年末大掃除

という言葉は我が家の辞書には無い。。。。。

ぼちぼち 一年かけて行っていきます。
と 去年も一昨年も思っていたな・・・



年賀状を出し終え 安心しきる間もなく 次の目標に向かって
案と準備を練っています。


来年も皆さまにすこ~~しでも お役に立てるよう
スタッフ一同 努力して参ります。


良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

年賀状

年賀状は25日までに!!


ああ、4日前だったのね


結局、気に入らなくて もう1層 プリンターちゃんに
色を染めて貰っています。

紙を手差しでいれるので パソコンの前に張り付いています。


皆さま申しわけございません。元旦には届きませんが
頑張っています。

この町での 子育てを考える

2月28日に子育てネットワーク138での活動をお手伝いさせていただくことに

その打ち合わせを致しました。

当日のお話だけでなく 子育ての話にも

途中、一宮町に図書館を! とお考えで活動されている方もいらして
ご一緒に また話が進む。


私は ともかく現状で どう自分が出来るのか 何が出来るのか
を考えるタイプで 改革を という 発想がない ことに気づく。


保育園も何しろ私が行っていた頃に比べれば断然近代的だし
(所謂、ぼっとん便所で、、、毎週誰かが落ちかけていたぐらいだし。。。)

自然の中に入っていくことも。。。
私の時と同じ感覚で 椎の実拾ってきて 煎って食べる
そんなサバイバルな遊びが普通だったけれど

安心して外に出せない 仲間がいない

ともかく 大人が お膳立て というと 語弊があるけれど
用意をしなくてはいけない ほどに 
この町は変容したのだとお話を伺って改めて驚いた。

この町を教育をよりよいものに と思う方々は一宮町に今、流行風にいうと
移住者の方ばかり




深く考えても 良いものばかりをこどもに与えても
結局はその子の持ち味が一番。

あるがままに  と 結末を納めたくなります。

私って どこまで楽観的な人間なんだろう  とも
(もしかして いや やっぱり これは私が持つ千葉県人の気質!?)


2月28日 どんなことが出来ますか。。。
これから作戦を練ります。

今年も大変お世話になりました。

今年も充実した一年が終わりました。

皆様のお陰と 感謝感謝にございます。


今年もあっという間 

お正月に何か目標を考えたような気もするのですが
それに準ずる間もなく 忙しさのうちに消えてしまいました。


やり残したことは。。。。。 と考えたら

初詣に行かなかった。。。。。。



玉前様に行こうと思っていたのですが
あの行列を見たら いつも小さい頃から 遊んでいた場所にわざわざ並ぶのは。。。
なんて思って いつの間にか。。。。。時は過ぎ

お祭りで行ったから 許してくったい


さあ、これから年賀状を刷ります!!!!!!!!!!!!!!!!

来年もよろしくお願い申し上げます。

最後の授業

園児クラスと 小学生クラスは お餅ピザ

HIGHクラスはピロシキを作りました。

お餅ピザ、やはりあんバターが良いと思うのですが。。。

米田先生、永野先生 に たまあーと最初の兄弟生徒Tくんもお手伝いして下さいました。

ちなみに永野先生は2番手の生徒。。。 有難い
こうやって教え子に支えて貰えるなんて 本当に有難い。


ピロシキは。。。
2009 12 クッキング! 029_R
納豆とか プリンとか 入って いわゆる創作料理!?それとも イタズラ??な
料理が出来ました。

2009年最後の授業 締めくくりにはぴったりでした!

お餅ピザ たまあーと料理認定です。

クッキングのカリキュラム、毎回楽しみです。
何が楽しみって みんなが食べる様子を見ると とっても幸せな気分になるから

こどもが 一生懸命にご飯を食べるのを見るが大好きです。
自分が作ったものだと尚嬉しい。

2009 12 クッキング! 015_R

2009 12 クッキング! 016_R

2009 12 クッキング! 017_R

お餅ピザ お母さん!お勧めです!!

お正月に残ったお餅もこうやって食べれば いいかも!
2009 12 クッキング! 010_R
クッキングペーパー 大活躍。具材をのせて 茶巾にして (この度はホチキス使用)焼くだけです。

あんこバター 最高!(えって思われましたでしょ!? 試してみて下さい。)

低温でじっくり焼く方と お煎餅っぽくなって  これも美味。


最後はお片付けもきちんとします。

お家での手伝い具合が。。。わかります。

お家で手伝わない人!これを機会にやってみて!
2009 12 クッキング! 021_R

美味しかった!

千葉日報に

20日に 行われました いすみ市 アートマートの記事が
今日の千葉日報にでていました。
2009、12,20 いすみ アートマートの記事


主催者ではないのに ブログに記載するのはおこがましいのですが

ペインティングされている子も たまあーとっ子
描いているのは 不肖こまちだ。斜めからの私の顔、、、
沢山、たまあーと関係の方もお越し頂いたので
ご報告申し上げます。
2009 12 25 あーとまーと 千葉日報記載記事_R



盛況だったようで 良かったですね。
今後に影ながら ご期待申し上げます。

やった!出来たね! 板返し

2009 11 いた返しの術 074_R

16枚はこんなに長いんです!

私のあごの高さまであります。
ぱたぱたと優雅に落ちる様は 苦労が実っています。

板返し本来の遊びだけではなく新たな遊びを思いつくのがすごいなあ

2009 11 いた返しの術 075_R

2009 11 いた返しの術 076_R

2009 11 いた返しの術 077_R

床の上でみんなのを繋げて遊んでいました。


お家でも楽しんでね!

新味覚開発 たまあーと編

やはり 新種の味が出ました。。。

クッキングです。
2009 12 クッキング! 005_R

お餅に切れ目が入っていたので 秋葉先生の助言より
割って 甘い味系 辛い味系 にわけてみました。


お餅 2、3個食べちゃったら今日のクリスマスディナー 食べられなくなっちゃうもんね

オーソドックスなピザだね!
2009 12 クッキング! 009_R

丸で工作みたい
2009 12 クッキング! 008_R

これは絶対に美味しいと思う!
チョコ味と  あんバター!
2009 12 クッキング! 007_R

苦みの饗宴。。。 チョコレート×ピーマン!!
2009 12 クッキング! 006_R

感想聞くの忘れた。。。。。。。残さなかった様子を見ると 美味しかったのでしょう!

お餅ピザ!  いける味!

今回のクッキングは何にしようかな。。。。。

最後まで実は悩んでいたんです。 何が良いですかねえ
秋葉先生にお訊ねすると  お餅が良いんじゃないですか

さすが 3人娘の母!は すごい!

で お餅ピザにしてみました。


いやもう 簡単で クッキングなんていうのはおこがましいのですが。。。

大きめに切ったクッキングシートに お餅いれて ピザソース塗って
具材をいれて チーズをのせて 封して
(この度はホチキス ぱちり 出来たら はさみでちょっきりにしました。
小さい子には きれいに折って 蒸す状態にするのは難しいと思ったので)

ホットプレートにハイ、のせて あとはじっくり焼きました。

出来上がったお餅は 下はこんがり 上はとろり 美味しいねえ

そのうち軽くさめたらクッキングシートごと手に持って食べられるので
お手軽だよ 良い塩梅です。

汚れ物も少ないし お母さん!これお勧めです!


チョコバーションも作りましたが園児にはピザで満腹ご馳走様でした。


明日の小学生クラスでは ニューバージョンが生みだされそうで
面白そうというか 怖いというか。。。。。。。。。。

それだけに 日本の伝統的食材 お餅の可能性を
感じたメニューとなりました。

天使はその人の行く道を作る

今日は 児童養護施設でのボランティア、アートワークの日

天使のレリーフを作るがテーマでした。


スタッフとして 私にとっては大事な人生の先輩でもあり
大学で同じ研究室だった Cさんが参加して下さいました。

Cさんはフランスご出身。日本に来る前に施設でお仕事をされた経験をお持ちです。
私がこのアートワークをするにあたって 様々ご助言を頂きました。

こうやってご一緒いただけて有難いです。

また、参加いただけたことで今後に向けての御指南も頂けました。

始めて参加のKさんもご一緒に スタッフ6名での参加です。


布、フェルト、綿、ビーズなど 様々な素材を用意しました。

板に布を張り込んで フェルトで情景を作り
最後に天使の形 頭の○ 体の台形 羽 二枚は既に形を作っておきました。

完成度を高めることで作品の保存率も高めたい そういう思いが
あって あえて 最初から天使の形になりやすいように 秋葉さんにお願いして
切っておきました。

この点は考えるところも多く 下手をすればみんな通り一辺倒の作品にもなりやすい。

天使はあくまで参考で 自分で作り出したい人は真似して作ってね と
オリジナリティも全面に引き出して欲しいと思っていました。

また、天使  という設定をだしましたが 天使が出てこない子もいて良し。


実際に オリジナルの私共が思ってみなかったような 横顔の美しい天使をうみだした子もいました。



制作の途中で Cさんから聞いた 天使のお話が今日のカリキュラムに
あまりにもぴったりだったので 最後にみんなに語って貰いました。

Cさんが日本に来る前 あるおばあさんに 
天使は今、その人の道を作ってくれている 2、3年後あなたにふさわしい 道を作っていれるでしょうと

そのまさに 2、3年後 彼女は日本行きの切符を手にしたそうです。
それが16年前。


参加してくれた皆さんにとって 今日作った天使が みんなの行く道を作ってくれている
大事な天使になってくれると 信じています。


カリキュラムを作るに当たって 主人公を設定する方がみんなが作りやすいかな、、、
では 季節柄 サンタクロース でもそれでは クリスマス限定だし。。。
じゃあ、 天使にしよう それならば 色んなお話に登場するし イメージしやすいかなと
安易な発想で選んだ「天使」から
こんな素敵なお話が頂けるなんて 本当に嬉しかったです。

私の天使も 微笑んでくれていたようでした。

今日も良いお時間を頂けました。ありがとうございました。

 

年末だ! 大掃除  ひとまず。。。

旧アトリエ=倉庫の大掃除 第2段。

晴れて良かったです。


一旦、荷物を外に出しつつ 棚を作る。
いらないゴミはKトラで 処理場へ。。。

新アトリエに移って10年

いるものとそうでないものとがはっきりしてきたのもあり
処分を致しました。

但し、一間だけ もう一間 天井の高い部屋はまだそのまま ごっちゃり

狭い部屋が きれいになったことで
また、思ったより容易に 大きなゴミが廃棄できたことで
掃除したい思いに拍車がかかりそうです。

沢山のお手伝いの皆さんのお陰でスムーズに進みました。
ありがとうございました。
またやりますよ~~

リンクの追加です。

ブレインネットワークさんのHPを リンクさせていただきました。

たまあーとのHPもリンクしていただいております。
ありがとうございます。

印刷の際にでる 裏紙(テストした紙や構成の紙)を再利用できないかと
環境に配慮された行動を社員の皆さんと考えられている会社とのこと

畏れ多くもそのヒントをと我が教室にお出向きいただきました。

今年は年賀状が再利用の紙とのことです。
楽しみにしております。

いすみ  あーと まーと

本日は朝から いすみ市岬町のグランドへ

いすみ あーと まーとの会場へ。

フェイスペインティングのお手伝いです。


そもそもは 千葉大の工学部の学生さんが 岬町 彩の会の皆さんにご依頼されたもの
そして、彩の会会長さんから 私にお声がけを頂戴しました。

あーと まーとに来場された方のお顔に 皮膚に着色可能な絵の具で描くもの。

学生さんが コミュニケーションをテーマにされ  
そして、卒論にされるとか。

岬町 彩の会  パステルと水彩の会 の手練れの皆さんが 様々な方に施されます。
図案の参考はあれど さすが慣れた皆さん、楽しそうに 描いていらっしゃいます。

私はなるべく 補助係に徹しました。
生業としては成り立っていませんが一応、絵描き そして、指導者とさせていただいているものが
前に出るのは この度の主旨では あーと×コミュニケーションの意味が変わってくるように
思えたからです。(とはいえ 助っ人として 色々描かせていただきました。楽しかったです。) 

年齢、性別を超えて 絵(あーと)を通じてのコミュニケーション 成り立っていましたね。


グランドで それも薄い不織布と竹で出来たドームでの作業。
寒さ、雨風が 描く側にも描かれる側にも 悪いようにならなければと心配しておりましたが

快晴。ああ、良かった。
程よい天候で 一安心。




今後、千葉大の学生さんが どんな風に卒論をまとめられるのか
楽しみにしております。


私、個人の喜びとしては
たまあーとの生徒、子供たちが沢山、来場しており
そして、彩の会での生徒さんと 絵=フェイスペインティングを通じて つながったこと

時間、手法、年齢は違えど 私と関わっている方が こうして確認しあうように 集えたことが
とても 嬉しい時間でした。

素敵な機会を 千葉大の皆さん、そして、声をかけて下さった 彩の会の皆さま、ありがとうございました。

その頃 こども教室では。。。

こまちだの出張中  今日はお三方の先生のもと
園児クラス、小学生クラス、HIGHクラスが進行されました。

その様子を画像に納めて下さいました。

板返しを作った子。

クリスマスカードを作った子。

人形作りを進めた子。

粘土に色をつけた子。

みんな楽しそうだったねえ
2009 11 いた返しの術 055_R

2009 11 いた返しの術 056_R

2009 11 いた返しの術 058_R

2009 11 いた返しの術 060_R

2009 11 いた返しの術 064_R

2009 11 いた返しの術 065_R


HIGHクラスはなっちゃん先生が来てくれましたので 指輪作りを再開。
石膏で固めました。
2009 10 Dance Dance! 人形作り HIGHクラス 012_R

人形も進めつつ。。。

お年頃のHIGHクラスのメンバー カメラを向けると
みんなが顔を背けるようになりました。初奴じゃ。
2009 10 Dance Dance! 人形作り HIGHクラス 014_R

2009 10 Dance Dance! 人形作り HIGHクラス 017_R

Hちゃんのこのよけ方。。。。
どちらが人形かわからない。。。。。
2009 10 Dance Dance! 人形作り HIGHクラス 015_R
 

遺作展まであと3ヶ月

林さんの展覧会を実施したいと思ったのが そう 今年の1月初頭のこと

もう、一年が過ぎゆきます。

早いです。何度か 林さんの遺作の目録作り(撮影・データ化)
展示作品の決定等をして参りました。


あと三ヶ月で 本番です。


今日はこども教室の授業をなっちゃん先生、船間先生、米田先生にお願いし
遺作展実行会の皆さんと 命日に近いこともあり お好きだった喫茶店季まぐれMAXさんへ
昼食を兼ねて 展覧会のタイトルと DM制作について 打ち合わせをしました。

季まぐれMAXさんのお店に並ぶ品々がまた素敵で
林さんがインスピレーションを受けていらしたのを実感しました。


タイトルは 「日本の愛と暮らす  林麗子遺作展」となりました。
懇意にされていらした Sさんのご提案です。

林さんの愛された 日本と 生活を楽しまれたご様子を 織り交ぜて
暖かい心になる そんな展覧会を作りたいと 心に誓いました。

色が 踊る

2009 11 いた返しの術 040_R

2009 11 いた返しの術 041_R

え~絵の具塗るの めんどくさい!  という子がいましたが
(たまあーと校訓 面倒くさいは言わない!ですぞ!)
やっぱり色をつけるときれいでしょ!


2009 11 いた返しの術 046_R

2009 11 いた返しの術 044_R

2009 11 いた返しの術 047_R

まるで いろがおどるみたいにくるくるまわります。


ぜひ、お家で楽しんで下さい!

最高記録 板返し

授業の最後の最後まで頑張ったTちゃん、Hくん

お姉ちゃんのTちゃんは16枚の板返しを作りました。
たまあーと最高記録樹立。 第2位は弟のHくん。

長い状態を画像に、、、と思ったけれど 
ばたばたで。。。

Tちゃんの紐つけに 同じT小学校で 1年生のIちゃんと 同じクラスのHちゃんが
さりげなくお手伝い。
新記録に花を添えてくれました。


出来上がったときに思わず 拍手。


そう、頑張ったね!


動かすのは乾いてから。。。来週のお楽しみ!


Tちゃんはたまあーと歴8年目。。。
板返しは二度目  弟のHくんが 前のは曲がってるし 作りが荒いよね。
そうだよ!まだ小さかったんだもん!

と 今回は長さと木を切るのと紙ヤスリの技術とで 自分の成長も実感できたのでは!


継続は力なり そう実感させて貰った時間でした。

クリスマス会

今日は長生健康福祉センター デイケアクラブのクリスマス会でした。

私が参加させていただくのは、、、7回目。

毎回、手作りのお料理と 先週作ったクリスマスの飾りと一緒に
クリスマスツリーを飾るのが慣わし。


今年も栄養士さんが工夫を重ねて 美味しく作り易い メニューが並びました。


また今年もご一緒させていただき とても嬉しゅうございました。
ありがとうございました。


パーティの最中、、、硝子越しに振り向くと
同じ敷地の別棟のベランダで
他の職員の方が 書類の清掃活動中。。。。


正面のあのお方は???

そう、こども教室のKくんのお父様。


お互い目があってびっくり!
ここにお勤めとは知ってはいたけれど こんな形でのご対面とは!!!!

また、世間が狭い=自分が活動しているご褒美を 頂きました!


また、来年もデイケアクラブの皆さんと ご一緒できると嬉しいです。

よろしくお願い申し上げます。  

板返し完成さん

今日は明日の美術教室分の代授業を行ったので
朝からフル稼働。
みなさん、ご協力いただきありがとうございました。

Mくんが振り替えで来てくれました。
あえて嬉しかったよ!


そして いつものように始まった園児クラス。
板返しの色塗りです。


板の状態で塗ってから 紐を張り巡らせることも出来ますが
進行状況から 色塗りまで至らない子も でそうなので
まずは たまあーとで まとめて出来る 紐張りをしています。


えっと こっちが先で えっと。。。 と何度やってもややこしやの
紐張りです。

2009 11 いた返しの術 030_R

色塗りも。。。  ぱたと 一面動かすと。。。あれここに 色が付いていない!
う~~ん 摩訶不思議!


2009 11 いた返しの術 032_R

2009 11 いた返しの術 035_R

2009 11 いた返しの術 036_R

2009 11 いた返しの術 037_R

みんな完成後は大事に手に持っています。

そうだよね、苦労したモン!
2009 11 いた返しの術 024_R
お手伝いに入って下さった 秋葉先生が一言

大人でも大変だよ 良くやったね!


そう こどもでここまでやるのは本当に大変。
だからこそ 大事な一品と なったと思います。

お家で遊んでね!

船間先生の公演がありますよ!

2009 12 26 船間先生 演劇チラシ_R

12月26日 13:30~15:30  

大網白里町にあります ワーナーホーム パンプキンハウスにて
ミュージカル劇団ティンカーベル の公演があるそうです。
船間先生!主演らしいですぞ!


私は残念ながら授業でして またもや 拝見できませんが
皆さまお誘い合わせの上 是非、ご覧下さい!
ティンカーベル ブログ(更新されていないようですが。。。 )

アトリエ大掃除

年末恒例 アトリエ大掃除です。

今年は 旧アトリエ 現倉庫の 整理も兼ねての大掃除。


ましてや 布・綿を使った作品=人形作り
木を削る・やする作品=板返し  を制作していただけに
埃が それも 木の色 の埃がもわもわ

背の高い 船間先生 祥氏が大活躍です。

棚を作る準備をしました。

来週は倉庫と アトリエにワックスかけますよ!

寒い中 お疲れ様でした。

より 人間的に面白く

随分少なくなりましたね。。。と 美術教室の皆さんがおっしゃるのは
先日までの人形達のこと

寂しくなったとおっしゃって下さる方も。。。

あと数人になりました。

小学生クラスの子でも幾人か頑張っていますが
HIGHクラスの面々も頑張っています。

2009 10 Dance Dance! 人形作り HIGHクラス 002_R

2009 10 Dance Dance! 人形作り HIGHクラス 006_R

2009 10 Dance Dance! 人形作り HIGHクラス 009_R

よりリアルに でもどこか 笑顔を浮かばせたくなるような作品が生まれてくるところに
技術と知性を感じます。

完成まであと僅か! 楽しみです。

あ~疲れた~  といいつつ。。。

板返しは 着々と完成にちかずいています。
2009 11 いた返しの術 021_R

2009 11 いた返しの術 022_R

2009 11 いた返しの術 023_R

形になってくると 喜びも一塩

このカリキュラムは実は5、6年ほど前にも致しました。

長く続けてくれている子にとっては 二度目の場合もあります。
あの頃より のこぎりで切るのも 紙ヤスリでするのも
上手くなったことを実感したでしょう。

何より、前にもやったよね と 即答で言葉が出るところ
今でも持っているという子が大半なだけに 

それだけ 苦労が実った思いがあるのかな とも
思っています。

じっくり乾燥させて 完成ですぞ!

小さな目標 の積み重ね

大きなことをしていない 私が言える立場でないのは重々承知ですが

小さな目標の積み重ねが 自信を築き

少しづつ 大きな目標を作り上げていくのだと 

今日の子供たちの様子を見て 実感しました。



あと少し、、、 と 私のだめ出しにもめげず
良い作品を作ることに向かって

必死に紙ヤスリをしているみんな

教室は熱気と ふんわり舞う木くずで 若干曇っています。

出来た!の表情には充実感。


集中力がなかったなあ という子も

今回は頑張って新たな能力を発揮しています。



単調とも言える 技術的な課題も時には必要と改めて感じています。

完成さんも出てきました。
もう少し! 

熟練の技 紙ヤスリ職人達

2009 11 いた返しの術 020_R

2009 11 いた返しの術 019_R

2009 11 いた返しの術 018_R

2009 11 いた返しの術 017_R

2009 11 いた返しの術 016_R

2009 11 いた返しの術 015_R

全員 紙ヤスリに入りました。

手の動きが的確に!
感覚を学んだね!


何より 諦めずに着々と進めているところが何より素晴らしい!

きれいに出来たね!というと

にこっと笑顔が浮かぶのが ああ、何より嬉しい。

紐を貼りはじめた子もいますよ!

来週でこのカリキュラムは一旦終了予定!

なぜならば。。。。再来週はクッキングだからです!

デイケアクラブ 

午前中は 長生健康福祉センター にて  デイケアクラブの講座でした。
精神障害をお持ちの方を 主にしたクラブです。
職員さん、実習生の方もご一緒に 制作です。


かれこれ、、、7年目。。。ありがたいです!


毎年、12月にクリスマスにちなんだ作品を作ります。

この度は「天使のレリーフ作り」

23日の児童養護施設でのアートワークも同様のカリキュラムを行う予定です。

布やフェルト などといった素材を使いました。

布は色んな素材をともかく集めたかったので
古着なども利用しました。

そして、お店に並ぶ 全色のフェルトを用意し。。。

フェルトの材料になる 染めてある 羊毛、
毛糸なども 準備しました。

ともかく材料に選択肢があるのが重要です。

どんな素材から始めるのか。。。
選ぶところから 個性が始まるのです。


出来る限り 完成度を高くしていただくために
天使は頭、体 羽とパーツずつに切って用意しておきました。

フェルト切り、、、秋葉先生の準備のお陰です!
板は船間先生、サンドペーパーは米田先生と たまあーとスタッフの皆さんの
お力添えがあって!準備万端。 良い制作をしていただけました。
 

何より 効果があったと感じたのは 布、フェルトなどの
暖かみを感じる素材を使ったこと

季節柄、クリスマスのテーマの上でも 素材にぬくもりを感じつつの
制作はより作者の心をまろやかにし
また、自分の作品から愛らしさを感じ みんなが暖かい気持ちになる
そんなお時間を作り上げていました。

素材=手から伝わる感覚から生まれる感情も
授業を行う上では 必要な要素と実感しました。



手前味噌ではありますが ある職員さんより
私の講座で美術に対する心構えが変わりました。
というお言葉を頂けたのが 何よりの励みでした。

制作において 発想は自由に 楽しく。

こうせねば、、、の心構えは さようなら~~

それぞれがそれぞれを認め合う時間を生みだすのも
美術の時間の役割のひとつだと思うのです。



今日作ったオーナメントは来週のクリスマス会で飾ります。

今日もご参加ありがとうございました。

板返し。。。。。  こんがらがる 頭の中。。。

何度作っても 頭の中が こんがらがります。(この言葉は方言??)
それは 板返しの紐はり


複雑。


ひとしきり頑張って木をやすった 園児クラスの面々。

さあ、と紐を張りました。


間違えたら。。。板返しが動かなくなる  の真剣勝負。
(どの授業も真剣ですが この度も頭を使うと言うところで
いつもと違う真剣さ。。。)
画像を撮る間がありませんでした。。。

来週は色をつけますよ!
お楽しみに!

めばえ クラス12月

本日の参加者は5名でした。

新型インフルエンザの猛威がなかなか耐えぬ今。。。
皆さん元気にお越し頂いたのが何より 嬉しいです。


ああ、今日は1歳代のお子さんが お二人のも参加です!
うれしい。。。 抱っこすると ああ、この感触。。。

もううちのこたまには 無いなあ。。。
そして、こそだて、仕事に追われ
こういう感じだったかな。。。と忘れている自分に愕然。

それだけ、あっという間です。

そして、はかないものなんだな と だから大事にして下さい。

今、少し、後悔”気味”の私からのご提案です。


その思い出のひとつに今日のめばえクラスがなって下さったなら
幸いです。

ご両親での参加もありました。


親子の対話
家族の対話

そして、直ぐに去りゆく こどもの幼さ

回を重ねて下さったならば 感じるこどもの成長。


3度目のUくん、すっかり 自分なりの技法を作り上げていました。

周囲の制作はお構いなし。。。  この場にも慣れて下さったということですね。

始めてのかたも 同じように描く子はいないんです。

同じ画材道具を使うのに、、、 もう、それぞれの感性は芽生えつつあるのだなと
思います。

前回、11月にご参加の方の作品も 12月の作品もご返却しております。

制作中の画像も 思い出になるかと思い お渡ししております。
お手数ですが 取りに来ていただきたく存じます。



今日も 元気が出る時間を頂きました。
2009 12 09 めばえクラス 001_R

2009 12 09 めばえクラス 005_R

2009 12 09 めばえクラス 006_R

2009 12 09 めばえクラス 016_R

2009 12 09 めばえクラス 016_R

彩の会 12月

晴天の今日は 公民館に隣接する 天神社にて
古木を描く をテーマに 講座を致しました。

木と聞いて 思い出したのがこのご本
木 (こどものとも傑作集)木 (こどものとも傑作集)
(2005/07/07)
不明

商品詳細を見る

絵本 すなわち子どもむけにまとめられている本ですが

佐藤忠良先生の木のデッサンが力強い 作品集でもあります。


まずはこのご本のデッサンを紹介しました。

彫刻家のデッサンは絵描きのデッサンと違い 
よりマッス(量感)を意識した描き方です。

参考になったようで 皆さんのデッサンに重さがより強まりました。
直ぐに吸収されるところが 皆さんのセンスの良さだと実感します。

以前にたまあーとのこども教室でも参考にした、
ブルーノ・ムナーリの木をかこうのお話も参考にしました。

木をかこう (至光社国際版絵本)木をかこう (至光社国際版絵本)
(1985/01)
ブルーノ・ムナーリ

商品詳細を見る


講評会で感じたこと 目に見える枝や幹を描くだけでなく
それを支えている目には見えない根っこをしっかり意識することが
より 木 らしさを表現するのではないか  ということ

天高く登る枝のフォルムと同じ量の根が地中を這って 身を支えているはずなのです。


鹿の頭骨を 掘ったときに見た 当該の栄養を全て得るべく くるんでいた木の根のように 


講座後は 忘年会。

来年度は 彩の会30周年 記念の年とのこと。
私が美術の道を目指す前からの お話です。
こんな若輩者を 師としていただいているとは 恐縮至極、
より精進せねば

記念行事の計画のご意見がでていらっしゃいました。

お力になれればと思います。

彩の会の皆さんのご活躍の基礎は30年かけ根をいすみの地に張っていらしたからこそ
と 実感いたしました。

来年度も大変楽しみでおります。
よろしくお願い申し上げます。
2009 12 彩の会 002_R

2009 12 彩の会 012_R

天神社の狛犬。。。。。

目の塗り直しが なんとも良い表情を醸し出しています。
2009 12 彩の会 011_R
 
プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク