苦あれば楽あり 今経験している大変なことがその後の下地になる”続ける”体験。**お面作り**

お面を作っています。

お面という変身ツールとしても面白さもコンセプトの1つですが

作業過程も1つの大事な学びと思っています。

水粘土(塑型するのみが目的の粘土)で形を作ります。
そして、和紙で張り子の要領で原型を象っていきます。

この過程が園児にはまだ、理解できない。
なんで、この詰まった状態がお面になるのか?
粘土を外す、どうして 意味が無いじゃない!

和紙を貼る作業も 授業一こま では 足りません。
淡々と2コマかけて 張り込みます。
はい、園児は飽きます。
そりゃそうです。
大人だって30分、ものすごく集中できればしめたもの!

飽きた~ つかれた~ めんどくさい~
と声が飛びます。そりゃそうだっぺ
同じ作業だもんね。
と、言いつつ、コツがわかってくると
もくもくと手を進めます。

徐々に徐々に目の前のお面がグレーから和紙の白さに変わります。

でも、このカリキュラムの達成感は一週間かけて
乾かして 粘土を取り出す 瞬間に出てのです。


粘土を外すときのみんなの表情!
あ!とれた
お面になった!

より、多く紙を貼った子は丈夫に出来上がります。

先週、苦労したことが ”楽しい”に変わった瞬間です。
(本来の意味の 苦あれば楽ありはちと、意味が違います。。。あしからず) 

先週のなんで!? が腑に落ちた瞬間でもあります。

良い顔してたなあ。

辛いなあ、つまらないなあと 思っても
それは下地を作っている瞬間なのかもしれません。
次の展開への味わいになるね!

今回のカリキュラム通じて ”続ける”と言うことの大きな意味を
感じ取って貰えたならば幸いです。


2013 5 お面作り 010_R

2013 5 お面作り 013_R

2013 5 お面作り 014_R

2013 5 お面作り 017_R

2013 5 お面作り 020_R

2013 5 お面作り 021_R

2013 5 お面作り 023_R

2013 5 お面作り 024_R

2013 5 お面作り 025_R

カリキュラム名は お面だけれど
お面を越えた想像がいっぱい出てきてくれて嬉しいです!
お化けがデマしたよ~~~

今日もみんなの笑顔がいっぱいでした。楽しかったねえ~
スポンサーサイト

夏の特別教室の チラシ配布始めました。

2013 5 夏特看板 003_R


The 手作り手書き感溢れる 毎度おなじみ たまあーとの夏特 推進看板です。

今年も夏に向けて参ります。

先ずは教室の生徒さんに
お次は常連さん、参加経験者 そして、一般の方に
お渡し申し上げます。
とはいえ、ご希望の方がお出ででしたら
どうぞお声がけ下さい。

送付申し上げます。

tamart●eartn.ocn.ne.jp ●→@です。
まで  夏の特別教室チラシ希望と ご記入下さい。

今すぐに欲しいと言う方は
お手数ですが直接、たまあーとまでお越し下さい!



内容も今年も少しパワーUP! あーと合宿は鴨川・金束 アートガーデンコヅカ・森の家での実施。
星見亭・宮下昌也氏 ご指導の作品は今年も コヅカアートフェスティバルに並びます。

山辺義大さんご指導の 作って演奏会は 9月8日(日)の千町マーケット
(いすみ市・旧千町保育所跡)で 作品展示、本当の演奏会を行う予定です。
(ご都合があえば参加頂くそんな間合いにございますが是非!)

 たまあーとの講師陣に引き続き イラストレーター米田絵里先生の日本画講座も
今年もお忙しい中 実施して下さいます。


 他にも色々楽しい講座ばかりで 一つ一つご紹介したいのですが そうすると
本一冊出来そうなので ここでは控えます。。。

 紙面ご覧頂き どうぞ、ご不明な点ございましたら遠慮無くお訊ね下さい。

今年も元気に参ります!

〆切日を設けておりますが 学校の予定など 年々増え、
それもぎりぎりまで告知が来ないので決定が出来ないとのこと伺いました。

 その点、当方は猶予を持って参りたいと思います。
先ずは気になる講座がありましたら ご一報頂き 
格好つけすぎですが「予約」をさせて頂きます。

その後、お決まりになりましたら ご連絡、ご入金下さい。
(振り込みご希望の方もご遠慮なく ご一報下さい。)


また、送り迎えの時間が合わない等のご相談もお受けします。
お仕事されている方には難しい時間設定もあるやもしれません。ご遠慮なくどうぞ。

 1日お弁当持ってアート三昧 そんな日も良いかもしれません!

  さあ、今年の夏も暑いあーとな夏にして参ります!


  皆様のご参加 心より お待ち申し上げております。

こども教室  今月は。。。。。   お面です!

2013 5 お面作り 002_R

2013 5 お面作り 004_R

張り子の要領で お面を作っています。
土台は 通称 水粘土  彫刻科の彫塑や 工芸科の立体構成に使われる 「木節土」です。

1年に一度ぐらいの頻度で お目見えします。
およそ100Kgはあるかなあ~

練り直して使ってますよ~

たまあーとを始めた当初からの土ですので15年。
はい、かなり熟成が進んで可塑性が増しています。

良い感じです。


粘土をこねこね 楽しそう。お面!というテーマも
面白くてね~
今日は生徒のリクエストで
超リアルなブタっぱなを作りました。(没になったけれど。なかなか良いぶたっぱなだったな
自画自賛!。。)

どんなものに成るのかお楽しみに!

和紙は不思議なご縁で、、、房総と言う名の和紙になりました。
面白いなあ~


今日は運動会の練習でお疲れ気味かと思いきや
むしろテンションMAXで

運動会の応援歌を踊り歌いまくるみんな!
素晴らしい!!!!
日頃、学校で精一杯過ごしているのがわかりました。

歌がね。。。AKBとかだったりするのはジェネレーションギャップ!
ギャップを楽しんでいます。面白いですね~

今日もみんなに全身で笑わせて貰った授業時間でした。

2013 5 お面作り 007_R

2013 5 お面作り 008_R




めばえクラス    色の名前が声になる。

2013 5 めばえクラス 024_R

先週のお話となりました、5月7日のめばえクラスのこと。

毎回のようにご参加下さる お子さんが 色の名前を言いながら
絵の具を求めて下さる姿に感動しました。
ご参加頂いた当初はまだ、言葉の形は 見えていませんでした。
ご成長をご一緒に感じさせて頂いた瞬間でもあります。

めばえクラスは
お子さんにとって初めての絵の具体験の場と
して下さる方が多いクラスです。
お家で出来ないことをする時間。

始めて絵の具に触れるお子さんにとっては
水に絵の具が溶けることも驚き
混ぜると色が変わることも驚き

発見を体で感じる時間でもあると思います。
それは 科学的体験の始まりでもあると思っています。

色んな道具を使って
スポンジとか 掃除用具とか
挙げ句の果てにはえたたきとか(ハエでは未使用。)
絵の具を遣う行為そのものの概念を変えつつ。。。。。

毎回、一歳児の小さな体で 脳で 覚え 変化=成長させているその姿に
出会えることが 嬉しい時間でもあります。

5月26日にわっくわっくさんご企画で おとなのめばえクラスも
実施予定(参加者募集中)ですが
絵の具の無限の変容にとっぷりつかれる楽しい時間でもあります。

画像を参考にどうぞ、楽しいですよ。
たまにはおとなも意味もなく遊ぶってことも必要ではないですかね。
余裕を作るために。。。。。 と

参加して下さった こどもたちの表情から考えてしまいました。


2013 5 めばえクラス 001_R

2013 5 めばえクラス 009_R

2013 5 めばえクラス 014_R

2013 5 めばえクラス 016_R

2013 5 めばえクラス 057_R

夏の特別教室  もう時期チラシが出来上がります。

5月過ぎればあっという間に夏。
でも、今年は寒いですね。

この陽気では夏の気持ちににはなかなか慣れませんが
着々と夏の準備がたまあーとでは進んでいます。


現在、チラシ・ご案内を印刷屋さんにお願いしております。

刷り上がり次第、皆さんには配布、
もしくは
以前お越し下さった方
ご希望の旨を事前に お知らせ頂いている方に
お送り申し上げます。

ご希望の方は たまあーと0475-42-6138までご連絡下さい。

募集開始は5月23日です。

学校からの夏休みの予定がなかなか来なくて。。。。
そのようですね。

準備の関係で早くの〆切となっておりますが
できる限り対応できるようにして参りますので
ご遠慮なく申しあげ下さい。

あーと合宿などは
人気の講座のため
早くの申し込みをお勧めしたいと思います。


さあ、今年も暑い夏にするべ!!!!!
ご参加を心よりお待ち申し上げます。

美術教室展覧会 「絵を描く 心を描く」 終了しました。

皆様より ご尽力頂きましたお陰で 無事、展覧会を終えることが出来ました。

日頃の生徒さん皆さんの”行いの良さ”が
大雨女である私の悪しき力を払拭し
2013年のゴールデンウィーク中は ほぼ晴れが続くという
お天道様のお力添えも頂き

1090人を越えるご来場者をお迎えすることが出来ました。
皆さんが多方面にわたりお声がけ頂きました、お陰に存じます。
ありがとうございます。

連日、会場に寄せさせて頂きましたが

皆さんからのご感想で一番多かったのは
「同じ作者でない限り 同じ表現の絵がない」
という お言葉でした。

そのお次が
「楽しんで描いておられるのが伝わった。」

「1枚1枚精一杯描いているのが感じられた。」
というお声がけでした。


皆さんの日頃の懸命に作品に対して真摯に向かっておられる成果が
でた結果だと思います。

ありがとうございました。


毎日会場に詰める中、皆さんの作品をもっと生かせる良い展示があったのではと
私自身をもう一度見つめ直しました。

次回、三年後にはなりますが
展覧会の指針も見えてきました。
2013 4 30 美術教室展覧会 002_R


この展覧会を行ったことが次の成果につながるように
日頃の教室を皆さんにとって 良きものに充実させて参ります。

この度は皆様、誠にありがとうございました。


2013 4 30 美術教室展覧会 011_R

2013 4 30 美術教室展覧会 046_R

2013 4 30 美術教室展覧会 056_R

2013 4 30 美術教室展覧会 069_R

既知かと存じますが 通常授業は今週お休みです!

今週のたまあーとの全授業は

ゴールデンウィークであること
何より美術教室展覧会実施中であると言うことでお休みです。

茂原市立美術館で待ってるよ!!

また、来週のお越しお待ち申し上げます

美術教室展覧会 絵を描く 心を描く 4日目

皆様のお陰で 4日目現在 約400名の方にお越し頂いております。

小さな小さな教室の小さな展覧会としては大変有難い数字と思っております。

毎回お越し下さる生徒さんのお友達
御家族、お仲間。
生徒さん皆さんのお人柄あってのこと。
展覧会を見に行くって 時間が必要ですから
時間を作って頂くことの有り難さ感じます。

何より嬉しいのは お辞めになった方が 
かおをだしてくださること。
様々なご事情あっての退会でいらっしゃいますが
こうやってご縁を繋げて下さること。
感謝感謝です。


たまあーとの展覧会には必ず、感想を残して頂くスペースを設けてあります。
小さなメモに書いてコルク板にピンで留めて頂く 簡単なものですが
後々私共にとって改善の参考にもなり 大いに励みになるお言葉を頂戴しています。


たまあーとという 一つの有り様に対し
嬉しいお言葉として 

「一つも同じ作品がなかった」
「それぞれの個性が際だつ」
「一点一点心を込めて描いているのがわかった」

とお書き下さったこと 有難く拝見しております。

私こまちだの主観が強すぎないように お声がけすること、

皆さん各々の個性がひかる 指導が出来る様に常に客観視した眼差しを
持つこと

それぞれのペースで 納得いくまで描いて頂く

いつものコンセプトが展覧会をすることで
第三者であるお客様に通じたこと。

心を込めて描いている 皆さんの一所懸命が伝わったこと。

次の制作の励みにして参ります。

展覧会は6日15時までです。

どうぞ皆様のお越しお待ち申し上げます。
プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク