fc2ブログ

記事一覧

田中一村展

田中一村展 

まるで追っかけのように 田中一村展を数々鑑賞して参りました。

本家の奄美大島まで(新婚旅行も兼ね??ごめんなさい。。。ご主人様)行きました。

そして、畏れ多くも こまちだとの共通事項 ”千葉”の地での 
田中一村展

待ちに待っておりました!!!
千葉市美術館

幼少の頃の作品から 千葉に住んでいた頃の作品
そして、奄美時代へと 作品展示が 流れていきます。

畏れ多くも こまちだの感想を
教室の皆さんにどんどん展覧会に足を運んで頂きたいと常日頃から
思っておりますので 率直 感想を僭越ながら記させて頂きます。



初期の頃からの作品を多く見ることが出来
どう、画風が変わっていったのか を知ることが出来 大変学びが多かったです。
この点も今までの展覧会より 深く追求していたように感じました。

道具も並べられ。。。
筆は教材用だったり。。。 弘法筆を選ばず。。。。。
こんなに削れた筆であの線が引けたのか! と思うと 
より画量の大きさを見せつけられました。

岩絵の具が入っていた缶は  八日市場の お菓子屋さんの箱でした!
親近感、あふれ出ます。奄美にも連れて行ってくれていたんだなあ

奄美の海岸沿いの爽やかな空気と 九十九里と違った珊瑚の欠片に浸透しながら
岸に寄せる小さな波の音。
熱帯・マングローブの熱気と薄暗さの中に潜む 魑魅魍魎達の声。
実際に足を踏み入れ 肌で感じた奄美を 思い出しながら作品を見ました。

そして、先日体験した日本画。岩絵の具をここまで操れるテクニックと
手先に 描いている時の感覚が想像できました。

同じく たまあーとで 日本画を体験してくれたA家 Mちゃんも一緒だったのですが
同じような感想持ってくれたんじゃないかなあ
一村の凄さを実感しました。

うちのこたまは いまいち 集中力に欠けました。なんで!良い展示なのに!
親の思い通りにはなりません。慣れがより必要ですな。
ミュージアムショップでは元気でしたが。。。


余計なことですが。。。。 一村展を数々回っている方は ご存じかと思いますが
今回の展覧会には 複製画は有りませんでした。
今までの展覧会で複製画が並んだのは 日本画の特性と 
作家の当時の人気度を考えれば致し方ないことだったと
思っていますが 残念な思いをしたのは事実。
本物だけで良かった。。。


帰り道、大網街道を通りました。
千葉寺 一村の住まいがあった付近です。

描かれた牧歌的な景色と違い 今は住宅地になっています。
絵を通じて 千葉の変容を残して下さったのだと思いました。
ありがとうございました

一村巡礼 そんな 時間にもなりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
2018教室案内

■たまあーと創作工房■
●TEL&FAX:0475-42-6138
●メール  *=@
【お問合せ用】contact*tamart.net *=@
【生徒連絡用】renraku*tamart.net *=@
アドレス変更しました
〒299-4301千葉県長生郡一宮町一宮2553-8
■OPEN:水~土10:00〜


九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で
98年よりたまあーと創作工房
美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。


たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。
**たまあーと HP 
**たまあーと twitter
**たまあーと facebook fan-page
**たまあーと Instagram
上記も是非、ご覧下さい。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ツイッター