9月15日 水曜こども絵画クラス  基礎の日 面でとらえる 立体編

たまあーと創作工房のこども絵画クラスでは

「自分の眼差しでものをとらえ描き オリジナリティを見つける」
ことを 重要視してます。

上手く描く方法=描き方だけを 伝えるのでは無く
●ものをとらえる基礎を学ぶこと 
●個々の表現につながる技術をお互いに見つけていく子と
を 考えています。

こども絵画クラスに在籍する子たちは
絵を描くのが好きな子ばかり、飲み込みも良いなあ。

画面が安定感が違う。
一つ一つの表現の幅も広がりつつあります。

「基礎の日」は月に一回、行っています。

絵画クラスなのに今日は立体=粘土で作品を作りました。

「先生何で、今日は粘土なの?」
良い質問だ!

平面の画面に絵を描いていくのですが
とどのつまり 感覚的には粘土で立体を作るのと同じなのです。

●面を決める感覚を培う。

●立体として模刻するには多方向にものを見てとらえます。
(あっちこっち移動して見ます。)
絵を描くときも 一方から見て描くようで 行動もイメージも多方向からとらえるから
よりそのものらしくなってくる

●立体として模刻する際にはより良ーく見なければいけません、絵を描くときには
こう描けば良いの方法論が確立している子は小手先だけで描きがち=概念化を
取り除き 常に 発見、閃きを持てる 眼差しを作る。

すなわち 絵画の技法だけで無く 日頃の生き方にも
柔軟で 発見、冒険、達成感そして喜びのある 日々にもつながると思っています。


基礎の日を始めて半年で 成果が出てきたことに
スタッフ一同、やりがいを持っています。


今日の集中力も凄かったなあ。。。

201609150848589a9.jpg

201609150848383d8.jpg

20160915084813fd0.jpg

2016091508475094b.jpg

20160915084709532.jpg

201609150846432f3.jpg

2016091508455991e.jpg

20160915084729516.jpg


最後まで残って作り込んでいた生徒が
「満足した!」とささやきながら帰ってくれたこと,嬉しいです。
自分で自分を見つけている。
その時間を大事にしたいと思っています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

たまあーと

Author:たまあーと
九十九里浜近くの千葉県 上総一ノ宮で 98年より
たまあーと創作工房 美術教室 こども教室 
を開催してます。
美術を通じての共育活動をしています。

たまあーと創作工房 各教室の最新のイベント・情報は
カテゴリー内 お知らせをご覧下さい。

たまあーと HP** http://www.tamart.net/
たまあーと twitter** https://twitter.com/TamartSousaku
たまあーと facebook fan-page **
http://www.facebook.com/TAMARTtamao
上記も是非、ご覧下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク