ちょっと早めの節分   三年目

あ~ もうじき節分だねえ~

各クラスの引き出しがあるのですが
木曜日クラスには あるものが 一年に一度の時を待っているのです。

それは
手作りの節分豆!
(紙で作っているのです。)

2013 最新のエコカー展示会 008_R

そして、鬼役は  われらが Hi-D志摩英和先生!
2013 最新のエコカー展示会 020_R

お面も手作り 共同制作。

始まる前の和気藹々の空気!
2013 最新のエコカー展示会 025_R


開始!
2013 最新のエコカー展示会 029_R

約5分の豆まき大会!!
楽しそうだったな。

志摩先生が本気で子供達と遊んでいる様が良かったなあ
2013 最新のエコカー展示会 013_R

2013 最新のエコカー展示会 015_R
このチラシ!も持ち越しまた来年、4年目に備えます。

年中行事になってますね~
同じメンバーで同じ遊びを続けられる幸せ。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

福で充ち満ちた時間でした。
スポンサーサイト

エコカー   走る走る!

2013 最新のエコカー展示会 007_R

同じ車は一つとして生まれてきていません。。。

完成さんは 来週ご披露で!

楽しい子供たちの笑顔と声と  時に音もない集中の時間も

子どもにとっての栄養。そう感じます。

2013 最新のエコカー展示会 011_R
今日は、お家の方からのプレゼントである色鉛筆を持参してくれたIちゃん。
”本物・専門的なもの”を大人からもらったことで
更に膨らんだやる気。
良いエネルギーを生み出していました!

みんなの感性・完成を並べて まるで展示会のように
画像におさめるのが楽しみです!

最新のエコカー  開発中

たまあーと こども教室

今週からは最新のエコカー作りしています。

素材は 布と 木 
タイヤ以外は土に帰る素材で作ります。


どんなデザイン・機能の車になるのか。。。。
楽しみです。

2013 最新のエコカー展示会 002_R

2013 最新のエコカー展示会 004_R

2013 最新のエコカー展示会 006_R

どんな車ができつつあるかって?
いやあ、まだ内緒です。

あまりにも斬新すぎて かっこよすぎて 面白くて!!

まだ。。。。。。企業秘密です。

2013  美術教室 展覧会    GW に行います。

●美術教室展覧会
●絵を描く 心を描く

4月28日(日)13:00~ 
5月6日(月・代休)~15:00
9:00~16:30 会期中無休

茂原市立美術館・郷土資料館2F市民ギャラリー

目下、皆さん、展示に向けて制作中です。

1枚1枚  心を込めて描いていらっしゃいます。

どうぞ皆様、3ヶ月後
手帳にご予定を書き入れて頂けましたら
幸いです。


ご高覧お待ち申し上げます。

お問い合わせ
たまあーと創作工房
T/F 0475-42-6138
tamart*earth.ocn.ne.jp *を@に変えて下さい。

大きいものを小さく描く

先週は小さいもの見ながら細いペンで描きました。

今週は、、、大きいものを想像・創造して小さく描きました。
紙は少し大きめの四つ切り。

小さいものがより小さく見えるように余白が生まれるように。。。。。


2013 1 大きなものを小さく描く 004_R

2013 1 大きなものを小さく描く 008_R

2013 1 大きなものを小さく描く 010_R

2013 1 大きなものを小さく描く 011_R

2013 1 大きなものを小さく描く 013_R

色んな話をしながら 小さくなった大きなものたちで 想像の世界を広げました。
良い時間でした。

ふたばクラス  スポンジでぺたぺた。。。

え~筆で描くんじゃないの~~~

最初は戸惑い気味だったみんなですが。。。

始まればそれぞれの技法が生まれ、、、
表現も個々それぞれ!

スポンジだけでもこれだけ描けるんですよ!

2013 1 16 ふたばクラス 001_R

2013 1 16 ふたばクラス 004_R

2013 1 16 ふたばクラス 007_R

2013 1 16 ふたばクラス 022_R

2013 1 16 ふたばクラス 024_R

全身使って描いたね!!!

今日も楽しい時間でした。
2013 1 16 ふたばクラス 040_R

2013 1.13 ポコラート展  こまちだたまおワークショップ  花を咲かせましょう! ご報告

2013 1 13 3331アーツ千代田 にて

全国公募 ポコラート展 ワークショップ部門に選んでいただきました。

こまちだ たまお企画 「花を咲かせましょう」
を実施してまいりました。


参加者22名 

お子さん、障がいをお持ちの方、そうでない方 
ご家族含めると会場には30名以上の方にお集まりいただきました。


桜の花びらがぱ~っと舞うところを見て考えたワークショップです。


2012 1 13 3331 WS 007_R

2012 1 13 3331 WS 018_R

2012 1 13 3331 WS 030_R

2012 1 13 3331 WS 037_R

花びら型に切ったさまざまな質感・色の紙を た~~~くさん作りました。
たまあーとの秋葉先生、なっちゃん先生の手によるものです。

手で切ることにこだわりがあります。
舞い方が違う。。。。。

その花びらを わ~~~~~っとまくのです。


花びらや落ち葉が舞い散る時のように

誰もがこの光景に美しさを感じると思います。

誰もができるワークショップ=誰もが共通して感じる感動を探す。
それもワークショップを組み立てる人間の思案かと思います。

画像はご家族でご参加いただいた作曲家 山辺義大さんが撮影したものを
使用させていただいております。



そして、
出会った花びらから作る お花畑。

楽しいワークショップだったなあ

たくさん笑ってたくさん動いて 全身で喜びを表現する時間でした。
幸せ!!!!!!!



反省点ももちろんあり それは次回の目標に
頂いたご意見は次の展開に


この度のワークショップをより前進させるために
良き点を申すならば

思いっきり 遊んで楽しんだ時間であったこと。

1月14日の審査員の方によるお話を伺った際、
ワークショップについて ”お遊戯”だと言ってくださいました。

そうです。
遊びです。おもいっきりあそぶことで生まれてくる形・おもいもアートにしていただけませんでしょうか?

アートを通じて
どう楽しい気持ちに仕掛けていくか
笑顔をつくるかも アートの役目かなと 思うことが多々あります。
そして、それを担うのが私の役割の一つだなと思っています。

アートで 障がいのあるなしも 関係ない ボーダーレスの
時間も得ることが出来るのも有りがたいことだなと思います。

まだまだ不勉強で 精進足りませんが
更に邁進してまいります!

日本全国、世界中に花を咲かせに参りますよ~
私でよければ是非どうぞ!


ご参加いただいた皆様
ポコラート展スタッフの皆様 ボランティアの皆様
ありがとうございました。

小さなものを 小さなものを  じっくり描く

以前、美術教室の生徒さんより
ドールハウスの 様々なグッズを頂きました。


これを描いてみたら。。。。。  良きヒントも頂きました。


小さいからみんな愛おしくてじっくり見てしまう。
小さいからよ~く見ようとする。。。。


使うペンも 0.3mm 0.25mm

指が付くか付かないかぐらいの隙間の 幅のペンだよ~

ペン先が弱いので力入れたら壊れちゃう
だから 線もゆっくり
ゆっくり線を引くから 見るのもゆっくり


充実した観察画となりました。

IMG_6917_R.jpg

IMG_6921_R.jpg

IMG_6921_R.jpg


しーん 話し声は無し。
ペンが走る音だけがアトリエに響きました。

年頭、集中した良い時間となりました。

新年最初の授業はめばえクラス!でした。

ひとつひとつ ゆっくりゆっくり 

またひとつ ご成長されたことを実感させて頂く
めばえクラスのお時間です。

このクラスにご参加のお母さま方は
お子さんの小さなイメージ・物語を大事にして下さっているなと
常々思います。

アートは自由なのではなく  アートは無限なのだと 

先だって、講演会に出向かせて頂いた 鶴岡真弓先生のお話で頂いたキーワードが
ぴたりと合うクラスでもあります。

2013 1 めばえクラス 002_R

2013 1 めばえクラス 011_R

2013 1 めばえクラス 015_R

2013 1 めばえクラス 019_R

2013 1 めばえクラス 024_R

2013 1 めばえクラス 033_R

2013 1 めばえクラス 035_R

2013 1 めばえクラス 041_R

2013 1 めばえクラス 055_R

2013 1 めばえクラス 063_R

全身で表現だぁ!
繰り返すことで 自分のやれることが増え やりたいことも増え 達成感も満たされます。



ああ、みんな良い顔だったなあ  一生懸命だったなあ

ご参加頂きありがとうございました。

初詣 御神楽を見る。

初詣に 玉前神社へ

たくさんの人人人。

祈りの時間。

年が変わるまでの30分前に神社に到着。
すでに御神楽が始まっていました。

二演目を見て 周囲は行列に。

そして、太鼓の音。
2013年へ 

何度聞いても 背筋をきりっと伸ばす響き。


そして、お神楽は また始まり  最後の演目 「大山祇神」へ
IMG_1609_R.jpg

最後はお餅をまいて終了。


御神楽殿の前には カメラを設置なさった 近隣の郷土資料館の学芸員さんが
おられました。前のお祭りの時もいらっしゃいました。

今後の資料として 画像でこのお神楽を残して下さっているのだそう。
二年間毎回!

今、現存する資料は30年前の音源のみのものだそう。

もっと文化的資料として残されて良いものだと思うのだけれど。。。。。



昨年、始めて知ったことですが この上総神楽が始まったのは約300年前。
300年前というと 元禄津波のあと。

鎮魂、災いがこれ以上起こらないことを願う 
その思いがこのお神楽になったとも。。。

脈々と300年続ける それも街の人が口承しているというお話しで
まさに地元に密着したもの=文化だと思うのです。


小さな小さな小さな町の 小さな 文化。

それを守ろうとする人 それをより明確な文化財にしようとする人
(一宮町の行政が動いていないのが何ともはや情けなや~~
忙しいんだねきっと。  よろしくお願いします!)
その根本は地域自体を守ろうとすることでもあるのだと思うのです。

東北の震災後
再興されたのは 地域の行事・お祭りだったそう

今回、資料を作成されていた 学芸員さんから伺ったお話で
津波の被害のあった街を 訪ねられ 津波でまっさらになった土地で 
七夕を再開しようとなさっている
方たちがいた とのこと。

避難所となった場所の多くが寺社であったことで
寺社の存在有意義を再認識したことと
地域の文化の復興が原動力になると 自然に発想されたとのことも
今、拝見している 東北の切り紙のご本にも書かれておりました。

納得。




この頃、神道の美術についての本や展覧会を拝見する機会が多いです。
神道をお勧めしているのでもなく
私が今流行のスピリチャルな思想なのでもなく

たまあーとを上総一ノ宮で行う意味を考えたい。
文化が細々とでも引き継がれているこの街の有り様を
伝えることもこどもたちにとって個人を形成する上で
必要なことだと思っているからです。


いつか大人になり この街から離れて行くであろう子供達。
その子たちがどんな異国に旅立とうとも

「君が住んでいた場所はどんなところ」 と
肌の色も目の色も異なる人に尋ねられたとき

こんな文化があってね。。。。。と 話せる事が出来たならば
自分の中に脈々と流れる歴史を語ることが出来たならば
ちょっとは 自分に1つ力を頂けるのではないかな
などと 思うのです。
自分の基礎作りの1つ。


アートは現代を学ぶだけでは浅すぎる。
歴史として脈々と流れている アート(文化)も味わっておくことで
より 深みを自分にもつけることが出来るのでは

と思うのはちょっと大袈裟すぎますか?


お神楽殿の前には沢山の人人人
演者も若い方が増えました。

大きな文化施設を作るだけが 
大きな文化イベントを実施するだけが 文化事業ではなくて
今あるものを今あるがままに 認め それを受け継いでいくことも
文化であると 考えて下さる方が一人でも増えると良いなあと 思うばかりです。



今度のお神楽は春のお祭り4月13日かな!?


お神楽のリズム聞くと体が動く!
深層心理に根付いた踊りということも 個人的に大事な部分でもあるのですが。。。。。。。。


あああ、また新年から熱く語ってしまった!

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます!

2013 1 1 お年賀 003_R
本年も 皆さんに 良きアート時間をご提供できますよう
精進してまいります!

***お飾りは 渡辺先生作
渡辺先生の栽培したお米の藁で作られたお飾りです!


本年もよろしくお願い申し上げます!
プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク