記事一覧

長生村 三保育所 絵画教室<アートの日> 今年も始まりました。継続は力なり

本年度も 長生村、一松保育所・高根保育所・八積保育所 計三箇所による
絵画教室<アートの日>を担わせて頂くことになりました、こまちだです。
皆さんと今年もご一緒させて頂けますこと 関係各所の皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございます。

そして、今日は昨年1年間が お子さん方にとって有効であったことを実感させて頂いた時間でもありました。

今回のテーマは「元気を描く」でした。
毎回、ミッションを三つ立てています。
5月の ミッションは
●その① 1年の導入の日 まずは絵の具を使う!
●その② 全身を使って 元気を体感しながら 描く
●その③ アートは実験だ!挑戦だ!を感じる。

その① 昨年の第1回目も 絵の具を使って描くでした。その時は「こんにちは」と挨拶をして始めました。
今日もみんな凄く凄く凄く凄く。。。元気でした!
絵の具の扱い方も去年とは大違い。
ご成長と 1年より2年目継続の意味が如実に出ていました。
去年のすったもんだな空気が嘘のようです。

 昨年は私も皆さんとの授業に於いて可能領域が不明だった分、
不慣れでしたし 皆さんも絵の具経験が少なかったと記憶しております。
しかしながら、1年たった今日、皆さんの取り組み方が違いました。

○えのぐが体に付くことに驚く子が ごく僅かだった。
○絵の具を画面に載せることに躊躇せず、楽しんで描いていた。
画面いっぱいに思いっきり絵の具を広げられる力が付いていた。
○自分の発想を臆面も無くそれぞれが描いていた。
所長先生、担任の先生とも鳥肌立てながら皆さんのご様子に感動しました。

昨年、一緒に時間を過ごした、年中児、年長児の積極性は当然のこと
年少児も落ちついて まるで知っているかのように制作に取り組んで下さいました。
(実は去年ひっそりみていたでしょ~と思ってしまうぐらいです。)

こどもに反復を伴う経験を様々与えることは本当に大切ですね。
私はアートの専門家を育てるためにこの授業をしているのではありません。
これはたまあーとのレギュラークラスでも一緒です。
アートを通じての教育をするべき年齢が幼児期だと思い取り組んでいます。
豊かな感性と生きる力を持ったお子さんになるための数ある種まきの一つに
アートが適しているからです。
プロになりたいと思った子には”アートの技術”を
もっと、高学年になってからお伝えしています。
教育としては別物と考えています。
将来見据える、それまでは基本的な想像力を培う時間を充実させることが優先です。
皆さん昨年1年でしっかり体に創造力・想像力を育てていました。

月一回 1年でも皆さんの創造性・想像性はこれだけ違うのですから
毎週何かしら作っていたら もっともっと、想像力・創造力豊かなお子さんになるでしょう。
そんなことも思いました。

その② 今日は体操から始めて 元気な顔を福笑いのように実際にしてみてから描きました。
線が自由で素晴らしい作品でした。絵の具は三原色を使用し 元気のイメージカラーを個々に選んで描きました。
顔の周囲(バック)を決めるように声がけしながら彩色しました。

絵を描くことは紙の四角でのバランスです。
背景に気持ちを傾けることで
四角のバランスを作りやすい そして、イメージの世界も作りやすいのです。
そんなことも話ながら描きました。
絵の具がぐるぐる回ります。

その③ 三原色を混ぜ混ぜしたり 紙からはみ出して塗って良いよ~の声がけに躊躇無く描いていました。
人間、枠にはまっているだけが良いわけではありませんで 時に枠からはみ出るから見えてくるモノもあると
思います。それが実験!挑戦!

年長児に置いて特に 去年と絵の具の使い方が違ったのが
●当初元気のイメージの色、一色だったのが
もっと他の色も欲しいという話になった。
●パレット変わりのお皿に絵の具が沢山で他の色を混ぜると 濁るよと伝えると
濁る/混ざる経験が昨年あるからか すんなり理解した。
●そこで色のお裾分け制度を提案、他のお友達で余っている絵の具を
交換こしたらどうかなの言葉にお互い色が混ざらないように配慮しながら
絵の具のやりとりをしていた。

作品を制作するにあたって互いのコミュニケーションもうまく図れるようになっていた。

最後に
●昨年度ならば後半にぽつりぽつりとでた、時間ぎりぎりやりきるまで 絵の具を使っている子が 今回は5月の時点で沢山いた。
すなわち ・マイペースを守れる強い心作りと 集中力スイッチが出来上がっていた。私にも慣れて下さったのだろう。

この点も大きな差違を感じました。


継続は力なり ねえ、みんな、仕事も家庭も夢の実現も 何もかも 最後は継続ですよ。
去年に引き続き
このように嬉しい時間を共有させて頂きますこと重ねて御礼申し上げます。

さあ、今年もあーとすっべお~
やってくったいま!

2016 5月 高根 (2)_R

2016 5月 高根 (3)_R

2016 5月 高根 (4)_R

2016 5月 高根 (5)_R



***なお、今年も各保育所に 報告書を提出します。
このブログ紙面もその報告書と重複しつつ
再編集して UPしております。





皆さんのご成長に大きな可能性を感じた時間でした。また、来月もあーとするべ!

こまちだの”戯れ言ひとこと紙面”は7月頃から復活予定です。その節はまた、お付き合い下さい。                         こまちだ たまお記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ツイッター