朝ご飯を作り お昼の準備をして。。。


当然のことながらテンションの低い面々。そうでしょうそうでしょうねえ。


でも致し方なし。。。。。

ここのお天気が良くても 現地は???はかりかねません。

で 変わってのカリキュラム1は
大きな木を描こう!

これはブルーノムナーリの 木を描こうという 絵本を参考にして行った
授業の本物の大きさ版です。

今度8月27日にコスモスの花でも行う予定のカリキュラムです。

10Mある 長い紙をさ~~~~~と伸ばして。。。。
2009 8 11 あーと合宿 パート1 006_R

縦に切って 切って切って 枝を増やしていきます。

2009 8 11 あーと合宿 パート1 012_R

その木に宿る 生き物、植物を描いて貼り付けていくというもの

2009 8 11 あーと合宿 パート1 015_R
まず最初に感度の良いKくんが何も言わずに太陽を描いて
木の上に。。。。。

雨だった二日間の願いを込めてますね。。。。 素敵な前向きな感性!

2009 8 11 あーと合宿 パート1 016_R

2009 8 11 あーと合宿 パート1 013_R

2009 8 11 あーと合宿 パート1 021_R

2009 8 11 あーと合宿 パート1 053_R

2009 8 11 あーと合宿 パート1 033_R

鳥、小動物、ツリーハウス、巨大カブトムシ や 空飛ぶ人まで!

みんなの想像力って本当に素敵!


お昼はおにぎりを握って 
パウルクレーの愛した フリカデル という メンチカツのようなものを
作って食しました。

形は、、、、ですが味はGOOD!


午後一番で 雨の中 お散歩しました。

みんなの表に出たい気持ちが伝わったからです。
猛風雨だったなら NGですが。。。

なんだか、彼らの中に 動物園、もしくは美術館へ行けなかった 
鬱屈がたまっているように感じて。。。

雨合羽を着て出発しました。


イメージと実体験は違います。

ずぶ濡れになって 雨の冷たさ感じて やはり出かけるのは無理だったかも
と感じて貰えたように思います。

たかだか往復10分の 新生橋へのお散歩でも。。。。。
雨の強さ 風の強さ 感じたかな。。。

外に出られたということだけでもすっきり出来たかなあ



濡れた洋服を着替えて 次のカリキュラムへ

次は感情を描く を体験して貰いました。
当初の計画では 動物たちの写生用にと用意したスケッチブックです。


パステルを使っての描写です。
2009 8 11 あーと合宿 パート1 056_R
まずは好きな色、形から

その次は。。。
嬉しい、楽しい、悲しい、つまんないetc

と気持ちを色と形で表現します。
2009 8 11 あーと合宿 パート1 067_R

2009 8 11 あーと合宿 パート1 065_R

先生方にもお題を頂きました。

おいしい、ありがとう、 痛い!まで

2009 8 11 あーと合宿 パート1 068_R

子供たちにも出して貰いました。
Tくんの 死んだときの気持ちという 言葉はびっくりしましたが
昨今の小学生の死生観って??と あえて描いて貰いました。
死があって 生があるのですよね。

描くことをためらう子もいたし
表題をお母さんに教えると。。。と あえて控える子もいました。

2009 8 11 あーと合宿 パート1 075_R

2009 8 11 あーと合宿 パート1 077_R

いわば無意識と意識の部分を垣間見るようなカリキュラムですが
みんなはすんなりと表現してくれました。

描きながら お互いの作品を見て わかるわかる!の言葉が飛び出すのが嬉しい。


お母様がデザインする洋服と同じ色味を描き出していたIちゃん
環境×遺伝子 感じました。

絵を描く行為を通じて 言葉の拾い方も 個人差があることを
知った時間でした。

最後のキーワードは 始まりの気持ち。
その前に終わりの気持ちを描いたので
その返句として あえて 終わりに始まりを。。。。

期待と不安が入り交じった感情が表出していました。 

抽象画の始まり そんな表現時間でした。



あいのたたき染め未体験者は その後、実施して貰い

最後掃除をして 解散のご挨拶。


二日間あっという間 でした。


みんなぐっすり寝ているだろうなあ。。。。。。。。。

ご参加いただき皆さんありがとうございました!

 

あーと合宿 本日の日程変更について

ただの雨ならば お出かけするのですが。。。。。。


お出かけ中止の決定に


動物園行きたかったのに、、、、、と呟くみんな
そうでしょう そうでしょう そりゃそうでしょう

私もそうしたかった。


今後、雨がやむ予報も出ていますが
何せ相手は台風。

ゲリラ豪雨が通常の昨今。
電車が止まることも懸念し

今年はアトリエで制作となりました。


お迎えのお時間は変更無く5時です。



出かけなくなった分の埋め合わせアート三昧 楽しんでいただきましょう!

明日の合宿の日程について

台風が近づいていますね。

天気予想図と実際の天気と みんなの意見と相談しながら
朝、決めたいと思います。


幾人かのお家の方に

先生台風で大変ですね!
とお声がけ下さいました。


でもね、、、、、、あーと合宿 第一回から三回までは 台風だったんです。
直撃の時も

台風でお部屋に缶詰になっても
アートは楽しめます!


アートのおもしろさお伝えします!!!

はじまりました! あーと合宿パート1

たまあーとの新アトリエが出来て もうじき10年目。
9回、夏を迎え 毎年行ってきた あーと合宿が
今日も始まりました。


今年も去年に引き続き2回実施です!

今年はお馴染み 村田なっちゃん夏子先生、 船間真貴先生、
東京芸大先端芸術表現科在籍の 川口旅花先生、小林あずさ先生に
お手伝いいただいております。


定員12名をオーバーする参加者です。

有難いです。。。。。


午前中はブラックライトで光る粘土を使っての制作です。

2009 8 10 あーと合宿 パート1 004_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 003_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 002_R

出来上がりは後ほど。。。。。。


ご持参のお弁当をお昼に頂いて
午後の授業へ。。。。

それにしても みんな お弁当がかわいいorカラダのこと考えたものばかり!

アート好きな子の親御さんは やはり アート的感覚が鋭いなあ そう感じます。



午後からは銅製インテリアボックス作りです。

銅版を釘等で でこぼこニュアンスをつけるもの
2009 8 10 あーと合宿 パート1 005_R

好みで いぶしをかけます。
2009 8 10 あーと合宿 パート1 010_R

枠にはめ込んで完成!
2009 8 10 あーと合宿 パート1 009_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 011_R


お家でも楽しんでね~~


夕食は 白洲次郎、正子ご夫妻の好んだ
レタスの挽肉包みとサラダニソワーズ

ですが。。。。。。。

あれ?ちょっと おしゃれ感が少ない?!!?
2009 8 10 あーと合宿 パート1 017_R

なんだか 普通の食事だ!!??
2009 8 10 あーと合宿 パート1 018_R

そう、何が違うって やはり器の 違いです。

良い器は 食事を特別なものにしてくれる。。。
目の当たりのしました。


でもね!やはりみんなで作ったご飯は美味しい!!!!!!!

特別最高!!

2009 8 10 あーと合宿 パート1 021_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 019_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 020_R

たまあーとの食事の時に使う器は 普段自分で使っている器にして貰っています。

大事にする思いが変わります。

みんな、先生が洗おうね!といわずとも
自主的に洗い 丁寧に拭いてしまっていました。

うんうん、大事大事。みんな優しい。


そして、夜の時間。

お楽しみ光る粘土展示です。

2009 8 10 あーと合宿 パート1 030_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 036_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 035_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 030_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 042_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 041_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 043_R

ブラックライトで写したものは。。。
残念ながら露出が足りず。。。。。
2009 8 10 あーと合宿 パート1 045_R


白いものが光るブラックライト 笑った時の歯が 光る
白目が光ることに 気づいてしまったBOYSの暴走!で いつの間にか
肝試し 幽霊館状態に~~~~~~~~~~~
きゃ=========


あ あそこに誰かいる!!!!!!!!!!
ぎゃ~~~~~~~~~~~~~~~~


電気をつけたら。。。。。なっちゃん先生でした。。。。。。。。




面白かったなあ


そして、たまあーと合宿名物 布団リレーが執り行われ

恒例枕投げ大会へ  
ひょげ~~~~~~~~~~~~~~~

2009 8 10 あーと合宿 パート1 054_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 051_R

2009 8 10 あーと合宿 パート1 046_R


そして 床へ。。。。。

2009 8 10 あーと合宿 パート1 062_R
やっと静かになったかな。。。。


さあ、2日目に備えます!

今日も楽しかったなあああ!

Tシャツペイント! 

と 聞くと 皆さんは テーブルの上にTシャツをおいて 絵を描く
そんなイメージがあるのではないでしょうか?

たまあーとの Tシャツペイントは違うんです!


Tシャツの養生用のテープを貼って それを着て
2009 8 9 Tシャツペイント 047_R

2009 8 9 Tシャツペイント 011_R

2009 8 9 Tシャツペイント 008_R


絵の具を 自分につける お互いにかけ合う 形で染めていくのです!

洗車ブラシや 清掃用ブラシ 箒 スポンジ 霧吹きetc 
描画材料としては普通使わないであろうものがここでは
使われています。


2009 8 9 Tシャツペイント 061_R

2009 8 9 Tシャツペイント 005_R


わたくしめも参戦。まるで 優勝記念のビールかけ みたいに
背中に絵の具が流れました。

2009 8 9 Tシャツペイント 019_R
パンツまで染まったよ!

なかなかここまで思い切ったことが出来ることって無いのでは

絵の具をかけ合うなんて!!!!!!

地面のある場所 でアトリエが開けたことに感謝。
そうそう、こういうことしたいんです!

2009 8 9 Tシャツペイント 069_R

2009 8 9 Tシャツペイント 079_R

一段落付いたら アトリエに入って
副産物でもある 作業のしたに敷いてあった紙を
使ってのちぎり絵です。

無意識の美が潜んでいます。

2009 8 9 Tシャツペイント 023_R

2009 8 9 Tシャツペイント 039_R

2009 8 9 Tシャツペイント 075_R
いい背中でしょ!

お手伝いの 船間先生 門脇先生も
勇ましい姿になりましたね!
2009 8 9 Tシャツペイント 082_R
 

2009 8 9 Tシャツペイント 081_R


こういった制作自体が 自由なカリキュラムだからこそ
お片付けは重要です。

最後に 気持ちのきりかえも含め
節度を持った 時間が必要です。

はじけ飛んだあと だからこそ みんな気持ちがすっきりして
素直になるような気がします。
さらりと片づけもやりこなし 早くの解散となりました。



自由に出来る幸せ、平和だから出来る幸せに
あーとにであえたことに 感謝しつつ

楽しい有意義な時間を過ごしました。

ステンドグラス講座

午後はステンドグラスの講座 でした。


なっちゃん先生、永野先生、瀬頭先生 &こまちだ
で お送りしました。


画像は無しです。

カメラを持つ時間がないぐらい 制作に集中したのと
危険な道具を扱う からです。


ステンドグラスをくっつけあうのに 
ハンダごてを使います。

学校ではなかなか危険すぎて手を出さない道具かも知れません。

この度はステンドグラス作家のパーソンズ伊都江先生より
プロ使用のお道具をお借りしてきました。



残念ながらやけど二名。
ハンダが足に落ちた子と
ハンダごてが 触れてしまった子と 
至らず、申しわけございませんでした。

何より 制作が捗らず、お帰りが予定時刻より オーバーしてしまったこと
時間設定の甘さ 進行の甘さが出てしまいました。
重ねて お詫び申し上げます。


ご予定のある方を除いて最後まで作って下さった方がほとんどで
いらしたこと 有難く存じます。


おやすみライト、、、 制作では6角形を立ててつけるのが
お子さんにとって難しい制作でした。
対処をより考え 21日の講座に 取り組んで参りたいと
思います。

そのおやすみライト。。。今頃お部屋を照らしているのでしょうか?

生活に取り入れることが出来る制作ばかりです。
ぜひ、 ご活用下さい。


また、修繕等がでた場合、対応して参りますので
お気軽に お声がけ下さい。

お待ち申し上げます。


制作時間はおして長きの制作にお疲れがでたと思いますが
皆さんの充実したお顔を 感じられたことは
スタッフ一同にとって 嬉しい喜びでした。

ご参加いただきありがとうございました。

針金彫刻

午前中は針金彫刻の講座でした。

何を作る~~から始まり

みんな思案に明け暮れるかと 思っていましたが
すんなり

2009 8 7 針金彫刻 001_R

2009 8 7 針金彫刻 015_R

2009 8 7 針金彫刻 004_R

2009 8 7 針金彫刻 002_R

あっという間に作り上げました。

スプレーも出してきて着色。

2009 8 7 針金彫刻 014_R

2009 8 7 針金彫刻 012_R

2009 8 7 針金彫刻 018_R

2009 8 7 針金彫刻 017_R

2009 8 7 針金彫刻 019_R

少し早めにみんな完成!となりました。


その集中力良いねえ!

人物  木炭デッサン 

本日は 美術モデル事務所より モデルさんをお呼びして
ヌード木炭デッサンを行いました。


たまあーとでは4回目

2009 8 6 人物デッサン 002_R

2009 8 6 人物デッサン 006_R

毎回、学び多い講座が展開されます。

モデルさんがポーズして下さる20分間

誰一人として おしゃべりすることなく
集中して制作が進みます。



モデルさんの放つエネルギーと
皆さんの放つエネルギーが 混ざり合って

作品のみならず とても心地よい空間が生まれました。


この度のモデルさん、実は5年前の たまあーと初の
人物画の時のモデルさんでもありました。


数多いモデルさんの中で
またお会いできるなんて!

以前より 更に美しく
そして、どう私たちに見せると美しくなるのか
考えた ポーズをとって下さいました。



何度描いても 裸婦は勉強になります。

ありがとうございました。

BBQ

夜はBBQにご招待いただきました。


ああ、BBQなんて何年ぶり!?


子持ち母には出産後久しぶりの経験です。



娘の生活リズムもあり 早々に退散させていただきましたが

あいたくても あえなかった方

お話ししたくてもお話しできなかった方と 御縁があって
嬉しい時間でした。


何より、肉大好きの こたま姫にとっては天国であったよう!


素敵な時間を Rさん、Sさん!ありがとうございました!


プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク