避難訓練を終えて  海の側に住まうと言うこと

本日は一宮町主催の防災訓練でした。

携帯電話から流れる緊急避難警報メール、訓練とはいえ
311を思い出します。


前もっての心構えもありますし
何の障害もなく避難所である 一宮小学校に到着すること8分。


津波を伴う大地震ならば
アトリエを出ることも大変でしょう。
けが人が出ることもあるかも
踏切を渡っての避難です。もし電車が踏切の中でとまってしまっていたら。。。
踏切は渡れません。(電車は運転中止になるはずですから 踏切に電車がなければ
踏切を気にする必要はありません。)

車も沢山、死にものぐるいで逃げるでしょう

電柱も倒れているかも

信号は止まっている。車が走っている中
国道を渡ります。

ここが難関。



ともかく高台に逃げるのみ。



校庭に着くと小学生が校庭に集合していました。
たまあーとのメンバーもいたね。
避難ですから大声でこんにちは~はしませんが。。。。

防災頭巾被って 先生方のお話に はい!と大声で返答。
気持ちいいです。


君たちだったらあんとんね!!!!強く生きていける~~~!!!!
お家の方!みんなりりしかったですよ!




私共は避難場所である家庭科室と図書室に誘導されました。

約28年ぶりの母校訪問がこういう形なのも不思議なものです。
(私のように母校が避難場所の人間にはどこに何があると
わかるのでその点安心ですね。トイレとか防災グッズが置いてある場所を支持してある
校内地図が壁などにあっても良いかなと思いました。)


より、命がけになる 海側の方はどのくらいの人数の方が
どのくらいの時間かけて 避難できたのでしょうか?

結果が知りたいです。行政からの今後の報告をお待ちしております。


避難して来た方をお見かけして
人生のご先輩ばかり。。。。
平日だしね。若いモンは働きに行ってるっぺ


一応、シニアに入った私でも若輩者で。。。。町の職員もしくは学校の先生に
間違えられたりして。。。。。。。。

若手は海側にお住まいの方が多いのかな。。。
では切実になる海岸付近の方は避難訓練したのかな
避難にどれぐらい時間が掛かったのかな。。。。とか気がかりです。

逆に言えば年取ってから海岸に住むのは大変ですね。。。。。。。
海岸付近にお住まいの方が子育て終わったら
この町から出て行って 海岸付近は
空き家ばかりが目立つようになるのかな。。。。だったらあと20年ですね。
そんなことまで考えてしまった。
不動産屋さんはここまでは考えてないですよね。。。。。。きっと


たまあーとでの避難態勢にも
やはり防災頭巾を用意しておこうと言うことになりました。

無駄になることを願って 良いものを用意して置きましょう。
先生方のヘルメットもね


これはしつけの面にもつながりますが
玄関先の靴、前に揃えて置くようにしましょう。
小さな事ですが 速やかに部屋から出られたらそれだけでも気持ちが違う。
(先人はこういったことも含めて靴は揃えて脱ぐのが良しとしたのではとも)


画材が入っているみんなの鞄の整理整頓も。。。。。


プライベートも含めて考えます。




避難訓練終了後は
カリキュラム会議を先生方と行いました。
1月~3月までのもの
こちらにもわずかですが震災に関わるカリキュラムを
とりいれました。



災害は怖いといって 逃げることも一つの生き方かもしれません。
でも、どこに行っても災害が起こる可能性はある。

災害が来たときの対応と復興に向かって生きていく強さをもって
進んでいくことも大事だなと考えます。



まだまだ、東北は大変な状況です。
これから 心のケアがもっともっと必要になってくると思います。

東北を支えつつ 次の災害をどう乗り越えるかを考えて行きたいと思っています。

自然と共に生きるということ も 災害とともに生きるも含めてではないかなとも思います。

それでもやっぱり海の側に住むのが良いなあ と思ってしまうんですよ。

これは 海の傍らに住まう生き方を選んだ人間の小さな小さな決意でもあります。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク