コヅカ・アートフェスティバル 森の番人 土に還る

たまあーと創作工房では
2010年第二回コヅカアートフェスティバル より 出展し
2011年からはあーと合宿も アートガーデン・コヅカ森の家にて
行って参りました。
コヅカ・アートフェスティバル

本年より、あーと合宿を本拠地 上総一ノ宮・たまあーと創作工房アトリエに戻すにあたって
コヅカ・アートフェスティバルへの参加を辞退させて頂く事に相成りました。

コヅカの森 は 人間の”営み”がこの森で循環していた歴史を経て
現代の 私たちが 失ったもの そして、得るべきものは何かを
提示していた 場所で会ったと思っております。

自然の厳しさと優しさと アートとのかけ算を
学ばせていただきました。

たまあーと創作工房は場所を変えても引き続き
上総一ノ宮という、片田舎だからこその 身近な自然との
関わりをアートを通じて学んで行きたいと考えております。


昨日、3月21日(月・祝)
たまあーとOB、現生徒の高校生と共に
昨年の作品撤去作業に参りました。
そう、「森の番人」です。
そもそも自然に還る素材・木を元に作りました。

自然は厳しく、既に土に還り始めている部分もあり
思い切って 火に投下 灰にし
土に還りやすいようにしました。

このような焚き火をするのも
初めての高校生もいました。

201603220800509ad.jpg

2016032208010127c.jpg

201603220801129b5.jpg
そもそも、作品を作った子達ですから
解体も早い早い。

20160322080124dae.jpg

201603220801347ee.jpg
展示場所の清掃も兼ね 杉の葉っぱと一緒に燃やしました。


みるみる、形が変わります。

この儚さも 人の思慮の一つですね。

「立つ鳥跡を濁さず」と申せるまで 森をきれいに出来たかなあと
技術の無さを感じつつも

手伝ってくれた、高校生の中にはこれから
就職、進学、浪人!(頑張れ、頑張れ、おまえなら出来る!頑張れ!!)の
子もいます。
娘より長いつきあいの子達ばかりですから
本当に寂しい思いと 嬉しい思いが募ります。

昨日の様な 決して楽ではない仕事を黙々とこなす
私どもを介助してくれる 彼らは
今後も 信用される人材となるでしょう。

大事な大事な教え子達との 時間ともなりました。
20160322080147207.jpg

本当にありがとうございました。

さ、たまあーとも新しい時代に突入していかなくっちゃ!
邁進します。

そして、本年もコヅカ・アートフェスティバルは続くとのこと。

今までの感謝の思いを込めつつ
今後のご発展を心より祈念申し上げます。

コヅカアートフェス関連ページ↓
コヅカ・アートフェスティバル Facebookページ

たまあーとによる 「コヅカ」関連のページは
2011 コヅカ・フェス
2012 コヅカ・フェス 
2013 コヅカ・フェス
たまあーと@コヅカ・フェス FBページ
参考まで

こまちだたまお 記







スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク